12月8日に「万歳」と叫んだ 『東京新聞・筆洗』

その朝の授業は鬼のあだなで畏怖された教授の英語だった。その朝とは1941(昭和16)年12月8日、日米開戦の日だという▼開戦の臨時ニュースが校内に伝えられた。教授は廊下に飛び出し、[万歳」と叫んだそうだ。当時の学生が書き残している▼作家、半藤一利さんの「12月8日と8月15日」にあったが、とりわけ珍しい話ではなかろう。<やみがたくたちあがりたる戦(たたかい)を利己妄慢(ぼうまん)の国国よ見よ>斎藤茂吉。長く続く米英との緊張。当時の国民はうっとうしさや閉塞感の中にあり、真珠湾攻撃はその暗雲を吹き飛ばすかのように受止められた。「利己妄慢」の米英という大国に挑む痛快さもあったという。茂吉もそうだったのだろう▼11年後の52年に建立された、広島の原爆死没者慰霊碑。碑文は<安らかに眠って下さい 過ちは繰り返しませぬから>である。その言葉を考案したのは12月8日に「万歳」を叫んだあの教授だそうだ▼歴史の皮肉を書きたいわけではない。教授の名は当時広島大学教授の雑賀忠義さんとおっしゃる。この人も被爆している▼あの日、今から考えれば、勝てるはずもない日米の開戦に国民の大半が高揚した。記憶にとどめなければならぬ戦争の過ち。それは軍や政府によるものだが、感情に任せたわれわれの側の「万歳」をそこから除く理由もまた見当たらぬ。繰り返すまい。(2020・12・8)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント