「平和の俳句」東日本大震災10年

あの日まだ私は若く生きていた 伊藤 恵三子(74)名古屋市西区
<黒田杏子>3・11当時作者は60代。生き延びていま70代。振り返ってみれば、何と自分は若かったことか。永遠に忘れられないあの日
img079.jpg

"「平和の俳句」東日本大震災10年" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: