全国学力テストの問題点 『赤旗・潮流』

文部科学省は来年度の全国学力テストからパソコンを使って出題・回答する方式の施行を始める計画です。デジタル化推進を掲げる菅内閣の方針とも合致するのでしょう。しかし、パソコンの使用以前に、学力テストの在り方自体を考えるべきではないか▼全国学力テストは「調査」が名目ですが、現実には自治体や学校の間の点数競争をあおって、現場をテスト対策に追い立てるものになっています。点数アップのため、子どもたちに過去のテスト問題を繰り返しやらせる一方で、大切な課題がなおざりにされてしまうことも▼「調査」ならば全員対象でなく抽出調査にするべきだという声が広がっています。自治体が独自に行なっていた学力テストを廃止する動きも出ています。東京都は来年度からの廃止を決めました▼全国学力テストでは各都道府県の平均点がメディアで大きく取り上げられ、点数だけを教育の「成果」のように見る風潮を広げました。その見方を変えるときが来ているのではないでしょうか▼コロナ禍も教育の在り方を問い直す契機かもしれません。少なくない学校で長期の休校の間は大量の宿題が出され、再開後は「遅れを取り戻せ」と詰め込み・スピード授業。子どもが悲鳴をあげています。そんな教育でいいのか、もっと大事なことがあるのではないかーと考えざるをえません▼教育は、学校は、何のためにあるのか。子どもたちの豊かな成長のために大切なことは何なのか。この機会に大いに議論を深めたいものです。(2020・9・20)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント