「9条の会」が初のデモ行進 銀座

護憲団体「九条の会」は24日、東京都千代田区の日比谷公会堂で、集団的自衛権の行使容認の閣議決定に抗議する集会を開催した。(東京新聞11月25日付=栗原淳)

画像
         九条守る意思示そう
   -日比谷から銀座2500人デモー

 
 12月の衆院選に向けて「憲法九条を守り、生かす意思を示そう」と主張。全国各地の九条の会や労働組合のメンバーら約2500人(主催者発表)が、デモ行進で「戦争反対」などと訴えた。

 あいさつに立った呼びかけ人の一人、奥平康弘東京大名誉教授(85)は「日本が戦後培ってきた平和主義に立ち戻るべきだ」と強調。事務局長の小森陽一東大教授(61)も「この衆院選を、改憲の動きを阻止する運動の出発点にしよう」と訴えました。
 同会のデモ行進は初の試みで、中央区銀座一丁目付近までの約二キロを歩いた。「九条を変えるな」「戦争する国ゴメンです」と書いたプラカードを掲げながら、「閣議決定を撤回せよ」「若者を戦場に送るな」と声をからした。


●集会の模様 伴敏子さんのFBから
画像

"「9条の会」が初のデモ行進 銀座" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。