ゲスト選者に 鴻巣友季子さん

 毎朝一面に掲載している「平和の俳句」の12月のゲスト選者に翻訳家の鴻巣友季子(こうのすゆきこ)さん(54)が決まりました。(東京新聞ー10月6日付)

画像
     12月の「平和の俳句」

 レギュラー選者の黒田杏子さん(79)、いとうせいこうさん(56)とともに、11月中旬に開かれる選考会で、12月に掲載する俳句の選考に当たります。11月初めまでに届く作品が対象になります。
 鴻巣さんは東京都出身。1987年から翻訳を始め、エミリー・ブロンテ「嵐が丘」、クリツェー「恥辱」などの文学作品を訳してきました。文芸評論家、エッセイストとしても「翻訳教室 はじめの一歩」「孕(はら)むことば」などの著書があります。
 

■言語の扉ひらく
 翻訳をしていると、自分でもよく知らない、使ったことがないような言葉が下りてきます、原文が触媒となって、うだんは手の届かない言語の扉がひらくのでしょう。作句もどこか翻訳い通じるものがあるのではないでしょうか。心の髄にふれろ光景、音、沈黙、気配・・・見慣れたこの世界を「新訳」するような句をお待ちしています。  

"ゲスト選者に 鴻巣友季子さん" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。