池上彰氏の誤報 猛省を促したい

テレビ朝日1月30日「池上彰そうだったのか」。中国共産党の話題で、「共産主義」の語意を問われて、池上氏は繰り返し「財産の私有を認めない主義主張」と解説した。博覧強記の池上氏が「財産ではなく主要な生産手段の社会的共有」という真意を知らないはずはなく、視聴者に日本 共産党を含めて不信感などをもたらす誹謗(ひぼう)中傷の発言となってしまった。話術にたけた池上氏だけに影響は大きい。マルクスの『資本論』が改めて世界的に再評価されている現代。池上氏の猛省を促したい。 【注】東京・杉並区の山崎元氏(91)が4日付「しんぶん「赤旗」の「みんなのアンテナ」欄に投稿したものから転載させていただいた。

続きを読む