河上 肇 一日一言

河上 肇[かわかみ・はじめ](1879~1946)1月30日、この日死んだ。日本におけるマルクス主義経済学の開祖。京都大学教授。無我愛運動をへて、のち、共産党に入り、運動に献身した。『貧乏物語』『自叙伝』(岩波新書・「一日一言」-人類の知恵ー桑原武夫編)

画像
 目の前にはいかなる黒雲が渦を巻いていようとも、全人類の上によりよき世界が年一年、早足で近づきつつあることには、寸毫(すんごう)の疑いもない。私は牢獄のうちに繋がれていながらも、この偉大なる社会の近づいてくる足音を刻々に聞くことができる。

 私はもう60近い老人だが、しかし、もし幸いにも天が私に、私の祖母や父や母やの長寿を恵んでくれるならば、私は、私の最も愛するこの日本に、私の愛する娘たちや孫たちの住んでいるこの日本の社会に、私が涙をこぼして喜ぶであろうような変化が到来する日を、生きた眼でみることができるであろう。(自叙伝

"河上 肇 一日一言" へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。