卒業式で歌った「海ゆかば」 永井至正

 弥生三月は「別れの月」。そして、四月卯月は「出会いの月」。誰しもが回想するのは、小学校の卒業式に何をうたったかでしょう。僕が小学校(当時は国民学校)を卒業したのは、あの太平洋戦争の最終年、1945(昭和20)年の三月。ところは旧満洲(現中国東北部)の公主嶺という小さな町でした。その卒業式で歌ったのは「校歌」はともかく、何と驚くなかれ「海ゆかば」でした。
 「海ゆかば」といえば、知る人ぞ知る、戦争末期、南方戦線などで日本軍が玉砕(全滅)したときにラジオ放送の初めに流される曲。天皇のそばで死のう、我が身を振り返ることはない、という歌詞あった。あのとき軍国少年だった僕が、学友とともに好調に直談判。「卒業すれば、もうこれから誰にも会えなくなるかも知れないから『海ゆかば』を歌わせてください」との願いが認められました。
 そのときの校長の顔が思い出されます。少し間をおいて、僕たちを見渡すように、キッとした表情で、「わかった」と一言。前年の昭和19年僕の兄が神風特攻で戦死したことが頭をよぎったのかも知れません。
 当時は敵性音楽だから「ホタルの光」や「仰げば尊し」は当局からの歌唱禁止の指示。そのこともあって、、斉唱したのは「海ゆかば」。涙、涙の「別れの式」になっていた。恐ろしくも辛く悲しいじだいでした。あれから76年、今、戦争の気配がただよう世相。もう、けっして繰り返してはなりません。
】日中友好教会江東支部ニュース・2021年3月号に掲載されたもの。写真は満洲公主嶺小学校の全景。
img131.jpg 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント