「神よりほかに知る者がない」 『赤旗・潮流』

罪に問われる死の宣告を受けた古代の哲学者は、こう言い残しました。「去るべき時が来た。私は死ぬために、諸君は生きつづけるために。しかし、どちらがよりよき運命に出あうか。それは神よりほかに知る者がない」▼プラトンが配した『ソクラテスの弁明』の最後の一節は「神のみぞ知る・・・」。コロナ対策を担う西村担当相の発言です▼いまの政府の無策ぶりを象徴する無責任さ。第3波が襲い全国で感染がひろがっているのに、呼びかけるのは会食の仕方ばかり。やれマスクをしてだの、静かに食べてだの。そんなことしか発信できないのか▼ようやく「Go To」事業の見直しを言いだしましたが、行楽シーズンの連休で人出は各地に。これまで散々あおっておきながら、はしごを外された不信感が募る人も多い▼ここにきて中高年層への感染が増え、医療現場は緊迫しています。病床や人員、検査体制をどう確保するか。そうした支援に尽力するわけでもなければ、感染を抑え込む戦略もみえない。国民のために何をなすべきか、根本となる考えがないからでしょう▼知らないことを自覚するー。ソクラテスは「無知の知」を己の哲学の出発点としました。それは、ただ生きるのではなく、より良く生きるための指針でもあったといいます。そんな人類の知恵や教訓を説いたところで、恥を知らない政権いは響かないか。(2020・11・22)
ソクラテス

"「神よりほかに知る者がない」 『赤旗・潮流』" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: