片隅でも異彩! メーデーの記事

 4月30日、5月1日とこの国のメディアは「改元」「新天皇」一色。多くの写真と尊敬語の羅列のなか、東京新聞は1日夕刊で、メーデーを取り上げた。紙面の片隅(社会面の左下)で小さな記事だったが異彩を放っていた。思わず「ホッ」
画像

 あいさつに立った(全労連の)小田川義和議長は「元号が変われば富の偏在は改まり、過労死するまでの働き方でも賃金低下する異常は解消されるか」と祝賀ムードにくぎを刺した。

"片隅でも異彩! メーデーの記事" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。