あのとき歌った この歌 -25-

友人に佐藤真子さんのCD「無言館」を勧めたら受け取りながら「高橋真梨子もいいよ!」というからNETで探していたら「別れの朝」という歌が。いまはやりの「You Tube」からながれてきた。歌手は真梨子でなく、前野曜子というなんとも憂いがこもった歌い方をする女性だった。

画像
      別れの朝

別れの朝 ふたりは
さめた紅茶 のみほし
さようならの くちづけ
わらいながら 交わした


 彼女の全盛期が1970年代というから、ぼくのもっとも多忙な時代。聴いたことあるかなと思いつつ聞き入った。40歳で夭折したと知って思わず腕組みしてしまった。

追記】あのなかにし礼が訳詩した声が、しっとりと胸に入ってくる。このごろ「別れ」という言葉にどういうわけか引きつけられているぼく。翌朝はコンビニ行き、「紅茶」を買って帰宅し、その気になっていた。

【リンク】 http://www.youtube.com/watch?v=ejPpiWasGXc

"あのとき歌った この歌 -25-" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。