詩が生まれるとき ふくしまの10年 ー4-

ツイッターは一日でやめるつもりだった。だが、福島県内の避難所や全国各地からたくさんのメッセージが届き、和合亮一さん(52)は驚いた。「詠んでいて不思議と静かな気持ちになりました」「福島に残した父を思って泣きました」「心が折れそうにになっていましたが、進むべき道が見えてきました」「あしたも読ませてください」【以下画面へ】(片山夏子)
img022.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント