筒美京平さん死去 『東京新聞・筆洗』

 是枝融和監督の映画「歩いても歩いても」(2008年)。題名はいしだあゆみさんの大ヒット曲「ブルー・ライト・ヨコハマ」(1968年)の歌詞から取っている。<歩いても歩いても小舟のように>▼妻(樹木希林)の思い出の曲である。良い思い出はない。夫が浮気相手といるアパートを妻が訪れる部屋の中から「歩いても」と口ずさむ夫の声が聞こえてくる。妻は部屋の前で引き返す。やがて元のさやに収まるが、妻は何十年が経過しようとその曲を時折、聴いてみる。分かる気がする▼良い思い出、つらい過去だろうと聴けば、当時のことや家族の顔まで思い出せる。そういう歌を誰もが持っているだろう▼この人の曲はとりわけ多いか。「ブルー・ライト・ヨコハマ」「また遇う日まで」「よろしく哀愁」など多くのヒット曲を世に送り出した筒美京平さんが亡くなった。八十歳▼ペンネームは「鼓響平」からきている。残した作品はポップスからアイドル曲や「サザエさん」まで約ニ千六百曲。覚えやすく、あか抜けた曲調は昭和、』平成の耳を楽しませ、つかのま憂いを忘れさせた。大きな「鼓」であった▼ヒット曲の題名をながめるだけで、当時の茶の間の匂いまで思い出せる。巨匠の死に大切な思いでまで遠くなるような気分である。<ねえ 涙ふく 木綿のハンカチーフください ハンカチーフください>(2020・10・13) 【追記】2007年、「消えた年金」で騒然となったとき、空白期間を埋めるのに役立ったのが、当時流行った歌「赤坂の夜は更けて」(西田佐知子)だった。→「消えた年金と赤坂の世は」 

続きを読む

「入院定期検診」が癒やしの場に 永井至正

 この病気、術後の生存率は五年を超え、この国は世界でも断トツの一位という。その五年が過ぎたので、不安を覚えながら、自ら入院精密検査を受けることにした。指定の日に足立区の柳原病院に行った。ナース・ステーションに立ち寄ると、あのとき(手術時)世話になった看護師が「あっ!」と言って駆け寄ってきた。今はこの病棟の看護師長だという。「元気そう、大丈夫よ、まかして」と笑顔が和ませてくれる。ここまではご満悦の僕だったが、腹部検査のため大量の下剤を飲むことに。それからが大変、徹夜でトイレへの往復十数回。心身しょぼくれ、所在なく天井の模様などに目をこらしていると、真夜中、アラフォーぐらいのナースがタイムリにーベッドの側に。頑固で一家言のある親父をあやす娘のように対応してくれた。こんなことなら、ここにずーっといてもいいな、と思いながら帰り際、挨拶に行くと「またどうぞ!とは言えないけど~」と微笑さえ浮かべて、バイバイと手を小刻みに振ってくれた。ここは文字通り「患者ファースト」、ホスピタリティー細やかな癒やしの場に見えた。   

続きを読む

今年のノーベル平和賞は 『東京新聞・筆洗』

「楠公飯」(なんこうめし)とは楠木正成が考案したと伝わる節米法で、戦争中、食料不足を補うため奨励されたと聞く▼玄米を炒り、通常より3倍のお水に一晩漬けた上で炊く。炒った玄米は水分を吸収して、一升分が三升釜いっぱいに炊き上がるそうだ▼戦争中の暮らしを描いたアニメ この世界の片隅に」の中ですずさんが作った楠公飯のお弁当はおいしそうだったが、実際はひどい味だったらしい。演出家の鴨下信一さんによると「どうにも苦く、一度でわが家の食卓から消えた覚えがある」(『誰も「戦後」を覚えていない』)▼厳しい食糧事情の中での知恵だが、わずかにでも玄米があるから初めて使える。それさえ、手に入らない場所には誰かが出向いて届けなければならぬ。今年のノーベル平和賞ははその活動を行ってきた人たちに与えられる。国連の世界食料計画(WFP)である▼飢餓、貧困。世界が今なお抱える問題に対し、最前線で立ち向かうWFPの取り組みは平和賞にふさわしい。とりわけ、コロナ禍によって食料輸送が難しく、飢餓人口の増加が著しい今年である▼WFPの青い旗。小麦とトウモロコシを人の手が強く握りしめている。穀物を飢えに苦しむ人に何としても手渡したい。そんな決意がこめられているのだろう。その活動を支え、協力したい。日本人がおなかすかしていたのも、それほど遠い昔の話ではない。(2020・10・11)

続きを読む

東アジアはなぜ低い死亡率 『東京新聞・筆洗』 

ネアンデルダール人は数万年前、地球上から姿を消した。いや、生きている、現代人のDNAの中で。そんな興味深い科学の成果を語る本が五年ほど前、話題になった。生物学者スパンテ・ペーボ氏の「ネアンデルタール人は私たちと交配した」である▼旧人ネアンデルタール人の骨を調べると、DNAのの一部が現生人類に受け継がれていると分かった。つまり、両者は交配し、子どもが生まれていた。論文が発表された際は、専門家にも衝撃が走ったようだ▼われわれは何者かと想像が広がる話でもある。その旧人の「遺産」がコロナ禍に関係しているかもしれないと先日報じられ、また驚かされた▼ペーポ氏らのチームの研究によると、ネアンデールタール人から新型コロナウイルス感染症の重症化にかかわる要因も受け継いだ可能性があるという▼人工呼吸器が必要となるおそれが、最大三倍にもなるという遺伝子の構造があるそうだ。この遺伝的な遺産を持つ人の割合は地域差があり、南アジアで高く、日本など東アジアやアフリカではほとんどみられないらしい▼東アジアで死亡率がなぜ低いか、コロナ対策のカギも潜んでいそうな問題に、確定的な答えは出ていないようだが、素人目に、関係がありそうにも思える。それにしても、人類の歴史にまで話が及ぶあたりコロナのやっかいさも表れているようではないだろうか。(2020・10・10)

続きを読む

「大統領の権威」はもうはりぼて 『赤旗・潮流』

昭和を代表する名優、初代中村吉右衛門は、舞台を降りると口が達者な人ではなかったらしい。気のきいた芸談は多くなかったというが、なにげないようで味わい深い言葉も残している。「はりぼての石を重そうにもってみせるのが芝居だ。歌舞伎評論家千谷道雄さんの著書にある▼考えてみれば、舞台ではりぼてなのは石や小道具にかぎらない。親子や男女、主従の情や縁、不思議な因果も、持てば軽い、つくりものである。舞台でいかに重く見せるか。試される役者の力量、極意だろう▼病をいかに軽く見せるか。そこに政治の極意を見ている人もいる。新型コロナウイルスへの感染が明らかになったばかりのトランプ大統領が、もう退院した▼大国のリーダーとして、ウイルス感染に関する危機管理について反省の思いもさぞあろうと思えば、違っていた。ウイルスを「おそれるな」などと述べ。コロナや病状を軽く見せる言動を繰り返している▼回復が順調なら喜ばしい。ただ重症者に使う薬を投与されたそうだ。周囲に感染者が増えていて自分の陰性の診断が出る前にもかかわらず、活動し始めた▼選挙のための動きと見透かされそうなのに、大喜びで喝采する支持者がいる。ウイルスは思うより軽いと信じる米国民が増えないか。大いに気がかりだ。人気回復の極意かもしれないが、大統領の権威が、はりぼてに近づこう。(2020・10・9)

続きを読む

学術会議の「独立性」否定は認めない 『赤旗・潮流』

「年間10億円の予算が支払われている」「会員は特別公務員」。菅義偉首相が日本学術会議の会員候補の一部を任命拒否した問題で、、加藤勝信官房長官は5日の記者会見でこう説明し、首相の「任命権」を正当化しました▼要するに、「金を出しているのだから政府に従うのは当然だ」というもの。自民党内からも同様の議論が相次いでおり、足並みをそろえて学術会議の「独立性」を奪おうとしています▼しかし、予算を出そうが出すまいが、現行の日本学術会議法の審議の際、首相の「任命権」は「形式的」なものであることは国会で確認されており、一方的な法解釈の変更に基づく任命拒否は違法であることは疑いありません▼さらに言えば、同法で学術会議は「独立して職務を行う」(3条1項)とされています。その背景には、「学問の自由の保証」という憲法上の要請があります。任命拒否は「学問の自由」への介入という違憲行為なのです▼ちなみに、海外の科学アカデミーについて、日本学術会議が2003年に公表した調査報告書によると、ドイツ研究協会の1150億円をはじめ、日本よりはるかに多額の公費が充てられています。それにもかかわらず、「十分な独立性、中立性、公正性を保っている」と報告書は述べています▼菅政権による学術会議の「独立性」否定は、突き詰めれば「言論の自由」「思想・信仰の自由」の侵害であり、つまりは国民全体が享受する「自由」への攻撃です。絶対に認めるわけには行きません。(2020・10・8) 【追記】日本学術会議への人事介入など安倍前政権を上回る強権ぶりを早くもあ…

続きを読む

キンモクセイの甘い香りの陰に 『東京新聞・筆洗』

10月になってキンモクセイの甘い匂いが濃くなってきた。別名に「九里香」。春先の沈丁花が「七里香」なので、キンモクセイの方が二里分、香りが強く遠くまで届くということか。秋も深まってきた▼その昔ご不浄の近くによく植えられていた記憶がある。強い香りでいやな匂いを少しでもやわらげようとしていたか▼キンモクセイの強い匂いに菅政権を連想すると書けば、無粋者と叱られるかもしれぬ。内閣支持率は七割を超える調査もあり、高いらしい。発足直後の政権に対する世間の期待は大きい▼なるほど、キンモクセイのような甘い匂いがする制作も打ち上げている。コロナで冷え込んだ経済活動を刺激する一連の「Go To」事業はかなりお得で、利用者には好評らしい。携帯電話料金の引き下げに取り組むという、不妊治療支援の拡充もありがたい▼その陰でいやな臭いも漂う。日本学術会議の問題である。政権の気にいらぬ学者をメンバーに加えることを拒否し、その理由さえ説明できない。キンモクセイで世間の鼻をごまかし、学問の自由、言論の自由を脅かしかねない「腐臭」に気付かせぬようにしているとは言い過ぎか▼匂いの実験によるとネズミはどんなに食欲をそそる匂いの中にいても、ひとたびネコの匂いを嗅ぐとその場をはなれるそうだ。ネズミの鼻だけは働かせておいた方がよさそうである。(2020・10・7) 【追記】ポピュリストにはプラグマチズムがジャスト・フィットするのか。

続きを読む

危機の先にある新しい世界の姿 『赤旗・潮流』

朝露のなか、どこからかキンモクセイの甘い香りが漂ってきました。枯れ葉が道に舞い、淡い月影の夜には虫の音がしっとりと。あの暑さがうそのように深まりゆく秋です▼季節はめぐりますが、私たちは変わらないコロナ禍も生活が続きます。マスクをつけ、3蜜をさけ、人との距離や接触に気をつかう日々。感染は収まらず、世界の死者は100万人をこえ、いまも毎日5000人強のペースで増えています▼人類を襲った大きな災厄。そんな折、人間の生き方や幸福を問い直すドキュメンタリー映画が公開されました。「ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本へ」。テレビ番組制作者の田部井一真さんが南米ウルグアイのホせ・ムヒカ元大統領の取材を重ね完成させました▼きっかけは国連会議での名演説。大量消費社会や欲深さを厳しくいさめた訴えに感銘を受けた田部井さんが執着をおってムヒカさんの人間像に迫りました▼「社会の発展が人間に幸せを損なうものであってはならない」。軍事政権下でなんども投獄され、大統領になってからも清貧なくらしを替えず、貧困の解消に務めました。その経験やグローバルな視点から発する言動や提言が心に響きます▼来日したムヒカさんが日本の若者たちにつたえたことがあります。魔法が世界を変えてくれるなんて思わないで、あなた自身が行動し、よりよい社会をめざすことで人生に意義が生まれるー。危機の先にある新しい世界の姿とは。コロナの秋に思いはいっそう募ります。(2020・10・6) 【追記】「清く、正しく、美しく」「赤旗」ならではのコラムです。冒頭の「朝霧…

続きを読む

コロナ危機 貧しい文教政策あぶり出す 『赤旗・潮流』

コロナ禍でキャンパスが閉鎖され、「#一律学費半額を求める」運動をした大学生らが、新たなネット署名をはじめました▼「#GoToキャンパス事業もお願いします」です。署名開始の会見で広島市立大4年の山下菜さんは「美術を専攻。学生がアトリエに集まれずコミュニケーションが取れない。みんなでおしゃべりをして、新しい価値観や問題意識が得られる。そういう環境が保障されてこそ大学だと思う▼ネット上では早くも「総理大臣 GoToキャンペーにGoToキャンパスも追加してください。学生への支援を」などの応援が拡散しています。対面授業の再開にはキャンパスの感染防止策が不可欠です▼実際、対面授業を再開した大学でも多額の「自己努力」を強いられました。署名は政府に対し、すべての大学を対象にした「フェアで早急で安全な対面授業再開のための予算措置」を求めています。寄付金頼みや大学の「自助」ではなく、キャンバスの機能や学生の学びを回復する政府の全面支援こそ必要です▼民青などが取り組む困難学生を支援する「食材もってけ市」も31都道府県77大学に広がっています。「次は自分もボランティアで参加します▼コロナ危機は、未来を担う若い世代に世界でも異常な高額費と「自助」ばかりを押しつける。貧しい文教政策をあぶり出しました。キャンパスの感染防止と学ぶ権利を保障することこそ「公助」の努めです。責任ある政治への転換を、若い世代と共に。(2020・10・5)

続きを読む

「女性はいくらでもウソ・・・」 『赤旗・潮流』

ひとりになるのが怖い、眠るのが怖い、外に出るのが怖い、人混みが怖い、男性が近くにいると怖い。いつまでも残る恐怖や不安。仕事や生活も奪われ、夢や希望さえ見失ったー▼望まない性行為をうけた被害者の多くは誰にもいえず、深い苦悩を抱えこみます。打ち明けても周りの反応でさらに傷つくことも。相談された側は、まず被害者の気持ちによりそい、言うことを信じる。それが大事だと(『サバイバーズ・ハンドブック』)▼「女性はいくらでもウソをつけますから」。こう言い放った自民党の杉田水脈(みお)衆院議員への怒りがひろがっています。勇気をもって性暴力を訴えようという被害者の思いをふみにじり、女性全体の尊厳をおとしめるものです▼はじめは発言を否定しながら、一転して日記のようなブログで認める不誠実さ。発言の重大さを省みないどころか、「一部訂正」で済ませようとするこそくさ。ウソをつくのは自分だったと身をもって▼これまでも性差別や人をさげすむ発言をくり返してきました。そんな人物を国会に送り、いつまでもかばい、なれ合ってきた自民党の罪は思い。こうした言動を受け入れる体質が横たわっているからでしょう▼「自民党内の男社会の空気感がわかるというか・・・」。テレビで女性キャスターが言及していました。発言の撤回と謝罪、辞職を求める署名には13万人が賛同し、各地で抗議の声があがっています。それは就任以来、国会から逃げ回っている菅首相の責任にも向けられています。(2020・10・4) 【追記】自民党議員は「いくらでもウソをつきますから」。

続きを読む

気に召さない人は切り捨てる 『東京新聞・筆洗』

文藝春秋編集長などを努めた池島信平は日米開戦の前、歴史学者、羽仁五郎を訪ねている。破竹の進撃を始めていたドイツについて、<やがて同盟国の反抗に遭って負けますよ。必ずドイツは負けます。こんな国と日本が組んだら大へんだ>と聞く▼あまりの正しい予想に敬服したと池島は、戦後、書いている。(『雑誌記者』)。マルクス主義史観の羽仁らは思想弾圧を受け、言論界に、沈黙も訪れた時代である。「正しい予想」も世の中には大きな影響を与えることはなかった▼戦後、羽仁も加わって発足した日本学術会議は、学問と思想の自由を掲げることになる。政府と軍事をめぐる問題などで関係が緊張したこともある。「正しい予想」が生かされなかった戦前の反省が、どこかにあったのかもしれない。政府が露骨に組織のの人事に踏み込んだことはなかったという▼権力と学問の関係の中で不安がよぎる話である。菅義偉首相が、日本学術会議の新会員候補六人の任命を拒否した。なじみのある名前も並んでいる。特定秘密保護法に反対を示していたことなど、政府の方針に対し、どんな立場だったかが、理由になっている可能性があるという▼法的にも妥当性に疑義が出ている。詳しい説明が必要だろう。お気に召さない人を遠ざけるのが菅さんの手法なら、それも気になる▼学問の世界に沈黙がおとずれないことを願う。(2020・10・3) 【注】本日付「赤旗・潮流」も同テーマで論陣をはっている。その締めくくりを引用しよう。「聞きたい意見しか聞かない、こうなってしまえば、今後の日本にとって大きな禍根を残す」。それ…

続きを読む

福島 ”人災”であった真実改めて 『赤旗・潮流』

老夫妻と長男家族のくらしは一転しました。ふたりは避難所を7回も転々とした後で仮設住宅に入り、子どもと孫は他市へ。にぎやかさはなくなり、さびしさだけが募る日々・・・▼連綿と歴史を重ねてきたふるさとの地、そこに根づいた生業(なりわい)、そして地域のつながり。そのすべてを、原発事故によって失った人びとの悲しみや悔しさ。南相馬を定点に福島に通いつづけた作家の渡辺一枝さんによる聞き書きからは生の叫び声が聞こえてきます▼あれから10年近いときが過ぎます。しかし、いまも緊急事態宣言は解かれず、自己の収まりはみえません。この痛恨の災害から私たちは何を学び、後世に伝えていくか。それは二度とくり返さないための礎にもなるはずです▼国や東京電力を批判してはならないー。先月20日に開館した「東日本大震災・原子力災害伝承館」(双葉町)が、語り部にそう求めていることが問題になっています。ありのままの事實や思いを話せないのか。被災者からは批判の声があがります▼生業訴訟の初めての高裁判決が国の責任を認めました。「東電の不誠実ともいえる報告を唯々諾々とと受け入れ、規制当局に期待される役割を果たさなかった」。原告団は、事故の再発防止や被害者救済のみならず、被災地の復興にとっても大きな意義があると▼国や東電にたいする明確な断罪。それは原発事故が防ぐことができた”人災”であった真実を改めて突きつけました。奪った時間やものの重さと、消えることのない痛みとともに。(2020・10・2)

続きを読む

10月になった、さて! 『赤旗・潮流』

英語の月の名が古代ローマの暦に由来することは知られています。たとえば3月の「March」は軍神マルスから。タコ(オクトパス)からもわかるように「October」は8番目の月という具合に▼おかしい、10月ではと思う人も多いでしょう。ローマ暦は今の3月にあたる月から始まり、12月で終わっていました。その後の改暦で1月と2月が加わったために二つずれ、現在の10月になったといわれます▼8から10へー安倍政権下で消費税が引き上げられてからきょうで1年になります。怒りや反対が渦巻くなかで強行された増税は、くらしと経済を直撃。「どれだけ苦しめるのか」「店を畳まざるをえない」。被災地をはじめ、あえぐ姿は列島のすみずみで▼そのうえコロナ禍で経済はいっそう冷え込み、倒産や失業が増大。困窮する学生からは食べることもままならないと切実な声があがっています。今月から安価な第三のビールやワインが値上げされ、庶民とってさらに厳しい秋になりそうです▼一方で米国からの武器爆買いは継承され、他国を攻撃する動きさえも。軍拡に歯止めはかからず、軍事費削ってコロナ対策に回せの叫びに背を向ける菅政権。こんなときに元首相の合同葬に9600万円の税金が使われることにも批判がひろがっています▼いまや、世界の流れは減税です。私たちの命とくらしを守る対策とともに、政治の転換を早く。「タコは身を食う」といいますが、このままでは国も民も食いつぶされてしまいます。(2020・10・1)

続きを読む