私 大空襲の歌うたいます

「永井和子さんの『卒業写真』と『はこべの花は』を紹介されました。良い詩と曲ですね。これから練習していきます」と心友の牛山れい子さんからメールをいただきました。詩人の永井和子さんは知らない人ではないので調べてみました。いずれも東京大空襲に関わる詞です。牛山さんは先に「沈丁花の花と妹」(永井和子詞)をコンサートで歌っていました。

▼繁縷(はこべ)の花
画像
 江東区で毎年開かれる「東京大空襲を語り継ぐ会」60周年記念集会のオープニングをかざったのが、この日のためによせられた歌・「卒業写真」(永井和子詞/神野和博曲)でした。神野和博さんのアコーディオンで、ささいはるみさんが語るように、ささやくようにうたい来場者を魅了しました。

 「はこべの花は」は近年創られた歌。はこべとは繁縷と漢字で書き、おなじみの春の七草のひとつ。三月になればよみがえる東京大空襲の花で、江東区の横十間川、大横川の傍にそっと白い花を咲かせます。


【歌詞と曲】

 卒業写真→ http://bunbun.boo.jp/okera/v_jinno/sotugyou_pho_naga.htm

 はこべの花は→ http://bunbun.boo.jp/okera/v_jinno/hakobe_hana.htm

"私 大空襲の歌うたいます" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。