あれから74年 「東京大空襲」と西村 滋

 僕は戦争孤児しか書かない作家です。世界に一人だけなんて変なほめ方をしてくれた人がいましたけど、書けないんですよ他のこと。他のことを書く暇があったらまだまだこの子のことあの子のことを書きたい、しぬまで書ききれやしませんよ。(西村滋「語り継ぐ東京大空襲」-「平和のための名言集」P74)
画像
 西村 滋(1925~2016)年。作家。名古屋生まれ。幼くして両親と死別して孤児となる。放浪生活をするも、身元不明の身で軍への招集をまぬかえた。1945年3ガウ10日の東京大空襲で肉親を失った戦争孤児の施設で働く。その体験をもとに刊行された『お菓子放浪記』など、戦災孤児をテーマにした作品を続々と書く。

"あれから74年 「東京大空襲」と西村 滋" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。