日米安保「破棄だ!」 歴史理解せず

 米通信社が、トランプ米大統領が私的会話で、「不平等な日米安保条約は破棄」「米軍基地の移設は米国からの土地の収奪」などと語ったと伝えた。(東京新聞ー「こちら特報部」-6月27日付)  日米両政府は「報道にあるような話は全くない」(菅義偉官房長官)などと、トランプ氏流の無軌道発言のたぐいとして火消しに躍起だが、これまでの同氏の過激な政治行動からすれば、本音が出たとみてもおかしくない。発言の真意を考えてみた。(片山夏子、榊原崇仁) ■デスクメモ   バブル経済期には、地上げ屋とセットで「占有屋」というのが問題になった。勝手に人の家に入り込んで「俺はここの土地を管理している、出て行ってほしいならカネを出せ」という出口。もちろん暴力の影をちらつかせつつ、だトランプ氏発言を知り、そんな商売を思い出した。(歩) 2019・6・27

続きを読む

「片山夏子さん」 関連ブログ 一覧

 東京新聞・社会部の片山夏子記者に取材を受けたのは、2017年の8月1日、15日のこと。ねらいは私が同紙に投稿した「平和の俳句」に係わる「戦争反対の」思いだった。義理固い昭和ひとけた生まれの僕。以後連続して同記者関連の記事を取り上げ続けた。これまでのUP数は170、アクセス数は6332になった。      <アクセス数 ベスト12> ①477 トカラ列島 宝島ルポ ②268 戦後72年目に思う 8・15 ③243 五輪「金」佐藤綾の選手 ④238 牛久シャトーのめない 「閉鎖」 ⑤158 TBS 「この世界の片隅に」 ⑦ 94 「福島を忘れていないか」 ⑧ 93 北海道地震で質問 セイコーマート ⑨ 85 中学道徳教科書に「漫画」多く ⑩ 84 これから続々建設 福島第一原発 ⑪ 66 終戦の日 私も北朝鮮にいた ⑫ 65 「特攻の兄思う」 永井至正   https://38300902.at.webry.info/theme/fdd9198b3d.html

続きを読む

「非正規」使うな厚労省が指示? 格差隠し

 「非正規労働者」という用語を使わないよう根本匠厚生労働相から求められていると、同省職員が発言した問題。老後に2000万円の蓄えが必要とした金融庁の審議会報告書に関する論議の中でだが、言い替えで労働者の境遇が改善されるわけでもない。同審議会の報告書受け取り拒否のように、問題をなかったことにする姿勢では、と専門家は指摘する。(東京新聞ー片山夏子)

続きを読む

老後「年金では不足」 投信で2000万円!

 金融庁がまとめた、「年金だけでは老後に2000万円足りない」という報告書。よく読むと、その核心部分とは「足らない分は投資などで増やせ」という国民へのありがたいアドバイスのようだ。(東京新聞ー「こちら特報部」)  いわば証券会社や銀行の投資勧誘パンフレットを国が作ったようなものだが、投資に縁遠い多くの国民にとっては困惑でしかない。国はなぜ「貯蓄から投資へ」声高に叫ぶのか。投資以外に2000万円の不足に備える手はないのか。(片山夏子、石井紀代美) ■デスクメモ   「株などへの投資はギャンブルじゃない。社会にとって重要な経済活動だ」と正当性を強調する人がいる。自分が損することがあっても社会貢献したいというわけだ。残念ながら、たとえ国や禁輸業界からあおられるようと、多くの人には、そんな貢献をする余裕がないのだが。(歩) 2019・6・18 ■永井至正メモ   この問題の本質は、「年金だけでは暮らしていけない国民が間違いなく増える」 ということ。マクロ経済スライドは廃止して年金を底上げすることでしょう。そのためには、将来的に「最低保障年金制度」を制定すべき。なお、下チラシは2004年、政府が「年金改悪」を衆院で強行採決したときに私が作成したもの。

続きを読む

ウナギ代替品 根付く? 稚魚漁獲 過去最低

 夏に向けて今年もウナギ商戦が本格化している。ニホンウナギの稚魚シラスウナギは、今年の国内漁獲量が過去最低となった。絶滅危惧種に指定され、不透明な取引があるなど問題山積だが、ウナギ好きの日本人の消費は衰えない。次々代替品が生まれているが、救済になるか。(東京新聞ー片山夏子) ■永井メモ  鰻(うなぎ)は高価なのでここ10年来食べたことがない。小生にとってはサバ、イワシ缶で十分。

続きを読む

公文書 なかったことに? 「老後赤字」で自民党

 「老後の蓄えに2000万円必要」と金融庁の審議会がまとめた報告書を、自民党の森山裕国対委員長が「もうない」と繰り返している。(東京新聞・6月14日付ー「こちら特報部)  そして「ないから、審議になじまない」という理屈で雇うが求める予算委員会の開催を拒否した。しかし、報告書は公文書。内容が気にくわなくても、なかったことにはできない。こんな強弁は許されない。(石井紀代美、片山夏子) ■デスクメモ   給与明細を見る。所得税、住民税と並んで厚生年金がずしっと重い。こんなに引かれていても、本当にもらえるのか。50を過ぎても心配だ。若い人ならいっそう不安だろう。報告書をないことにしても、年金は百年安心にならない。この際だから、しっかり議論してもらいたい。(裕) 2019・6・14 ■永井至正ファイルメモ①   2004年6月、自民・公明両党は年金に「マクロ経済スライド制」を導入。5日、僕は抗議のため議員会館にいた。モニターを見ながら参議院での強行採決するさまに反対の拳を突き上げていた。ところが、こともあろうに次の総選挙で、公明党は「年金・100年の安心」を推進したのは「公明党です」と大宣伝した。今、メデイア、野党は「2000万円問題」の元凶(?)は公明党と、一切触れないのは不思議でならない。当時の小泉首相は「坂口さん(当時の厚生相)にはお世話になっているからなー」と言ったという。 ②フアイル ③フアイル

続きを読む

男性の暴言と窓口対応 佐賀県嬉野市

 「市への質問は文書に限る」。佐賀県嬉野市は3月、こんな文書を一人の市民に贈った。長年にわたる暴言などを理由に、この市民に対する窓口対応の一部を拒否する内容だ。受け取った側は猛反発。「行政サービスを受ける権利を侵害された」と法廷へ訴え出る構えだ。事情はあろうが、窓口対応を拒否してもいいのか(東京新聞・「ニュースの追跡」-片山夏子) 【追記】とかく、どこの役所でも窓口は突っけんどん。いわゆる役所言葉で応対、たらいまわしにするのが通例だがこれは逆。だったら来庁者の対応が常軌を逸したら、警備員を置いて応対してもらえばいい。

続きを読む

「引きこもり」は犯罪予備軍ではない 東京新聞

 川崎・登戸の20人殺傷事件、東京・練馬の元農林事務次官による長男殺害事件。二つの事件に共通するキーワードが「引きこもり」だ。(東京新聞・6月6日付「こちら特報部」)  事件の衝撃の大きさからか、引きこもりは「犯罪予備軍」で警戒すべき存在だとする論調がテレビのコメンテーターやネット上にあふれる。しかし、それはほんとうか。「こちら特報部」が集計したデータからも、実際に引きこもり当事者を支援する関係者の証言からも、否定する材料がそろった。(石井紀代美、片山夏子) ■デスクメモ   練馬の事件で、長男を視察した元農水次官に対し「製造者責任を取った」とたたえる声がある。出来損ないの子は社会の害悪となる前に親が殺せ、というわけだ。小子化対策で子どもをどんどん産めとうるさい政治家の皆さん、こんな恐ろしい釈迦で「どんどん産め」なんて無理です。(歩) 2019・6・6

続きを読む

東電「知らぬ存ぜぬ」 福島第一過労死訴訟

 2017年10月に東京電力福島第一原発構内で、長時間労働による過労死と労災認定された福島県いわき市の自動車整備士猪狩忠昭さん=当時(57)。遺族らが起こした損害賠償の訴訟では、東電など被告側3社は、過労死に至状況について、「知らぬ存ぜぬ」とばかりに争う姿勢だ。詩の真相の究明を求める訴えは届くのか。(東京新聞・6月2日付ー「ニュースの追跡」 片山夏子)

続きを読む

「うまみがなくなってきた」 ふくしま作業員日誌

 ブランド店や老舗デパートが立ち並ぶ東京・銀座の工事現場から、イチエフ(福島第一原発)の仕事に入るとギャップがすごい。今は野球の助っ人選手のように、呼ばれた時だけイチエフに行き、他の現場の仕事と行ったり来たりしている。  以前に比べ、イチエフで働くうまみがなくなってきた。事故発生直後は敷地全体が高線量だったため、一日に働ける時間が短いうえ、危険手当もそれなりに出た。だが、今は作業時間が前より長くなったのに加え、危険手当も下がってきている。(以下略ー聞き手・片山夏子)

続きを読む

ふるさと納税 混乱やまず 東京新聞

 商品券、高級肉、航空券・・・。寄付してくれた人に自治体が贈る「返礼品」が過熱していたふるさと納税。総務省に従わず、豪華な返礼品を続けていた4市町村がこの制度から外される自体になった。自治体制は反発するが、「どっちもどっち」という見方も、そもそも制度に問題があるのではないか。(「ニュースの追跡」ー片山夏子)

続きを読む

ふくしま作業員日誌  東京新聞 「話題の発掘」

 久し振り(4月6日以来)に東京新聞に社会部・片山夏子記者の署名入りの記事が載った。移動人事で他に移籍していたのかと思っていたが、安堵。聞き手として、あの大震災から福島の原発作業員の生き様をひたむきに追っていたシリーズ記事「ふくしま作業員日誌」がリアライズした。

続きを読む

ふくしま作業員日誌 東京新聞

 これまで聞き手が片山夏子記者の「ふくしま作業員日誌」を欠かさず拝見してきた。今回は40歳男性。過酷で危険な原発復旧作業のなかで勇気を鼓舞(?)するためか、バックに勢いの良い曲が流される。それも元請が代わると違う曲になるという。今回は「さらば地球よ 旅立つ船は」。そう「宇宙戦艦大和」だ。

続きを読む

カワウソ 人気急上昇の裏で 東京新聞

 カワウソ、中でもコツメカワウソが大人気だ。各地でカワウソと触れ合えるカフェが開店し、動物園や水族館も人気を競うカワウソ総選挙で熱をあおる。ただ、その裏で密輸が急増。国内での取引は野放しになっている。絶滅の恐れもある野生生物。「カワイイ」と喜んでいるだけでいいのか。(「ことら特報部」-中沢佳子、片山夏子) ■デスクメモ   妖怪のカッパ。そのモデルはニホンカワウソとも言われている。昔は日本人になじみの深い生物で、化けたり、人をだましたり、いたずらしたりするともいい伝えられていた。それが乱獲や環境破壊で、絶滅した。コツメカワウソで同じ失敗をしては、さすがに恥ずかしい。(裕) 2019・3・29 【追記】「こちら特報部」のテーマの多彩なこと、驚くべき。しかもその一つ一つが時世の流れを的確に捉え、進むべき方向を示しているのにいつも感嘆している。

続きを読む

ジュゴンの死骸漂着 辺野古 工事の影響は?

 沖縄本島周辺に生息しているジュゴン三頭のうち一頭とみられる死骸が、沖縄県今帰仁村(なきじんそん)の漁港沖の堤防に漂着した。ジュゴンは国の天然記念物で絶滅危惧種。(東京新聞・3月20日付ー「ニュースの追跡」)  昨夏、同県は辺野古新基地建設の埋め立て工事承認の撤回を求めたが、その根拠の一つとして、ジュゴンの環境保全対策に問題があることを挙げていた。他の二頭も最近、姿が見えなくなっており、絶滅を懸念する環境保護団体から、工事の即時中止を求める声が相次いでいる。(片山夏子)

続きを読む

著作権切れ所蔵品 利用遅れる美術館

 著作権が切れ「パブリック・ドメイン(社会の共有財産、PD)」となった美術品の画像を無料でダウンロードできるサービスが、一部の美術館で始まった。好きな作品を拡大して見たり、グッズ製作に二次利用したりと、使い方は自由。欧米では既に広がっているが、日本ではなぜ進まないのか。(東京新聞・3月15日付ー「ニュースの追跡」 片山夏子)

続きを読む

ふくしま作業員日誌 35歳男性

 「この前までいた福島の現場で、地元の20代の若い衆と仕事をした。彼らは原発事故の時に中高校生で、当時の様子はテレビで見たと話していた」・・・。聞き手が片山夏子記者の「ふくしま作業員日誌」が今朝の東京新聞に久し振りに登場した。8年前の事故当時のことがよみがえる。      世代交代を実感    (前略)事故当初のことを話す人はみんな顔が真剣になる」と地元の若い衆に言われた。自分は被ばく線量でイチエフ(福島第一原発の愛称9に入れないけど、福島のために働きたいという気持ちは変わらない。そして、イチエフの作業を彼らが引き継いでいく。こうやって少しづつ世代交代していくんだと思った。  

続きを読む

「全固体電池」とは? サンプル出荷開始

 夢の次世代電池といわれる「全固体電池」の実用化がいよいよ始まる。まずは電子機器の基板などに実装されるという。将来は電気自動車などの幅広い活用が期待されるというが、将来の電池とどう違い、なぜこれほど産業界の期待を集めているのか。(東京新聞・3月14日ー「ニュースの追跡」 片山夏子)

続きを読む

沖縄の「グルクン」水揚げ 最盛期の1/340

沖縄県の県魚「グルクン」。県民はもちろん観光客にも人気で、沖縄の食卓には欠かせない。このグルクンが今、沖縄で漁獲量が激減している。スーパーや居酒屋に並ぶのは、県外産や輸入物ばかり。なぜ県産の県魚が消えたのか。(東京新聞・「こちら特報部」-片山夏子) ■デスクメモ   テニスの錦織圭選手が「食べたい」と言い、広く知られた高級魚「ノドグロ」。金沢市のうまい物として知られるが、地元産よりむしろ山陰産、九州産が目立つ。最近は輸入物も増えている。そんなことを考えると、金沢へ行っても注文に二の足を踏む。まあ、おいしけれど。(裕)2019・3・10 【注】グルクンは沖縄の方言名。和名「タカサゴ」の仲間の総称。食用として店頭に並ぶグルクンの体は赤い。から揚げ、塩焼き、刺身などで食べる。

続きを読む

東京大空襲74年 遺族会が犠牲者名一部公表

 10万人が亡くなった東京大空襲から10日で74年。東京空襲犠牲者遺族会が先月中旬の会報で、これまで収集してきた犠牲者名の一部、約200人分の「名簿」を公表した。(東京新聞・3月8日付「こちら特報部」)  東京空襲を巡っては都が8万人余の犠牲者名簿を収集、遺族会は慰霊や犠牲者の掘り起こしにつながるとして公開を求めているが、都は認めていない。会報掲載に応じた遺族らの思いを聞いた。(片山夏子、安藤恭子) ■デスクメモ   東京空襲犠牲者遺族会は死者約6千6百人の性別、年齢も分析している。壮年層は徴兵の影響で男性より女性がが多い。最も多い年齢層は「十歳以下」で、次が「二十歳以下」。学童疎開した世代は少ないが、親を失って孤児になった人も多いはずだ。被害は非戦闘員に集中していた。(本) 2019・3・8 【注】東京空襲犠牲者遺族会は9日午後1時から、台東区の浅草公会堂で開かれるトークイベント「空襲死社の行方」で、会報で公表した205人分の名簿を配る予定。

続きを読む

カジノ誘致で大阪府・市 高3への啓発チラシ 物議

 カジノを含む統合型リゾート施設(I R)の誘致に取り組む大阪府と大阪市の共同部局が作成し、府内の高校3年生にに配ったリーフレット(チラシ)が物議を醸している。(東京新聞・3月6日付ー「ニュースの追跡」)  ギャンブル依存への注意を促す一方、「ギャンブルとの付き合い方」を説いている。カジノ誘致を進める側の本音が透けて見える。(片山夏子)    行政 もうけ優先 依存症と同じ構造   (前略)NPO法人「ギャンブル依存ファミリーセンター ホープヒル」(横浜市)の町田政明代表は、「依存症対策をするぐらいなら、ギャンブルもカジノもない方がいい。カジノ誘致を進める政治家も大阪も経済効果ばかりをいい、カジノという毒をばらまく。カジノを進める国も大阪も、もうけや娯楽、快楽ばかりを考えて、からめ捕られていくギャンブル依存者と同じだ」と批判した。

続きを読む

馬毛島 防衛庁 説明拒否を乱発

 米空母艦載機の陸上空母離着陸訓練(FCLP)候補地として、日本政府が百六十億円で買収を検討しているとされる馬毛島(まけじま)(鹿児島県西之表市)。森林法違反の疑いがある開発が行われていることが地元で指摘されてきたが、防衛庁は「交渉中」を理由に認めていない。(東京新聞ー「こちら特報部」)  議論の前提の事実すら明かさない姿勢は、沖縄の新基地建設問題などでも顕著だ。説明責任を軽視する体質は、どこから生じるのか。(中山岳、片山夏子) ■デスクメモ     百六十億円の買い物をするが、具体的には言えない・・・。民間企業では、まず認められない論理だ。株主への説明を求められるし、損害につながりかねない情報を伏せれば、そお責任も問われる。国の事業の場合、お金の出所は税金。さらに説明責任があるはずなのに、なぜ逆?(本) 2019・3・2

続きを読む

次の米朝首脳会談 オススメ開催地

 二回目の米朝首脳会議が27日、ベトナムの首都ハノイで始まった、とはいえ「非核化」への道はのりはまだ長く、この先も首脳会談が必要になるかもしれない。(東京新聞2月28日付「こちら特報部」)  厳しい交渉ごとでは、時に会談場所から駆け引きが始まる。トランプ米大統領と金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長。どこで話し合えば良い結果が得られるか。各界の識者に提案してもらった。(皆川剛、片山夏子) ■デスクメモ   ディア・ハンター、地獄の黙示録、フルメタル・ジャケット・・・。戦争映画で描かれるベトナムは、死と狂気の国だった。今、テレビに映るハノイでは、南国の強い日差しが町を照らしている。そこで両首脳が話し合う。歴史が変わるかも知れないのに、期待が高まらない。なぜだろう。(裕)2019・2・28 【注】近所の子どもに聞かれて困った。「北朝鮮の核は悪くて、アメリカの核はいいの!どうして?」。僕「・・・・・・・」。

続きを読む

テロ頻発地域 「今後、部隊派遣」 懸念

エジプト・シナイ半島でイスラエル、エジプト軍の停戦を監視する「多国籍軍・監視団」(MFO)。政府は今、そこに陸上自衛隊を派遣することを検討している。(東京新聞2月26付・「こちら特報部」)  数人の司令部要員とされるが、実現すれば、安全保障関連法に盛り込まれた「国際連携平和安全活動」の第一号となる。国連の平和維持活動(PKO)に続き、海外派兵の道を広げる動きにもっかわらず、議論が低調なままで準備が進んでいる。(榊原崇仁、片山夏子) ■デスクメモ   掃海艇派遣のころ、「アリの一穴」という言葉がよく使われた。その後の海外派兵の歴史を見れば、堤防に開けられた小さな穴が大きく広げられていることは明らかだ。さらに中立性が損なわれたら、自衛隊はどう見られることか。また一線を越えてしまう気がしてならない。(本) 2019・2・26

続きを読む

アイヌ支援法案 「先住民族」明記は前進だが

 政府が今国会に提出しているアイヌ民族を支援する新法案。法律で初めてアイヌを「先住民族」と明記し、文化振興や観光のための交付金制度も設けられた。一方、差別の禁止は禁止されたものの、それを保障する生活改善に関する権利はほとんど盛り込まれていない。(東京新聞2月22付「ニュ-スの追跡」ー片山夏子)  (前略)アイヌ民族初も国会議員菅野茂さん(06年死去)の字なんで、菅野茂二風谷アイヌ資料館の菅野志朗館長は「政府が取ってきたアイヌ民族政策への総括が必要だ。先住民族として権利実現を求めた場合、土地や自治権、アイヌ語を使用する権利を求めることになる。政府は根本的な権利回復は認めたくないので、交付金制度で自治体に施策を丸投げした状態といえる。国連だ採択された『世界の先住民族権利宣言』のないように沿った権利回復をすべきだ」と訴える。

続きを読む

著作権法改正 違法ダウンロード対象拡大

 インターネット上で公開されている著作物について海賊版と知りながらダウンロードする行為を全面的に違法とする著作権法改正案が今国会提出される。従来、対象は音楽と映像だけだったが、漫画やゲーム、写真、小説まで拡大する。(東京新聞2月20日付ー「こちら特報部」)  コピー&ペーストした歌詞や、画像のスクリーンショット(スクショ)を保管する行為も違法となる。之に対し、ネット利用が萎縮するといった指摘のほか、「犯罪捜査の口実に使われかねない」といった懸念の声が広がっている。(片山夏子、中山岳) ■デスクメモ   ネット上には、明らかに著作権者の許可を得てなさそうな著作物があふれている。ついダウンロードしてしまう人も少なくないと思う。そして刑事罰の線引きを決めるのは司法の側。仮に誤ってダウンロードしたとしても、そんないい訳が警察の厳しい取調べに通用するだろうか。(典) 2019・2・20

続きを読む

片山夏子記者 関連ブログ 一覧

 東京新聞社会部記者の片山夏子記者関連ブログ。2019年1月末のアクセス数一覧をご紹介。スタートしたのが一昨年の8月15日。トータルで5375になりました。なお件数は146。       <アクセス数 ベスト12> ①475 トカラ列島 宝島ルポ ②266 戦後72年目に思う 8・15 ③232 牛久シャトーのめない 「閉鎖」 ④170 五輪「金」佐藤綾乃選手 ⑤156 TBS「この世界の片隅に」 ⑥ 86 「福島を忘れていないか」 ⑦ 72 北海道地震で質問 セイコーマート ⑧ 67 片山夏子記者関連ブログ 100件 ⑨ 66 中学道徳教科書に「漫画」多く ⑩ 64 終戦の日 私も北朝鮮にいた ⑪ 63 「特攻の兄」思う 永井至正 ⑫ 60 東京新聞ブログ紹介 反響大 【追記】トップの「トカラ列島」は18年2月17日朝早くアップしたところ、昼までに200を超えた。 ■片山夏子関連アドレス https://38300902.at.webry.info/theme/fdd9198b3d.html

続きを読む

根本的議論なく受け入れ「拙速」 改正入管法

 外国人労働者の受け入れを拡大する改正入管難民法の施行が4月に迫る中、制度の具体的な中身を定める政省令案に対するパブリックコメント(違憲公募)が26日で締め切られる。国会論戦は受け入れを前提にした準備に傾いているが、支援者らには人権の保障など根本的な再検討を求める意見が目立っている。(東京新聞・「ニュースの追跡」-片山夏子)

続きを読む

沖縄「宮古新報」廃刊の危機 

 沖縄県宮古島市の日刊紙「宮古新報」。公称1万2千部の小さな地方紙だが、いま発行継続の危機に直面している。同社の社長が今月9日、労働組合に「10日の業務をもって会社清算」と通告。(東京新聞「こちら特報部」)  社員たちはこの通告を拒否し、自主的に発行を続けている。国内のみならず、世界的に新聞社の経営が難しくなる中、島の新聞を残そうと奮闘する社員たち。何が彼らの背中を押しているのか。(片山夏子) ■デスクメモ   30年も前のこと。駆け出しの支局は三重県の尾鷲市だった。人口はすでに3万人を割っていたが、そこに南海日日と紀勢新聞という日刊紙が二紙あった。論調はときに対立しつつ、それゆえ地域の民主主義を支えていた。宮古新報の役割も同じだろう。新聞の灯を消しては成らない(牧) 2019・1・24

続きを読む

受験生はトイレ対策も 「再入室禁止」

   トイレで試験会場から離れた場合、再入室できない決まりに、問題はない。こんな判決が東京地裁であった。訴えた男性は、日商簿記の一級検定に挑戦。努力が水に流れてしまった。19日から大学入試センター試験が始まるなど、今はまさに試験シーズン。多くの試験は再入場できるとはいえ、受験生はトイレにわずらわされず集中したいはず。その対策を探った。(東京新聞・「ニュースの追跡」ー片山夏子)  (前略)泌尿器科専門医で、女性医療クリニックLUNAグループの関口由紀理事長は、「ぼうこうには1分間で約1ccの尿がたまる。150~200ccぐらいで尿意を覚えるが、ぼうこうは伸縮する。我慢すれば400~500ccまでためられるし、そこまでは大丈夫。尿意を意識せず無理にでも試験に集中すること。お尻の報に力を入れると、ぼうこうがリラックスし尿意が落ちる効果がある」とかたった。

続きを読む