レフ・トルストイ 名言

トルストイ(1828~1910)家出して、この日倒れたロシア最大の文学者。思想家。独創的な思想家。帝政ロシアの社会を鏡のように反映したレアリスト。主な著書に「戦争と平和」「人生論」「アンナ・カレーニナ」「復活」などなど。

画像
            <トルストイの名言>

◆幸福になりたいと思い、幸福になろうと努力を重ねること、これが幸福への一番の近道である。
◆愚かな人間は、沈黙しているのが最もよい。だが、もしそのことを知ったならば、その人はもう愚かな人間ではない。
◆最上の幸福は、一年の終りにおいて、年頭における自己よりも、よりよくなったと感ずることである。
◆すべての暴力は、戦うことなく相手を屈服させることは出来ようが、相手を従順にさせることは出来ない。
◆永遠に比べたら、ほんの一瞬しか生きていられないのに、人生なぞ苦しむに値するものだろうか?

"レフ・トルストイ 名言" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。