「佐藤真子さん」 関連ブログ 一覧

 2004年6月の「関東・東京高齢者集会」での歌唱が始まりだった。その時の「別れのブルース」がストンと胸に落ちた。特攻死した五兄の愛唱歌だったからだ。それから彼女のコンサートには足しげく通い、HP、ブログにも載せた。ページ数332、アクセスは47316を数えた。        <アクセス ベスト10> ①2732 淡谷のり子さんと特攻隊員 ② 870 佐藤真子さんと「満洲っ子」 ③ 741 映画・「無言館」の完成間近 ④ 733 5月24日は「らいてう忌」 ⑤ 709 佐藤真子と「無言館」の歌詞 ⑥ 566 夏 「禁じられた遊び」うたう ⑦ 480 CD 「らいてうをうたう」歌詞 ⑧ 427 佐藤真子さんと戸梶江史子さん ⑨ 412 佐藤真子さん「無言館」歌う ⑩ 402 佐藤真子 東京大空襲 歌う https://38300902.at.webry.info/theme/05fad21aee.html

続きを読む

歌手 佐藤真子さん アーカイブス

 歌手、佐藤真子さん関連のブログ一覧(2017年7月29日現在)。16年2月29日比でのデータ推移をみます。件数は324→325。総アクセス数は44306→46160で1854の増になっています。以下はベスト12です。 ◆件 数=330→331 ◆アクセス数=44306→46160 ◆気持玉数=764→782       <アクセス数 ベスト12> ①1599→2193 淡谷のり子さんと特攻隊 ② 780→ 832 佐藤真子と「満洲っ子」 ③ 724→ 731 映画「無言館」の完成間近 ④ 675→ 684 佐藤真子と「無言館」の詞 ⑤ 496→ 678 5月21日は「らいてう忌」 ⑥ 467→ 486 CD「らいてうを歌う」歌詞 ⑦ 451→ 482 夏 「禁じられた遊び」歌う ⑧ 407→ 437 「別れのブルース」と特攻隊 ⑨ 399→ 405 佐藤真子「無言館」歌う ⑩ 351→ 399 佐藤真子さんと戸梶江史子さん ⑪ 377→ 383 佐藤真子さんのリサイタル ⑫ 380→ 382 20歳になった高齢者集会  【注】アクセス数は2016年2月~17年7月) 【リンク】 http://www.nagai-yoshi.jp/sato_masako.html http://38300902.at.webry.info/theme/05fad21aee.html

続きを読む

歌手 佐藤真子さん アーカイブズ

歌手、佐藤真子さん関連のブログ一覧(16年2月29日現在)。2014年7月15日比での推移をみます。件数は324→330。総アクセス数は41004→44306になりました。以下はベスト12をご紹介します。 ◆件数=324→330 ◆アクセス数=41004→44306 ◆気持玉数=742→764         <ベスト12> ①1106→1599 淡谷のり子さんと特攻隊 ② 697→ 780 佐藤真子と「満州っ子」 ③ 707→ 724 映画「無言館」の完成間近 ④ 639→ 675 佐藤真子と「無言館」の詞 ⑤ 355→ 496 5月21日は「らいてう忌 」 ⑥ 448→ 467 CD「らいてうを歌う」歌詞 ⑦ 438→ 451 夏 「禁じられた遊び」歌う ⑧  * → 407 「別れのブルース」と特攻隊 ⑨ 381→ 399 佐藤真子「無言館」を歌う ⑩ 371→ 380 20歳になった高齢者集会 ⑪ 368→ 377 佐藤真子さんのリサイタル ⑫  * → 351  佐藤真子と戸梶江吏子さん 【注】アクセス数は2014年7月→2016年2月 【リンク】http://www.nagai-yoshi.jp/sato_masako.html http://38300902.at.webry.info/theme/05fad21aee.html

続きを読む

「仰ぎ見るも 今は涙」 鎌倉で聞く

「♪眞白き富士の根 緑の江ノ島 仰ぎ見るも 今は涙 帰らぬ十二の~」2007年5月、鎌倉の「欧林洞」で佐藤真子さんが歌い、会場をしんみりさせたことが、つい昨日のように思いだされます。  病のため長期入院の後、やや不自由な体を鼓舞しながらたどり着いた鎌倉。瀟洒な小ホールの一隅に席をとっての一時間余り。つづけらえる清々しい歌声に聞きほれていたが、とりわけ鎌倉で聞く「十二の雄々しき~」の歌詞には、はるか昔の小学校の音楽教室に、引きこまれたような思いで、懐かしさに酔わされ、癒されていた。    うつくしいメロディーと心にしみる歌詞の魅力は、100年の月日を経た今も色あせていない:神奈川県鎌倉の七里ケ浜沖で12人が乗ったボートが沈んだのは、1世紀前の1010(明治43)年1月23日。10歳から21歳の12人が亡くなり、11人が逗子開成中学の生徒だった。米国の作曲家ジェレミー・インガルスの曲に、鎌倉女学校(当時)の教師三角錫子が歌詞をつけた。戦前は松原操の歌でヒットし、映画にもなっている。 眞白き富士の根 緑の江ノ島 仰ぎ見るも 今は涙 帰らぬ十二の 雄々しきみたまに 捧げまつる 胸と心 ボートは沈みぬ 千尋の海原 風も波も 小さき腕に 力つきはて 呼ぶ名は父母 恨みは深し 七里ガ浜                    欧林洞→

続きを読む

第27回 多喜二祭 杉並区

恒例の「多喜二祭」がこの20日(金)、東京・杉並区でで開かれます。今回は27回目。この日は1933年小林多喜二が特高警察により築地署で虐殺された日。(しんぶん「赤旗」-13日付「くらしの情報」から)      第27回 多喜二祭 杉並区 と き:2015年2月20日(金)午後6時半 ところ:座・高円寺(JR高円寺駅下車5分) ▼記念講演:「時代への対峙(たいじ)、小説の生動ー多喜二の方法と今日の挑戦」田島一さん▼ピアノ弾き語り=佐藤真子さん(写真)、「すべてか無か」「ボクたちの宣言」より「団結マーチほか▼朗読=多喜二の作品から(岡部政昭さん。 参加費1500円。問い合わせ・申し込み03(5382)93177、高木さん。 【小林多喜二】(1903~1933)1933年2月20日、特高警察の拷問によって殺された。プロレタリア作家として活躍し、作家同盟書記長となる。代表作『蟹工船』『党生活者』。

続きを読む

日露戦争㊦ 厭戦歌 「戦友」-1-

たしか、2008年の8月だったか、歌手の佐藤真子さんが「平和への想い」コンサートで日露戦争中に作られた「戦友」をうたった。その選曲の大胆さに来場者は、どのような展開になるのか固唾をのんだ。しかも14番まで歌い上げる響きに圧倒されるとともにその悲しさと寂ししさに引き込まれていった。   ここはお国を何百里 離れて遠き満洲の   赤い夕陽に照らされて 友は野末の石の下            戦争の無残さ、胸にせまる    1940(昭和15)年生まれの私にとって、戦争といえば太平洋戦争。佐藤真子さんのコンサート、「平和への思い」のなかで歌った「戦友」h明治38年の曲という話で、1番から14番まで聴いたのは初めてです。目を閉じて聞いているとまるで映画の場面が移り変わっていくようで、戦争の無残さが惻々(そくそく)と胸に迫ってきました。  「戦争を知らない」世代の真子さんから、戦争を許してはいけないという気持ちをもらいました。ありがとうございました。(当日、来場者の感想から) 【注】かつて、この歌は、アイ・ジョージや森繁久弥がうたい、男性が歌う低音の歌唱に聞いたものはしばし絶句した。遠い昔の日露のたたかい、あの満洲の大地に倒れた兵士たちの「厭戦の情」に私が「満州っ子」であるだけに思いをはせたものだ。  が、女性の歌手の歌う調べは、きらめきのの中にしみいるよな一味も二味も違う絶品になっている。「鎮魂・厭戦の歌」に昇華している。

続きを読む

江尻かなさんと佐藤真子さんのコラボ

昨日(7日)の「しんぶん赤旗」(首都圏版)をみて思わず「アッ」と言っていました。そこには明日(9日)水戸で開かれる「江尻かなさんと女性のつどい」の囲み広告欄に、佐藤真子さんの名が連ねられているではありませんか。そして「平和をうたう」と書とかれています。  タイトルにもあるように、この12月に行われる茨城県議選の候補者江尻かなさんの応援のための出演と思われますが、佐藤真子さんの歌う「平和の歌」は定評のあるところ。きっと明日への勇気と優しい癒しに包まれるにちがいありません。  そこでどのような歌が選ばれるのか推測してみました。出だしは、水戸だから黄門さまの「人生苦もありゃ・・・」からはじまり、「ここには土浦が、土浦にはかつて海軍航空隊がありました。そこで訓練を受けた多くの若者たちが戦争末期に特攻隊員として出撃帰らぬ人となりました。淡谷のり子さんの『別れのブルース』を歌います」とし、「君死にたまふことなかれ」「惜別の歌」「八月五日の夜だった」「無言館の歌」と続き、「一本の鉛筆」を歌いあげ、フィナーレとなるに違いありません 【追記】たった今、江尻さんとFbで連絡がとれました。「12月頑張ってください」とのコメントに「真子さんの歌大好きです。楽しみにしています」とリターンです。 ▼ 写真は2005年12月、東京江東区のコンサートで「一本の鉛筆」を歌う佐藤真子さん ●当日の写真、FBから・・・。

続きを読む

’14年 佐藤真子さんと「無言館」

ルポルタージュ映画・「無言館」が初上映されたのは2011年4月。同映画には歌手の佐藤真子さんが主題歌を挿入、戦場に散った「画学生」の無念の思いを歌い上げ好評を博しました。本ブログでは同時にリリースされたCDの紹介、関連のイベントを20数回にわたり掲載してきました。あれから4年、そのアクセスの推移を追ってみました。      <「無言館」関連ブログ ランキング> ①677→707 14 映画・「無言館」の完成間近 ②604→640  7 佐藤真子と「無言館」の歌詞 ③342→381 12 佐藤真子さん「無言館」を歌う ④283→308  1 佐藤真子と信州上田の旅 ⑤251→272  1 映画「無言館」と佐藤真子さん ⑥252→271  3 映画「無言館」の心を歌う ⑦211→235  5 映画「無言館」完成公開へ ⑧196→215  1 映画「無言館」と主題歌 ⑨186→208  3 佐藤真子歌う「無言館」好評 ⑩183→200  3 佐藤真子さん信州で歌う ⑩     200  4 佐藤真子と「無言館」この1年 ⑫151→196  1 若井なおみさん「無言館」で ⑬166→182  1 佐藤真子CD「無言館」完成 ⑭160→180 11 佐藤真子歌う「無言館」って ⑮141→156  2 佐藤真子歌う「無言館」燦々 ⑯137→154 10 「無言館」に寄り添う主題歌 ⑯149→154  6 佐藤真子さんと信州の旅 ⑱127→153 1…

続きを読む

佐藤真子さん 関連ブログ 一覧

歌手、佐藤真子さん関連のブログ一覧(14年7月15日現在)です。2013年5月30日比での推移です。総件数は304→324。総アクセス数は35704→41004。気持玉数(いいね)は721→742になっています。以下ベスト10をご紹介。 ▼「戦争と映画音楽」コンサートでうたう(10年8月) ①784→1106 淡谷のり子さんと特攻隊 ②675→ 707 映画「無言館」の完成間近 ③573→ 697 佐藤真子と「満洲っ子」 ④600→ 639 佐藤真子と「無言館」の詞 ⑤416→ 448 CD「らいてうを歌う」歌詞 ⑥392→ 438 夏 「禁じられた遊び」歌う ⑦338→ 381 佐藤真子「無言館」歌う ⑧345→ 371 20歳になった高齢者集会 ⑨341→ 368 佐藤真子さんのリサイタル ⑩301→ 355 5月21日は「らいてう忌」 【注】数字左・13年5月→14年7月。

続きを読む

美空ひばりの「一本の鉛筆」

NHKテレビ6月24日「歌謡コンサート~美空ひばりを歌い継ぐ」で、かつてひばりが歌った「一本の鉛筆」を佐々木秀美さんが歌い、たくさんの反響が寄せられました。(しんぶん「赤旗」・7月5日付ー「みんなのアンテナ」)      平和の大切さと歌の輝きを実感         大阪市 山川ゆうこ(69歳)     ひばりさんの歌が多くの人びとに歌いつがれていることをうれしく思いました。物心つく頃から、ラジオから流れるひばりさんの歌声をどれだけ聞き覚えたことでしょう。  第1回、15回の広島平和音楽祭でひばりさんが歌った「一本の鉛筆」は特別の輝きをもった歌です。涙ながらにひばりさんの輝きと平和の大切さを実感したひとときでした。 【美空ひばりと反戦歌】 http://38300902.at.webry.info/201405/article_37.html

続きを読む

「満州っ子」と「別れのブルース」

10年前の今日、6月10日、「別れのブルース」と「リリー・マルレーン」を浅草公会堂で聴き、思わず震えていました。メゾソプラノ歌手の佐藤真子さんの透きとおるような、しみいるように歌うピアノの弾き歌いにゆらぎました。 ▼関東甲信「高齢者集会」  さまざまな想いが甦ってきたのです。ちょうど70年前の1944(昭和19)年12月15日、フイリピンのレイテ湾に神風特別攻撃隊の一員(学徒出陣)として突っ込んでいった当時21歳の兄・神島利則の生前の愛唱歌が、淡谷のり子歌う「別れのブルース」でした。  アメリカとたたかう奴が「メリケン歌う」と自らを揶揄しながらもギター片手に低音でささやくように歌っていたものです。  今にして思えば、彼は『別れ』という言葉に取りつかれていたようです。太平洋戦争も末期、自分の行きつく定めをよきしていたのでしょうか。その頃(昭和15年)売れ出しはじめた、かのマドロス歌手・田畑義夫のデビュー二作目「別れ舟」もしきりに歌っていました。 【リンク】満州っ子と「別れのブルース」  http://38300902.at.webry.info/201006/article_7.html

続きを読む

佐藤真子さん 八王子でうたう

26日付しんぶん「赤旗」(首都圏版)報道によると来る5月2日八王子で催される「憲法集会」に歌手の佐藤真子さんが出演、プロローグで平和の歌をうたいあげる予定という。なお、詳細は以下の通り。   ■改憲を許さない憲法集会(八王子市) と き:午後1時半 ところ:いちょうホール  (JR八王子駅北口・京王線京王八王子からバスで「横山町三丁目」「八日町一丁目3分) ◆オープニング:佐藤真子さん(歌手) ◆発言:浅井基文、今宮謙二、島田三喜雄、小枝功、松本智量、白神優里子の各氏。 無料。  主催=八王子憲法9条の会。問い合わせ=042(636)1765 小木さん

続きを読む

佐藤真子さん 新宿でミニコンサート

第3回を迎える新宿の「平和のための戦争展」は同区・文化センターで21日~23日にわたって開かれます。最終日の23日には午後4時から4時45分まで、歌手の佐藤真子さんが「生きる」と題して、ミニコンサートに出演します。(問い合わせ03ー5369ー0790)。     ミニコンサート 『生きる』      歌手 佐藤真子さん    東京藝術大学声楽家卒業。1986年『反核日本の芸術化たち』新人オーディション合格。各地の反核コンサート、九条の会コンサートに出演。10年間毎年8月に『平和への想い』コンサートを行う。  2011年映画・戦没画学生慰霊の美術館ー『無言館』の主題歌をうたう。   新宿・平和のための戦争展実行委員会       新宿区新宿1-14-5-602 【佐藤真子さんと無言館】  http://38300902.at.webry.info/theme/126df6a68a.html

続きを読む

浅き春に 佐藤真子さん唄う

春3月 歌手の佐藤真子さんがコンサートを開きます。センチュリーコート(東京・丸の内)でうたいます。「浅き春に寄せて」「水色のワルツ」などが春をよびます。          せせらぎ通り     ★真子唄コンサート&ランチ  2014年3月31日(月)正午スタート  センチュリーコート丸の内  明治生命館B1F ℡03-3213-1711  地下鉄千代田線二重橋駅1番出口  8000円         うた 佐 藤 真 子        夢見たものは・・・   浅き春に寄せて   水色のワルツ   無言館の明日は   乾かぬ絵具    ほか   <お申し込み> 心をうたう真子の会 090-4245-7110  

続きを読む

牛山れい子さん 13年ブログ一覧

東京墨田区の区議を6期24年つとめ、現在は全国空襲連の運営委員として「命とくらし、平和問題」に取り組んでいる牛山れい子さん。彼女関連のブログ(2013年度現在)一覧を表示します。総ページ数は93件、アクセス数はトータル4936となりました。以下はそのベスト10です。          <ベスト10) ①195 佐藤真子さん信州で歌う ②192 ”非核”平和を歌う集い ③170 「合唱団この灯」20周年演奏会① ④138 愛と平和と感動の旅 ⑤132 牛山れい子さんブログ一覧① ⑥121 Masako Sato's ⑦118 佐藤真子さん2011年を歌う ⑧115 佐藤真子さん映像の心を歌う ⑨111 心をつなぐ陸前高田の絆 ⑩106 「声楽教室」の研究発表会 【牛山れい子】 http://38300902.at.webry.info/theme/bebe3cadb2.html

続きを読む

せせらぎ通り真子唄コンサート

11月28日(木)午後2時、MUSICASA(代々木上原駅2分)。ピアノ弾き唄い=佐藤真子。チケット3千円。申込090(4245)7110心をうたう真子の会(東京民報ー11月24日付・「文化案内) 〒151-0066 ◆渋谷区西原3-33-1 ◆電話 03-5454-0054 ◆FAX 03-5454-0053

続きを読む

仲築間、佐藤真子さん母親大会に

第43回水戸母親大会が5日、水戸市内で開かれ、約130人が参加しました。同大会実行委員会(石崎ひな子代表)が主催。(しんぶん「赤旗」11日付「首都圏版) ▼仲築間卓蔵作詞、佐藤真子歌うCD・愛の三部作         メディアの実態学ぶ           水戸で母親大会 仲築間さん講演  第1部はソプラノ歌手、佐藤真子さんの平和コンサート。ピアノの弾き語りを披露し、会場いっぱいに美しい声を響かせました。     第2部で「メディアは何を伝え、何を伝えていないか」と題して講演した仲築間卓蔵さんは、安倍首相と社長が会食を重ねている全国紙やテレビ局が、消費税増税などで国民に痛みを押しつける安倍政権の応援団と化している実態を詳しくのべました。  仲築間さんは、タレントのスキャンダルなどをワイドショーで大々的に流し、その時々の重大な政治問題から国民の目をそらす役割を果しているテレビを批判。  メデイアにたいして意見を述べるとともに、広告主の大企業にも社会的責任を果たせていく取り組みを呼びかけました。 【メッセージ】 仲築間卓蔵作詞 土田啓四郎作曲 佐藤真子唄  http://www.youtube.com/watch?v=wlUsFHsAAAU

続きを読む

佐藤真子さん 水戸母親大会に

しんぶん「赤旗」の「くらしの情報」によりますと、5日に開かれる水戸の母親大会にソプラノ歌手の佐藤真子さんが出演することが案内されています。同大会は今年回を重ねて43回目。これには元テレビプロデュサーの仲築間卓蔵さんも参加、記念講演します。      第43回水戸母親大会 と き:10月5日(土) PM1時~4時半 ところ:茨城県立歴史館講堂 ●第一部:平和コンサート  ソプラノ歌手 佐藤真子さん。 ●第二部:記念講演    「マスコミのうら・おもて」   仲築間卓蔵さん  ・資料代:500円 <主催>実行委員会 <連絡先>080-6615-4025          菅野法子 

続きを読む

佐藤真子さんとシャンソン

佐藤真子さんの室内コンサート動画を送ります。2011年12月に、東京のあるレストランで歌われた時の録画です。親しいファンのみなさまが集った時のコンサートだったので、佐藤さんはとてもリラックスして歌われました。      佐藤真子 シャンソン唄う         <曲 目> ●水色のワルツ ●パリの屋根の下 ●詩人の魂 ●私の心はバイオリン   先週の土曜日(14日)masuo kobayashi さんが Youtube に投稿されたものを転載させていただきました。どうぞクリックしてご覧下さい。時間は12:20分です。  http://www.youtube.com/watch?v=IQpJ15vpDw4

続きを読む

佐藤真子と「無言館」 この3年

ルポ映画「無言館」が初上映されたのは11年4月。同映画には歌手・佐藤真子さんが主題歌を挿入、好評を博しました。本ブログでは同時にリリースされたCDの紹介など、関連のイベントを20回にわたり掲載してきました。そのアクセス数のベスト20を以下表示します。      <「無言館」関連ブログ ベスト20> ①630→677 映画・「無言館」の完成間近 ②501→604 佐藤真子と「無言館」の歌詞 ③265→342 佐藤真子さん「無言館」を歌う ④252→283 佐藤真子と信州上田の旅 ⑤190→252 映画「無言館」の心を歌う ⑥206→251 映画「無言館」と佐藤真子さん ⑦182→211 映画「無言館」が完成公開へ ⑧127→196 映画「無言館」と主題歌 ⑨159→186 佐藤真子歌う「無言館」好評 ⑩166→183 佐藤真子さん信州で歌う ⑪125→166 佐藤真子CD「無言館」完成 ⑫137→160 佐藤真子さんが歌う「無言館」って ⑬ 99→151 若井なおみさん「無言館」で ⑭136→149 佐藤真子さんと信州の旅 ⑮107→141 佐藤真子歌う「無言館」燦々 ⑯107→137 「無言館」に寄り添う主題歌 ⑰109→130 映画「無言館」七生公会堂  ⑱110→129 「無言館」」「らいてう」が語る ⑲107→127 「愛と平和」と感動の旅 ⑳ 92→110 Masako Sato's Singing 【注】最初の数字は…

続きを読む

あのとき歌った この歌 -26-

それは2005年12月。江東区の高齢者集会が佐藤真子さんを招いてコンサートをひらきました。そのはじめの語りがこうでした。「それでは、みなさんご存じの方もいらっしゃると思いますが、私の大先輩の淡谷のり子さんの「別れのブルース」です。     <別れのブルース> 昭和12年 窓を開ければ港が見える メリケン波止場の 灯が見える 夜風 潮風 恋風のせて 今日の出船は どこえ行く むせぶ心よ はかなき恋よ 踊るブルースの せつなさよ  淡谷のり子さんが(戦争中)慰問に行ったとき、それは特攻隊の方々のところ。「別れのブルース」は、もうその当時は歌ってはいけないという歌でした。しかし、特攻隊の青年たちから「別れのブルース」をうたってほしいといわれ、そして、淡谷のり子さんは歌うんです。  しかし、淡谷のり子さんが歌っている間に青年たちは一人立ち、敬礼をして去っていく。また一人立ち、敬礼をして去っていく。  そして帰らぬ人となったのです。淡谷のり子さんは、あんな悲しい想いをしたことはありまえん、と(この歌を)歌う前にはいつもそういっていたと言います。  (前奏のなかでささやくように、語りかけるように)       <別れのブルース>を聞いて ◆涙と感動につつまれる   「別れのブルース」で始まった佐藤真子さんのピアノの弾き語り。きれいなのびやかな声、平和の尊さを訴えるト-クに会場は酔いしれ、涙と感動につつまれました。(S60代男) ◆心にしみる語り…

続きを読む

あのとき歌った この歌 -25-

友人に佐藤真子さんのCD「無言館」を勧めたら受け取りながら「高橋真梨子もいいよ!」というからNETで探していたら「別れの朝」という歌が。いまはやりの「You Tube」からながれてきた。歌手は真梨子でなく、前野曜子というなんとも憂いがこもった歌い方をする女性だった。 。       別れの朝 別れの朝 ふたりは さめた紅茶 のみほし さようならの くちづけ わらいながら 交わした  彼女の全盛期が1970年代というから、ぼくのもっとも多忙な時代。聴いたことあるかなと思いつつ聞き入った。40歳で夭折したと知って思わず腕組みしてしまった。 【追記】あのなかにし礼が訳詩した声が、しっとりと胸に入ってくる。このごろ「別れ」という言葉にどういうわけか引きつけられているぼく。翌朝はコンビニ行き、「紅茶」を買って帰宅し、その気になっていた。 【リンク】 http://www.youtube.com/watch?v=ejPpiWasGXc

続きを読む

あのとき歌った この歌 -24-

歌手・佐藤真子さんの第8回(2010年)「平和へのコンサート」は戦争と映画音楽がテーマだった。リンゴの唄から始まって「禁じられた遊び」「ひまわり」と続き、ロシア民謡の「バイカル湖のほとり」にいたって会場は期待の顔で埋まっていました。      バイカル湖のほとり ゆたかなるザバイカルの 果てしなき野山を やつれし旅人が あてもなくさまよう ロシア民謡で「徒刑囚が逃亡して家に帰ったら父親は死に兄弟はシベリア送りになっていた」という原歌詞の歌です。学生時代歌声喫茶でロシア民謡といえばこれを歌いました。   【追記】当日佐藤真子さんはロシア語でも歌い、来場者を唸らせていましたが、シベリア抑留の経験もあり、チエリストの井上頼豊さんの訳詩を全文朗読しました。映画「シベリア物語」の挿入歌です。 【リンク】  http://www.youtube.com/watch?v=y_vsVXhNY-g

続きを読む

あのとき歌った この歌 -23-

日本で唯一の住民が地上戦に巻き込まれた沖縄戦。三カ月にわたった戦闘で多くの住民が死んで行った。なかでも68年前の今日から明日(6月18~19日)にかけて、多くの兵士たちの看護にあたっていた、あのひめゆり学徒隊の多くの乙女たちが自決していったという。  その乙女たちが卒業式で歌った「別れの曲」(相思樹の歌)が胸に迫ります。        「相思樹の歌」(相思樹の歌)            -ひめゆり卒業生に送られた歌ー     目に親し 相思樹並木  行き帰り 去り難けれど  夢のごと 疼き年月の  行きにけん 後ぞくやしき  歌手の佐藤真子さんは07年原宿で開かれた「平和への想い」コンサートでこの歌をうたい、聞き入る来場者の哀感をさそいました。6月23日は沖縄日本軍の組織的抵抗が終わった日。生き残ったひめゆりの彼女たちは今年もまた「塔」の前で涙し、歌うことでしょう。 【リンク】相思樹の歌  http://38300902.at.webry.info/200906/article_20.html

続きを読む

あのとき歌った この歌 -21-

「禁じられた遊びー1952(昭和27)年製作のフランス映画。日本公開は翌53年、監督・ルネ・クレマン(Rene Clement)..映画のあらすじより、バックに流れる曲が忘れられない。ナルシス・イェペスのアコーステイック・ギターの素朴な音色がこの映画を一層引き立てている。この曲は「愛のロマンス」という題名のスペイン民謡。         戦争と映画音楽     戦後間もなく見た映画で、今でも記憶に残っているものを10本挙げろといわれれば、すらすらと出てくる。それは「風と共に去りぬ」をはじめとして、「戦争と平和」「今ひとたびの」「戦火のかなた」「自転車泥棒」「鉄道員」「第三の男」、そして「禁じられた遊び」・・・などなど。  敗戦の混乱期とあって、やはりあの戦争は「何だったのか」が一大テーマになったのは自然の成り行きだったが、洪水のように日本に入り込んだハリウッド映画はともかく、イタリアン・ネオリアリズムの潮流には圧倒された。  しかし、何といっても映画音楽には酔わされた。とりわけ、「禁じられた遊び」で流される「哀愁、はかなさ、美しさ」をかきたてるあのギターの調べには吸いよせられた。  その調べをギターでなくピアノの弾き語りで佐藤真子さんが「平和への想い・コンサート」(2010年)で取り上げてくれた。すんだ歌声に来場者は魅了されたことは言うまでもない。 【リンク】 禁じられた遊び  http://www.youtube.com/watch?v=05kutNCA2jc

続きを読む

あのとき歌った この歌 -19-

先の大戦のヨーロッパ戦線では、戦争で引き裂かれた恋人たちの愛と別れの歌・「リリー・マルレーン」がラジオから流されると一時銃火は止みドイツ軍と連合軍の兵士たちは涙を浮かべ歌い、ナチス・ドイツをあわてさせたといいます。歌手の佐藤真子さんの18番(おはこ)です。       リリー・マルレーン    夜霧深く立ちこめて  灯りともる街角に  やさしくたたずむ  恋人の姿  いとしいリリー・マルレーン    歌は、悲しいとき、辛いとき、人の心を和ませ癒してくれます。そしてそれは凄惨な戦争のさなかにあってさえ兵士たちの狂気を平常心に呼び戻してくれたようです。  名画「ビルマの竪琴」では日本軍と英軍は「埴生の宿」「庭野千草」「故郷の空」などを合唱、ともに懐郷のひとときを過ごす場面に感動しました。  イギリス兵には自分たちの幼かった頃のこと、故郷スコットランドの山や川、母の顔が浮かび、子どものころから日本の歌だと思っている日本兵には小学校の唱歌の時間がよみがえったのでしょう。 【リンク】 リリー・マルレーン  http://www.youtube.com/watch?v=wzfOs-Yu6Tw&feature-related

続きを読む

あのとき歌った この歌 -16-

鎌倉で開かれた佐藤真子さんのシャンソン・コンサートに行った帰り際。同行の小名きぬさんが、少しばかり上気しているのを見て、「疲れましたか?」と声をかける僕に、「いいや、シャンソンはやっぱりいいわね!」と小名さん。  帰りすがら駅までの道々は、シャンソンンの話で持ちっきり。聞けば、十年前に亡くなった夫君・小名愰平氏(享年83)が日ごろ口ずさんでいたのが「巴里の屋根の下」だったとか。  小名愰平元陸軍大尉の戦歴が痛恨のドラマです。ノモンハン(昭和14年)で、九死に一生の境をさまよい、中国は北支、南支を転戦。殺し、殺され、部下を何人亡くしたか数えきれないといいます。  戦後、復員したのが昭和22年。七年間大陸を彷徨していた彼は、あの地でのことは固く口を閉ざしたまま逝きました。没後、葬儀に参列した部下たちは異口同音に退却の名人といい、名部隊長と涙しました。  故郷、青森の八戸で結ばれた小名夫妻。上京後の彼は持って生まれた才能を発揮、平和運動の理論家・リーダーに。没後十年。表札はそのまま、自宅の仏前には常に旬の生花が飾られ、レコーダーからはときおり、シャンソンが語りかけるようです。 【リンク】 Sous les toits de paris   http://duarbo.air-nifty.com/songs/2007/09/post_8d45.html

続きを読む

あのとき歌った この歌 -15-

「真白き富士の根 緑の江ノ島 仰ぎ見るも 今は涙 帰らぬ十二の 雄々しきみたまに 捧げまつる胸と心」 2007年5月、鎌倉市の「欧林洞」で歌手の佐藤真子さんがこの歌・「七里ガ浜の哀歌」を歌い会場をしんみりさせたことが思いだされます。        七里ケ浜の哀歌 真白き富士の根 緑の江ノ島 仰ぎ見るも 今は涙 帰らぬ十二の 雄々しきみたまに 捧げまつる 胸と心 ボートは沈みぬ 千尋の海原 風も波も 小さき腕に 力つきはて 呼ぶ名は父母 恨みは深し 七里ガ浜  大病で2カ月間入院の後のこと、やや不自由な体を自ら鼓舞しながらたどりついた鎌倉。瀟洒な小ホールの一隅に席を取っての一時間余り。続けられる清々しい歌声に聞きほれていたが、とりわけ鎌倉で聞く「十二の雄々しき~」の歌詞には、はるか昔の小学校の音楽教室に引きこまれたような思いで、懐かしさに酔わされ、癒されていた。        真白き富士の根 100年    美しいメロディーと心に染みる歌詞の魅力は、100年の月日を経た今も色あせていない▼神奈川県鎌倉市の七里ケ浜沖で12人が乗ったボートが沈んだのは、1世紀まえの1910(明治43)年1月23日。10歳から21歳の12人が亡くなり、11人が逗子開成中学の生徒だった。▼世の人々の涙を誘ったのは、強く抱き合ったままの状態で見つかった兄弟の遺体だ。「兄は死後も骨肉の情の護りも固く、両手強直、全指を交互に強く交えて握り締め、自己の双腕に全霊力を集めて弟を抱…

続きを読む

5月 佐藤真子さん アーカイブズ

佐藤真子さんの2013年5月度アクセスの推移をお知らせします。総件数は304、アクス総数は35704回になりました。前回のカウントは3月31日でした。 ◆期 間=08年5月~13年5月 ◆件 数=304 ◆アクセス数=35704 ◆気持玉数=721   (いいね、ナイス、おどろいた!)       <アクセス ベスト10> ①764  2 淡谷のり子さんと特攻隊 ②675 14 映画「無言館」の完成間近 ③600  7 佐藤真子と「無言館」の歌詞 ④573 14 佐藤真子さんと「満州っ子」 ⑤416  9 CD「らいてうをうたう}歌詞 ⑥392  2 夏 「禁じられた遊び」歌う ⑦345 22 二〇歳になった高齢者集会 ⑧341 16 佐藤真子さんのリサイタル ⑨338 12 佐藤真子「無言館」を歌う ⑩303  5 佐藤真子さん 心をうたう 【注】数字は左からアクセス数、「いいね」数。 【リンク】真子「それはー約束」 http://www.youtube.com/watch?v=6QGzDtmWXT4 【江東9条の会】2011年2月 江東9条の会主催の「音楽と講演の集い」で

続きを読む

商社九条の会で 佐藤真子さん

「9条の会」のメールマガジンからのお知らせです。東京の「商社九条の会」が来る6月8日に豊島区で「第15回講演会を開きます。講演は宇都宮健児弁護士。歌手の佐藤真子さんがピアノの弾き語りでうたいます。      <商社九条の会 講演会> ●解き明かす自民党改憲案の狙いと平和・人権・国民主権の行方 ・日 時:6月8日(土)13:00~16:00 ・場 所:南大塚ホール 豊島区南大塚2-36-1 ・内 容:第一部 佐藤真子さんのピアノと歌       第二部 講演 宇都宮健児弁護士 ・参加費:1000円 ・主 催:商社九条の会 ・申 込:https://sites.google.com/site/shosha9jho/ 【佐藤真子】http://38300902.at.webry.info/theme/05fad21aee.html

続きを読む