「平和の俳句』東日本大震災10年

人々の英知は無限春北斗 河端 不三子(76)埼玉県熊谷市
<いとうせいこう>震災もコロナも、我々を追いつめる。しかしそこに熱く冷静な人類の英知が集まり、北斗輝くごとく窮地を抜けてゆく。
【追記】東日本大震災から10年。ここのところの東京新聞は被災者の心に寄りそい、「平和の俳句」などで大キャンペーン。きょうの一面の紙面構成は人類の英知の奥深さを感じさせ感動。だが、人びとの悲しみ、無念さを怒りに押し上げることの難しさを知る。17文字での表現は所詮無理なのか。(永井至正)
img092.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント