D・H ローレンス 一日一言

ローレンス(1885~1930)3月2日、この日死んだイギリスの作家。人間の真の幸福は精神と肉体との調和と一致にあると考え、性の問題を真剣に追求した。『虹』。(岩波新書・「一日一言」-人類の知恵ー桑原武夫編)

画像
 私は、男も女もが、性の問題を十分に、徹底的に、誠実に、そして健全に考えるようになることを望むものである。・・・・・・何も書いてない頁のように純白な処女などというものは、愚劣な作りごとにすぎない。若い女や若い男は、性的な感情や思想の混沌たる塊。しかも悩みの塊であって、これが解決されるのは時間の経過にまつほかはない。性的な問題について、長年の間は誠実に考え、長年のあいだその解決を求めて、辛苦して行動した後に、われわれははじめて、真実の純潔と満足に到達するのである。(『チャタレー夫人の恋人』序文)

"D・H ローレンス 一日一言" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。