「解除で感染再拡大招けば」 『東京新聞・筆洗』

季節外れな話となるが、イソップに「セミとキツネ」という話がある。セミを食おうと狙うキツネがセミに木から降りるようそそのかす。「とてもいい声だ」「この声の持ち主はどんな生き物かな」・・・▼警戒するセミは試しにと。一枚の葉を落とす。勘違いしたキツネは葉に襲いかかり、セミはたくらみに気が付く▼われわれにも「木から降りておいで」と声がかかっているようである。新型コロナウイルス感染対策の緊急事態宣言。菅首相としては宣言が延長されていた東京など首都圏の一都三県についても21日をもって解除したいらしい▼解除となればニカ月半ぶり。そう聞いても晴れやかな気分になれないのは本当に大丈夫かという心配のせいだろう。セミを誘うキツネの甘い声を聞いている気にもなる▼なるほど、病床使用率は下がっている。反面、肝心の新規感染者の減り方は胸を張れるほどではない。感染力が強いと聞く変異ウイルスの影響も恐ろしく、解除で感染再拡大を招けば、今後、ワクチン対応に集中したい医療機関にまた大きな負担をかけることになる▼生活上のストレスや経済を思えば、いつまでも宣言を続けるわけにはいくまいが、せめて、解除の場合は安全を確かめながらゆっくりと木を降りる慎重なセミとなりたい、浮かれ、元の生活を急げば、コロナというたちの悪いキツネの思うつぼだろう。(2021・3・18)

続きを読む

「平和の俳句」東日本大震災10年

あれからといわれてもなおこれからも 長 保夫(67)石川県野々市市 <黒田杏子>十年はあっという間のようでもあり、永かったですねとも想う。こののちも被災地への鎮魂の気持ちは変わりませんよと・・・。

続きを読む