自民党改憲案に反対 法律家6団体

 改憲問題対策法律家6団体連絡会は26日、自民党改憲案に対し「集団的自衛権の全面行使」「海外での武力行使」を可能にし、現行規定を死文化する9条改憲だとして反対する声明を発表しました。(しんぶん「赤旗」3月27日付)

続きを読む

若者ら「9条守ろう」 新宿駅前 熱く訴え

 国政を私物化する政治を変え、憲法9条を守ろうと21日、東京・新宿駅前で若者たちが街頭宣伝を行いました。弁護士や著名人、政党の代表も参加してスピーチ。雪の降るなか、参加者と一緒に「9条護れ」「改憲やめろ」とコールしました。(しんぶん「赤旗」3月22日付) ■小山農(みのる)さん(主催者・民青委員長)  「みんなが安倍政権に怒っています。公文書を偽造するような政権に憲法をさわらせるわけにはいかない。政権を担う資格はありません。総辞職を求めます」 ■池田香代子さん(翻訳家)  「雪のなか若者たちが憲法を守るために立ち上がっています。憲法を変えるのではなく、実現していきましょう」 ■荒木夏穂さん(27)(熊本市から参加)  「先の戦争の経験から憲法9条が生まれた意味を伝えていきたい」「若者が声をあげて広げていきたい」

続きを読む

自民改憲条文案 「違憲論争続く」

 憲法学者の小林節慶応大名誉教授は19日、国会内の集会で講演し、戦力不保持や交戦権否定を定めた憲法9条2項を維持しつつ、自衛隊の存在を明記する自民党の有力な改正条文案について「自衛隊が『海外派兵』される限り、自衛隊という文言を書き込んでも、違憲論争は続く」と訴えた。(東京新聞3月20日付)     小林節氏、国会で講演   集会は、護憲派の国会議員でつくる「立憲フォーラム」と市民団体「戦争をさせない1000人委員会」が共済。市民y国会議員ら約300人が参加した。  自民党の有力案は安倍晋三首相の意向に沿った内容。小林氏は講演で、集団的自衛権行使を容認した2014年の閣議決定や、安全保障法制を「違憲だ」と改めて指摘した。  自民党は憲法改正推進本部で9条と緊急事態条項、参院選「合区」解消、教育充実の4項目について論議を続ける。25日の党大会で改憲の方向性を示す方針だが、小林氏は「自民党の改憲案は、立て付けが悪く、原理原則に照らして批判することが相手の動きを止めることになる」と述べた。

続きを読む

「9条変えないで」と反響 東京・江東区

 東京都江東区の南砂団地9条の会と日本共産党山本真区議会議員事務所は2月25碑、合同で「安倍改憲NO!3000万人署名」を東陽町の西友前で取り組みました。(しんぶん「赤旗」2月28日付)  16人が参加し、横断幕とノボリ旗を掲げ、交代でマイクを握り買い物客に訴えました。  買い物客らが「戦争は絶対イヤ」「私はカトリックですが9条を変えてはなりません」などと話し、署名に応じました。1時間の行動で、約40人分の署名が寄せられました。  これに先立ち午前中には、日本共産党江東区西支部がスーパー前で署名に取り組み40人以上の署名が寄せられました。

続きを読む

「9条改憲で日本はどうなる?」 Part2

 「市民と政治をつなぐ江東市民連合」主催による表題の学習・討論集会が3月3日に開かれます。元自衛官の井筒高雄さんを招いての学習会。注目されます。  「安倍9条改憲」で焦点となっているのが、9条の1,2項を残して、3項に「自衛隊」を明記することです。  自衛隊「明記」によって自衛隊の位置づけはどう変わるのでしょうか? そして世界の中の日本は、どうなっていくのでしょうか?  かつて陸上自衛隊のレンジャー訓練を受け、PKO法による武器を持った海外での任務遂行は契約違反に反すると依願退職した井筒さんに、自衛隊のリアルな」実態を伺いながら「自衛隊にとって憲法とは何なのか」「憲法9条への自衛隊”明記”によって何が変わるのか」を共に考えたいと思います。ふるってご参加ください。  <お問い合わせ。090-6034-0265(岡田)

続きを読む

野中広務さんの訃報に接して 畑田重夫

 1月26日の夜、野中広務さんの訃報に接しました。彼とは同郷で、旧制中学の同窓でしたので、政治的立場、とくに日米安保体制や憲法9条2項にかんする見解のちがいはありましたが、ごく親しい友人関係にありました。(しんぶん「赤旗・「読者の広場」    静岡市     畑田重夫(94)    私の米寿の祝賀会には京都から川崎の会場までかけつけて、心のこもった祝辞を述べてくれたり、私が健康にかんする本を上梓(じょうし)した時には本のジャケットに推薦の言葉をよせてくれたりしたものでした。  ふるさと園部(京都府南府市)の市民が催してくれた2人のトークショーに参加したこともありました。今、安倍官邸にはっきりとものの言える気骨ある保守の政治家が、また一人この世を去ったさびしさは、かくしきれません。  彼の沖縄への思いいれも並ではありませんでした。当面する名護市長選せ稲嶺ススム候補の3選を勝ちとり、11月の沖縄県知事選へのはずみにしたいものです。護憲派だった彼の遺志をつぐ意味でも「安倍9条改憲NO!3000万人署名」のいっそうの奮起を誓い合いたいと思っています。

続きを読む

2018年 江東母親大会

 「生命を生み出す母親は 生命を育て 生命を守ることをのぞみます」 今年(2018年2月27日)も江東区の母親大会が開かれます。     白神 優理子さん プロフイール   神奈川海老名市生まれ。厚木米軍基地の近くで生まれ育ったので、基地に関しては、幼い頃より関心をもつ。和光高校在学中から、高校生平和ゼミナールを中心に平和活動。世界の子どもの平和像をつくる会や東京高校生平和のつどいの実行委員長を務めた。  活動に取り組む中で、日本国憲法の精神である平和と民主主義を実現し、困っている方のために法律を使いたいと決意し、弁護士を志す。立命館大学法学部に入学し、イラク戦争反対の取組みをし、立命館大学9条の会を立ち上げて活動。中央大学法科大学院で大学院生9条の会に参加。司法修習生時代に青年法律家協会修習生部会に参加。修習地は米軍基地の多い沖縄県那覇市。2013年12月弁護士登録。八王子合同法律事務所所属。   【追記】確か1955(昭和35)年だったか、第1回日本母親大会に僕・永井至正は母トミ(60)を伴って参加した。あの戦争で夫や息子を戦場で亡くした大勢の母親たち。涙、なみだの集会になった。特攻で兄を失った母も滂沱のなみだ、よろける身体を支えながらも大勢の仲間の歌に、少し笑みも浮かべながら帰路に着いた母の姿が今でも鮮明に思い出される。なお、写真は第1回の大会。

続きを読む

9条改悪NO! 国会前で市民

 安倍晋三首相が施政方針演説などで国会での改憲論議の前進を訴えた22日、複数の市民団体が9条改憲に反対する集会を、衆院第二議員会館前などで開いた。(東京新聞1月23日付)     みんなの力で政治を変える    約600人(主催者発表)が参加し、「9条改悪反対」「みんなの力で政治を変えよう」などと声をあげた。  「安保9条NO!全国市民アクション」「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動委員会」の主催。自民党が改革案の年内の国会発議を目指す中、通常国会の開会日に合わせた。降りしきる雪の中、同実行委共同代表の小田川義和さん(63)は「野党と市民が共闘し、憲法9条改憲反対の世論をつくり出そう」と訴えた。参加した長尾ゆりさん(62)=東京都渋谷区=は「安倍内閣の国会軽視が続いていたので野党の質問に誠実に答えてほしい。政治がまずやるべきは、国民の暮らしを守ること。私たちは改憲など望んでいない」と話した。

続きを読む

9条 改憲NO! 3000万署名を

 おなじみの東京東部法律事務所(東京都墨田区江東橋3-9-7)の事務局から「安倍9条改憲NO!憲法を活かす全国統一署名簿が届きました。     手をつなぎ、未来につなぐ  今、憲法9条は最大の危機にさらされています。  私たちは、”安倍9条改悪”反対の一点で手をつなぎ、今の9条を未来につ安倍首相は2017年5月、2020年を自衛隊を明記した新しい憲法の施行の利にしたいと表明しました。それによってないでいきたいと考えています。   【追記】 憲法学習会を企画していただければ、当事務所の弁護士が無料で講師として学習会にうかがいます。お気軽にご連絡ください。  FAX 03-3634-5315

続きを読む

「9条改憲で日本はどうなる」 右崎 正博さん

 「江東市民連合」主催による学習集会が1月27日、行われます。これには同連合会の共同代表の右崎 正博先生が講演します。       1.27 学習・討論集会in江東 ◆日 時:1月27日(土) 午後1時30分~4時 ◆場 所:江東区教育センター 大研修室       (江東区東陽2-3-6) ◆講 師:右崎 正博さん        (市民と政治をつなぐ江東市民連合共同代表) ◆資料代:500円 <主催>市民と政治をつなぐ公投市民連合 <問い合わせ>090-6034-0265(岡田) 

続きを読む

「講演と落語の会」 江東・南砂団地9条の会

 江東区の南砂団地「9条の会」が再建・発足して1月21日で1周年を迎えます。これを記念して「講演と落語の夕べ」をひらきます。安倍内閣は今、憲法改悪を発議しようとしています。9条改悪には絶対反対、戦争への道は許しません。     南砂団地9条の会・発足1周年記念 ◆日 時:1月20日(土) 午後1:30~4:30 ◆場 所:団地4号棟中ホール  【第一部】 講師 宇都宮健児さん         落語  古今亭菊千代さん  【第二部】 ●楽しく歓談しながら老後の生き方、健康法、体験談など何でも話し合いましょう。 ●戦争体験者が少なくなった今、次世代の人々が歴史をいかにきざんでいくか・・・? ◆参加代:500円(1部のみ)1000円(1武、2部通し) <連絡先> 03-3646-3892(杉浦) 03ー3649ー9458(五味) 03-3646-6013(斉藤)

続きを読む

「平和憲法の持つ特権捨てるな」 日本海新聞

 鳥取県を中心にした日本海新聞は、同紙を発行する新日本海新聞社社主の吉岡利固氏が安倍改憲について「平和憲法の持つ特権を自ら捨て去る行為」と厳しく批判したコラム記事を1日付で掲載しました。(しんぶん「赤旗」8日付)  それによると、「戦争体験時代」の吉岡氏は、「安倍政権が考える憲法改定は、敗戦によって得た平和憲法の持つ特権を自ら捨て去る行為にほかならない」として強く批判。  日本が「戦争放棄」を明記した平和憲法を持つ唯一といってよい国家」であることを「世界中が認めている」といい、日本で過激組織ISによるテロが起きていないことを挙げて「彼らですら『日本でテロを起こしても意味がない』と十分認識している」「まさに日本のみが持つありがたい特権だ」と述べました。

続きを読む

「安倍政権は許さん!」 ブックレットの普及を

 「この度安倍政権の本質と危険性を多くの国民の方に伝えるため、議員連盟「立憲フォーラム」と協力してブックレットをつくりました。各地の憲法学習会などでご活用ください」と、東部法律事務所からご案内がきました。 第1章 憲法と立憲主義 第2章 安倍政権と立憲主義 第3章 9条に自衛隊の存在を明記する改憲案の本質と危険性 第4章 自民党が提起する9条以外の改憲案 第5章 総選挙後の投票状況  2017年11月下旬発行 A5版36ページ ■100円(送料別途 ただし10部以上は送料無料) 【注】「[解説]安倍政権は許さん!」ブックレットは、当事務所の弁護士全員が加入している自由法曹団を含めた改憲問題対策法律家6団体連絡会(当事務所の大江京子弁護士が事務局長)が、改憲に反対する国会議員の会であるフォーラムと協力して作成したものです。 <申し込み先> 東京東部法律事務所  FAX03-3634-5315

続きを読む

「総選挙の経験から学ぶ会」 江東市民連合

 来る12月22日(金)、市民と野党の共闘で安倍自民党に勝利した「選挙区の経験を聞く会」が開かれる。講師は鈴木国夫さん(市民連合めぐろせたがや共同代表)。場所は西大島・総合区民センター。 ◆日 時:2017年12月22日(金)              午後6:00~8:30 ◆会 場:総合区民センター7階 第5会議室 ◆講 師:鈴木国夫さん  (市民連合 めぐろせたがや共同代表)  総選挙での野党共闘のドラマチックな展開を覚えていますか。  安倍首相が衆議院を解散。希望の党に民進党が合流を決定。市民連合と共産党、社民党などは”希望の党は安保法制と9条改憲を容認、自民党を助ける勢力”とこれを批判、野党共闘をあきらめず追求。こうしたなか立憲民主党が生まれ、共産党は共闘勢力一本化のため67小選挙区で予定候補を降ろすなど、立憲野党と市民の共闘再構築! 結果、立憲3野党全体で前進。この過程で江東区にも市民連合が生まれる。  「市民連合めぐろ・せたがや」の鈴木国夫さんが、どのような経過で候補者を一本化と6区・落合貴之さん勝利、5区・手塚仁雄さんの比例復活当選を勝ち取ったのか? そこに至るまでどんな困難を乗り越えてきたのか? 当選議員との今後の関係は? などをお話します。  政治を変える力は共闘にこそありーー師走のお忙しいなかとは思いますが、万障繰り合わせのうえ、ご参加ください。 <主催>市民と政治をつなぐ江東市民連合         共同代表 右崎正博、宇都宮健児、古今…

続きを読む

憲法9条を守る学習講演会

 総選挙後の衆議院は改憲勢力が8割を占めることになり、安倍首相は9条改憲への動きを強めています。自民党の憲法改正推進本部は改憲案を年内にまとめて、来年の通常国会で発議する予定です。     改憲発議をさせない運動を! ◆日 時:2017年12月18日(月)       2時~4時 ◆場 所:エデュカス東京 7F 大会議室 ◆講 演:「改憲を発議させない運動を!」 ◆講 師:中野晃一 上智大教授        (市民連合呼びかけ人) ◆飼料代:800円 (当日券 1000円)  改憲勢力が発議に必要な多数となった今、草の根からの市民運動の発展が不可決です。3000万署名をはじめ、9条改憲反対の世論を急速に広げなければなりません。市民連合の呼びかけ人として、立憲主義を守り、安保法制、共謀罪法などに反対する運動に携わってきた中野晃一さんの公園に学び、運動を広げていきましょう。

続きを読む

商社九条の会講演会 中野晃一教授

 商社の労働者らでつくる「商社九条の会・東京」は9日、第41回目の企画として「講演と朗読のつどい」を東京都千代田区で開きました。(しんぶん「赤旗」10日付)       政権は「手負いの獣」  上智大学の中野晃一教授が「安倍政権を阻止するために~私たちは何をなすべきか」と題して講演。会場いっぱいの約250人が参加しました。  中野氏は「安倍政権は終に近づいている」としながらも、「手負いの獣」のように追い詰められ、ますます危険な政治をつくりだしていると指摘しました。  安保法制をめぐり、SEALDEs(シールズ=自由と民主主義のための学生緊急行動)や総がかり行動などがつくりだした「新しい市民運動」が、その後の野党共闘を後押ししたと強調。安倍政権が狙う改憲を阻止するには「立憲主義を守ることを目的とした共通軸で、野党共闘が必須である」「改憲の機運を安倍政権と一緒にほうむり去ろう」と話しました。  劇団民芸の前田真理衣さんは、吉原公一郎原作の「野火燃ゆる=ひめゆりの少女」を朗読し、当時の沖縄戦で国際法上禁止されていたガス弾が使用されていた事を語りました。

続きを読む

安倍9条改憲を許すな 9・16講演会

 憲法施行70年の憲法記念日に、安倍首相は9条に自衛隊を明記する改悪案を国会で発議し、国民投票をへて2020年までに施行すると言い出し、自民党で急ピッチの議論がされています。  主権者である国民が選挙で改憲を求めたことは一度もないのに、憲法を尊重擁護すべき首相や国会議員が改憲に走っています。立憲主義を破壊する異常な姿ではないでしょうか。  自衛隊を憲法に書き込むと9条はどう変ってしまうのか。そのねらいは何か。安倍改憲の問題点と運動の展望など、あらためてご一緒に学びませんか。「安倍政権下の憲法改悪反対」の一点での運動を広げる力にしたい、と願っています。ぜひご参加ください。まわりの皆様にお誘いの声をかけてください。

続きを読む

「九条の会」が新ポスター

 「九条の会」は、安倍晋三首相の自衛隊明記の9条改憲を阻止する運動で活用できる新しいポスターを作製しました。(しんぶん「赤旗」8月29日付)  販売価格は、1枚100円です。10枚以上、30枚以上、50枚以上購入する場合は、それぞれ割引があります。購入を希望される方は「九条の会」事務局へ。  FAX03(3221)5076  メール mail@9jyounokai.jp    安倍9条改憲を止めよう!                                     全国交流集会   日時:2017年10月8日(日)午後  場所:文京区民センター

続きを読む

「憲法施行70年」 9条の会が記者会見

 護憲派の市民団体「九条の会」は27日、東京都内で記者会見し、日本国憲法施行70年に合わせた声明を発表した。(東京新聞ー4月28日付)      歴史に逆行9条守られてない    「安倍政権は戦争法(安全保障関連法)制定を強行し、改憲提案を明言するなど歴史逆行くの暴走をエスカエートさせ、戦争と武力衝突の危険を拡大している」と訴えた。  会の呼びかけ人の作家沢地久枝さん(86)は「戦地にとられた夫や家族の復員を、焼け野原で待っていた人々の気持ちを反映したのが今の憲法」と述懐。「その憲法が今問われ、(戦争放棄の)九条は守られていない。(シリア攻撃や北朝鮮への軍事的圧力で)トランプ米大統領を首相が電話一本で勝手に支持するのは許されない」と語った。  会の世話人の愛敬浩二名古屋大教授(50)=憲法学=は「九条が改憲されれば、国際社会が目指してきた到達点である、武力行使禁止の原則を弱めていく立場に加担する。日本が野蛮な国にならないための正念場だ」と主張した。

続きを読む

施行70年 日本国憲法 5・3憲法集会

 今年は憲法施行から70年(1947~2017)になります。憲法改悪の足音が迫るなか、決意新たに「憲法を守る大集会」を江東区有明の東京臨海防災公園で開かれます。昨年に引き続き平和と命を守る血気あふれる場にしましょう。        5・3憲法大集会 ■と き:2017年5月3日(水・祝)       憲法記念日 ■ところ:有明・東京臨海防災公園 ■ぷろぐらむ:(11:30~イベント広場 12:00~プレ。コンサート 13:00~スピーチ 14:30~クロージング・コンサート パレードあり)  会場 案内図   ●多彩な各界のみなさんがお話しします。

続きを読む

施行 70年 いいね!日本国憲法

 今年施行70年になる日本国憲法。5月3日、憲法を守り、生かす大集会が江東区有明の東京臨海防災公園で開かれます。スローガンは、平和といのちと人権を!「5.3憲法集会」です。 ■私たちがめざすこと ・日本国憲法を守り生かし、不戦と民主主義の心豊かな社会をめざす。 ・二度と戦争の惨禍を繰り返さないという誓いを胸に、戦争法の廃止をめざす。 ・沖縄県民と思いをともにし、辺野古新基地建設の撤回を求める。 ・被災者の思いに寄りそい、原発のない社会をめざす。 ・人間の平等を基本に、貧困のない社会をめざす。 ・人間の尊厳をかかげ、差別のない社会をめざす。 ・くらしの基盤をこわすTPPに反対する。 ・これらを実現するために行動し、安倍政権の暴走にストップをかける。 <連絡先>実行委員会:03-3221-4668

続きを読む

「憲法守る意義議論」 九条の会が集会

 「九条の会」は25日に第6回全国交流集会を開きます。参院選の結果を受け、安倍内閣と自民党は、衆参両院に設置された憲法審査会で明文改憲への動きを強めようとしています。  また、昨年9月に強行した安保法制=戦争法にもとづき、南スーダンPKO(国連平和維持活動)に派遣される自衛隊への「駆け付け警護」などの新任務付与をはじめ、その発動に動き出そうとしています。  憲法9条の重大局面にあたり、9条を守ることの意義について議論し、各地の活動を交流します。また、「九条の会」の体制強化のための世話人会(仮称)設置とメンバー紹介も予定しています。(しんぶん「赤旗」15日付) ■日 時:9月25日(日)午前11時~午後4時 ■会 場:明治大学駿河台キャンパス        リバティー・タワー1階 【問い合わせ】 九条の会事務局         TEL ;03-3221-5075         FAX 03-3221-5076 Eメール http://www.9-jo.jp/   

続きを読む

首相の改憲主張に 九条の会抗議会見

憲法九条をめぐり安倍晋三首相が国会答弁で改憲に言及したことを受け、護憲派の市民団体「九条の会」は8日、東京・永田町の参院議員会館で、発言に抗議する記者会見を開いた。(東京新聞・2月9日付)  会の呼びかけ人の作家、沢地久枝さんは「安倍政権は人を殺し、殺される交戦権を認めようとしている。命懸けで反対しないと、戦争できる国になってしまう」と訴えた。  安倍首相は3日の衆院予算委員会で「憲法学者の七割が自衛隊に違憲の恐れがあると判断している」と指摘し、改憲の必要性を訴えた。これに対し、会のメンバーで、昨年7月の安全保障関連法の公聴会で「自衛隊は違憲」と述べた小沢隆一・東京慈恵医科大教授は「(私たちの意見を)逆さまの意味で自分たちの主張に合わせるやり方に怒りを感じる」と批判した。  渡辺治・一橋大名誉教授は「明文改憲を言い出したのは、安保法を強行採決したが実際に自衛隊を海外に出動させる際、九条が障害になるからだ。九条を壊さないと安倍首相が考える国にならないからだ」と指摘した。(記者会見した9条の会メンバー)

続きを読む

「憲法学習の集い」 池田香代子 江東区

日本国憲法公布70年を迎えるにあたって江東区の「戦争法の廃止を求める砂町の会」が池田加代子さんを招いて3回目の「憲法学習の集い」を開きます。演題は「日本国憲法のどこがすぐれているのか」。多数の方のご参集を呼びかけています。 ◆日 時:1月23日(土)午後2時~4時 ◆会 場:江東区南砂区民館4階ホール       地下鉄 東西線南砂町駅徒歩5分 ◆講 師:池田香代子さん (ドイツ文学者、翻訳家) ◆参加費:300円  *ナチスドイツが憲法を破壊した歴史と対比して安倍政権を批判、平和憲法の世界的値打ちを語ります。著書に『世界がもし100人の村だったら』、『新・戦争のつくりかた』、『憲法9条は私たちの安全保障です』(共著)、『やさしいことばで日本国憲法』など。   <主催>戦争法の廃止を求める砂町の会         03-6617-3805 岡田        E・mail sunmachinokai@yahoo.co.kp

続きを読む

戦争法案ぶっ潰せ 江東行動大集会

「あの東京大空襲の焦土の中からよみがえり、平和都市宣言をした江東区民だからこそ『戦争法案』に強く反対します」の旗高く掲げ、来る7月18日(土)、江東区で大集会とデモを行います。以下お知らせです。  いま、国会で安全保障立法と称される「戦争法案」が審議されています。日本のあり方が問われる重要な問題です。自衛隊員が戦場で人を殺し殺されるだけでなく、将来は自分や子どもや孫も戦場に行くことになるかもしれません。江東区は東京大空襲に遭い多大な被害を出しました戦争の悲惨さを繰り返さないために江東区は平和都市宣言を行っています。わたしたち区民一人ひとりが自分のこととして声をあげることが大切です。ぜひ江東大集会にご参加ください。 ■と き:7月18日(土)午後1:30-午後4:30 ■ところ:江東文化センター 3Fレクホール ■講 演:宇都宮健児さん ●資料代:500円  <連絡先>TEL:03-3644-6015

続きを読む