公主嶺小同窓会誌 第4章 エピソード -10-

 第一次大戦中、オーストリア帝国の支配下にあって、ロシア戦線深く戦っていた6万のチエコ軍団がボルシェビ革命軍と衝突、危機に瀕した。それを救援するため、日本も要請を受けて、米英佛伊加などの連合軍と一緒に出兵することになった。

画像
  時ならぬ写真ブーム
      伴野満寿美(13回生)

 
 チェコスロバキア軍は大正8年4月にはイルクーツクまで下がり、大正9年2月にはシベリアを脱出することが出来て、ハルビンを経由、長春から公主嶺を経て、大連へ南下して行った。
 このチエコ軍の貨物列車が公主嶺に到着すると」、時ならぬ交換風景が見られた。その貨車には、北欧美人の奥サン、娘さん、可愛い子供達がたくさん乗っていた。これはチェコの人ばかりでなく、ロシアの亡命者、避難民もまじっていたのでしょう。
 このころ、町ではコダックの写真機が流行していた。初めて見る西洋人の物珍しさから、公主嶺の若いインテリは、こぞってこれら北欧の人をカメラにおさめた。学校の先生方も飛んできて写していた。
 東京オリンピックのとき、チェコの役員でこの日本の救援を感謝していた人があったので、ああ覚えている人もあるんだなァと昔を思い出した。

】シベリア出兵の関連図、記載がないが、公主嶺は長春の南70キロ地点。
画像

"公主嶺小同窓会誌 第4章 エピソード -10-" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。