日本国・国歌は「故郷」(ふるさと)がいい

 いつのことだったか、大学の仲間が集った「同窓会」(昭和一桁生まれ)で話が日本国・国歌に及んだことがあった。「君が代」を忌避する声が圧倒的だったが、それならそれに代わるものは? と議論していると、「『故郷』はどうだ」との提案。自然に場は「♪兎追いしかの山 小鮒釣りしかの川・・・」の大合唱になった。即座にみな「これだ、これだ」と。
 きょうは天皇の生まれた日だそうだ。それかあらぬか昨日(22日)の東京新聞・「今週のことば」欄に「兎追いしかの山・・・」の歌詞が取り上げられている。NPO法人・くだかけ会代表の和田重良氏のコラムだ。(永井至正)
img053.jpg

"日本国・国歌は「故郷」(ふるさと)がいい" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: