与謝蕪村 俳人 文人画家

与謝蕪村[与謝蕪孫](1716~1783)この日京都に死んだ天明期の俳壇の代表者。江戸時代、芭蕉と並び称される。摂津毛馬村に生まれ、各地を放浪した。文人画家としても有名。『蕪村七館集』がある。(岩波新書・「一日一言」-人類の知恵ー桑原武夫編)

画像
*いかのぼり きのふの 空のありどころ

*かげろふや 名も知らぬ 虫の 白き飛ぶ

*妹が垣根 三味線草の 花咲きぬ

*うれひつつ 丘に登れば 花いばら

*百姓の 生きて働く 暑さかな

*月天心 貧しき町を 通りけり

*春雨や暮れなむとしてけふもあり



画像
*春の海ひねもすのたりのたりかな

*菜の花や月は東に日は西に

*五月雨や大河を前に家二軒

*涼しさや鐘をはなるるかねの声

*朝顔や一輪深き淵のいろ

"与謝蕪村 俳人 文人画家" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。