12月8日に「万歳」と叫んだ 『東京新聞・筆洗』

その朝の授業は鬼のあだなで畏怖された教授の英語だった。その朝とは1941(昭和16)年12月8日、日米開戦の日だという▼開戦の臨時ニュースが校内に伝えられた。教授は廊下に飛び出し、[万歳」と叫んだそうだ。当時の学生が書き残している▼作家、半藤一利さんの「12月8日と8月15日」にあったが、とりわけ珍しい話ではなかろう。<やみがたくたちあがりたる戦(たたかい)を利己妄慢(ぼうまん)の国国よ見よ>斎藤茂吉。長く続く米英との緊張。当時の国民はうっとうしさや閉塞感の中にあり、真珠湾攻撃はその暗雲を吹き飛ばすかのように受止められた。「利己妄慢」の米英という大国に挑む痛快さもあったという。茂吉もそうだったのだろう▼11年後の52年に建立された、広島の原爆死没者慰霊碑。碑文は<安らかに眠って下さい 過ちは繰り返しませぬから>である。その言葉を考案したのは12月8日に「万歳」を叫んだあの教授だそうだ▼歴史の皮肉を書きたいわけではない。教授の名は当時広島大学教授の雑賀忠義さんとおっしゃる。この人も被爆している▼あの日、今から考えれば、勝てるはずもない日米の開戦に国民の大半が高揚した。記憶にとどめなければならぬ戦争の過ち。それは軍や政府によるものだが、感情に任せたわれわれの側の「万歳」をそこから除く理由もまた見当たらぬ。繰り返すまい。(2020・12・8)

続きを読む

井上ひさしさん 没後10年 『赤旗・潮流』

「むずかしいことをやさしく/やさしいことをふかく/ふかいことをゆかいに/ゆかいなことをまじめに/書くこと」▼記者として心がけていることは、小説家で劇作家の井上ひさし氏の言葉です。氏が55歳だった1989年から75歳で亡くなる2010年まで暮らした鎌倉市の鎌倉文学館で、没後10年を記念した特別展が開かれています▼みずみずしい緑の山並みと、波光きらめく海に囲まれた古都。氏は、この街の緑地保存運動にも力を注いだといいます。「生活者の視点」を掲げ、日本の農業を壊すとして米の自由化に反対し、「平和のために」と叫ばれた時が危ないと自衛隊の海外派遣に警鐘を鳴らし、被爆者の取材を重ねて核廃絶を訴えました▼2004年「九条の会」発足に参加。翌年「鎌倉・九条の会」を立ち上げます。「平和」という言葉が力を失っていると指摘し、「日常」を使いました。「『平和を守る』『憲法を守る』というのは『わたしたちのいま続いている日常を守ることだ』と言い直すようにしています」と▼最後の戯曲となった「組曲虐殺」は作家・小林多喜二の評伝劇です。天皇制国家の苛烈な弾圧下、言葉の力で社会を変えるべく奮闘する多喜二が、自らを励ますために歌います。「愛の綱を肩に/希望めざして走る人よ(略)あとにつづくものを/信じて走れ」▼震災後も原発に固執し、核兵器禁止条約に署名せず、憲法改悪を画策する現政権を、氏はどう思うだろう。希望めざして走れ、と励ます声が聞こえます。(2020・7・21) 【今日の出来事】1953年沖縄、伊江島農民「乞食行進」でベイ軍政に…

続きを読む

『いまもその島は』 永井和子

昔その島は 日本の最後の盾だった 数百万の銃火に盾は破れた 海のようにあふれた血潮に 染るぼろも残らぬほど 昔その島は 日本の最初の踏み石だった 文字通り石はふみにじられた ひそかに流された血も泥に汚れ 空までどす黒くかげるほど いまもその島は 日本の恥ずかしい捨て子だ 新しい人殺しの道具も 人間を虫のように扱う方法も 平気で人の国も盗みにいく兵士たちも まっさきに持ち込まれる 【注】生涯をかけて沖縄に心を寄せ続けた詩人の永井和子(1934~2015)。その島の平和を壊した者たちに、あふれる思いを込めて詩った怒りの一篇。1966年9月に刊行された「沖縄詩集」(P82)の中から採録した。

続きを読む