「ふくわらい」の会 4月号㊦

「ふくわらい」の会 4月号の二面です。好評の「健康一口メモ」です。今月は「若芽がのびる季節 私たちの身体も養分が必要」。元江東区保険師の菊地頌子さんが書きました。

画像
 暖かくなって体もゆるみ、最近いねむりをしている人を見かけます。春は人の体も活発に動き出しますので、その素になるビタミン類をしっかり摂らないと、体のだるさがいつまでも残ることになります。

 野菜類にはビタミンが豊富なので具沢山のもそ汁や温野菜のサラダ・・・電気釜でご飯を炊くとき、お米の上にニンジンやねぎ、ジャガイモをざく切りにして置くと温野菜が出来ます。

 ビタミンCは果物のイチゴやキュウイ、甘夏などですが、グレープフルーツは高血圧の薬を服用する人の中に、食べてはいけない人がいるので注意しましょう。


画像

"「ふくわらい」の会 4月号㊦" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。