アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
満州っ子 平和をうたう
ブログ紹介
 「本日をもって本校を閉校とする」と校長が宣言した。時は1945年8月10日。満州(現・中国東北部)・新京第一中学校の講堂でのこと。一年生だった。「ウーン、ウーン」と空襲警報が鳴っているさなかである。ソ連参戦で市内は大混乱。百キロ南の生家・公主嶺に向かう列車に友人と飛び乗った。続々と南下する無蓋貨車は関東軍とその家族でいっぱい。完全武装の兵隊が退却しているのだ。
 当時、満鉄・新京駅の助役をしていた長兄(一男)から後で聞いた話だが、関東軍の命令で「軍関係者を最優先させて転進させろ。ほかはどうでもいい」ということだった。その結果、残された一般民間人が惨たんたる状態になったことは周知の事実だ。五兄(利則)は神風特攻でフィリピンで戦死。学徒出陣、海軍中尉、20歳だった。彼が部下に託した遺書にはこうあった。「だれのためでもない。俺は行く、行くしかないんだ。お前は男だからおふくろを頼む。後をついでくれ」と。子どもから大人になって、「戦争はさせない」の思いいっぱいだ。だから戦争体験を、次の世代に語り,つづり、歌で伝えたい。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
火山噴火続く太平洋周辺 「こちら特報部」
火山噴火続く太平洋周辺 「こちら特報部」  朝起きて一番先にする仕事は「東京新聞」を開いて全ページをくまなくチエックすること。それは片山夏子記者の署名入り記事は見逃せないから。昨年の夏、同記者から取材を受け、小生のことを天まで持ち上げてくれたからその御礼ということだけではない。「ふくしま作業員日誌」が貴重な伝聞、「こちら特報部」の問題意識が的確で鋭く、読み終えた後は自分がこのテーマのオーソリティーなった気分になるからだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/24 08:55
日中友好協会江東支部 再結成
日中友好協会江東支部 再結成  「日中友好のきずな ここにしなやか」と詠って江東区に再建された日中友好協会。2006年7月16日に作成した記念紙。あれから12年。トップの写真に初代支部長だった今は亡き坂本伸夫さんの姿が見える。左上に載せられた太極拳の優美な舞が心地よい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/24 07:13
江東市民連合 韓国フィールドワーク
江東市民連合 韓国フィールドワーク  江東市民連合から「韓国ツアー」のお知らせです。別掲チラシのように、9月30日(日)〜10月3日(水)までソウルを中心に実施することが6月6日第9回世話人会で確認されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/24 06:04
東京大空襲訴訟 星野弘さんの「遺志を継ぐ」
東京大空襲訴訟 星野弘さんの「遺志を継ぐ」  東京大空週訴訟原告団長を務め、17日に87歳で死去した全国空襲被害者連絡協議会名誉顧問の星野弘さんの葬儀が23日、葛飾区の斎場で営まれた。(東京新聞「都心版」23日付) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/23 09:12
新緑まぶしい 鎌倉へ! 「歩こう会」
新緑まぶしい 鎌倉へ! 「歩こう会」  年金者組合江東支部が立ち上げた「歩こう会」の第一回目のチラシ。鎌倉の明月院の紫陽花を見て八幡宮へがコース。もちろん一杯は欠かせない。2005年頃だったか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/23 06:32
今も目に浮かぶ 星野弘さんの語る顔
今も目に浮かぶ 星野弘さんの語る顔  「翌日、歩くと、町中に若い女性の遺体が並んでいて、道路以外のところは、まだ火がくすぶっていて歩けなかった。−14歳の思い出を穏やかに語る顔が、今も目に浮かびます」(東京民報6月21日付ーコラム「一分」) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/23 05:32
原発ゼロ基本法の制定を 市民のつどい
原発ゼロ基本法の制定を 市民のつどい  「原発を停止・廃止し、再生エネルギーーへの転換を!」 さよなら原発1000万アクション(03−5289−8224)と原発をなくす全国連絡会(03−5842−6451)の共済による市民の集いが開かれる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/22 08:01
はやぶさ2 小惑星探査を展望する
はやぶさ2 小惑星探査を展望する  日本の小惑星探査機「はやぶさ」の後継機「はやぶさ2」がまもなく目的の小惑星「りゅうぐう」に到達する。かつて「はやぶさ」は、小惑星「イトカワ」の微粒子採取に成功し、2010年6月に奇跡的な帰還を果した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/22 06:42
テーマ投稿「沖縄」 東京新聞「発言欄」
テーマ投稿「沖縄」 東京新聞「発言欄」  6月23日は沖縄慰霊の日だ。先の大戦の沖縄戦で日本軍の組織的抵抗が集結した日とされる。あれから73年、東京新聞が「テーマ沖縄」として、投稿を募ったところ多くの人から沖縄への思いを寄せられたという。18日〜20日にわたって計16人の方それぞれの得がたいエピソードが載せられ、光を放つ。その中から極めて印象深い一篇をご紹介する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/22 05:38
平和への思いを新たに! 「歩こう会」
平和への思いを新たに! 「歩こう会」  年金者組合江東支部の役員だったとき、そろそろ年も相当になったから、健康保持のため「歩こう会」というサークルを立ち上げた。奥多摩、鎌倉に続いて3回目の企画がこのチラシ。「平和へ思いを新たに!」と見出しに靖国神社に行こう、というものだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/21 06:52
ひめゆりの娘たちの涙は怒りに
ひめゆりの娘たちの涙は怒りに  日本で唯一の住民が地上戦に巻き込まれた沖縄戦。三カ月にわたった戦闘で多くの住民が死んでいった。なかでも、73年前の6月18日から19日にかけて、傷ついた多くの兵士たちの看護にあたっていた、あのひめゆり学徒隊の乙女たちが自決していったという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/21 05:40
映像をみて考える「昭和の時代」戦争の実体に迫りたい
映像をみて考える「昭和の時代」戦争の実体に迫りたい  2007年に試みられた学習会の宣伝チラシ。ユーキャンのビデオ・「昭和と戦争」を見ながらの討論が白熱的でした。大見出しは「戦争を知らなければ 本当の平和は語れない」。重ねて「忘れてならぬことを次の世代に伝えたい」は今まさに焦眉の急。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/20 06:26
星野弘さん逝く 東京大空襲訴訟原告団長
星野弘さん逝く 東京大空襲訴訟原告団長  東京大空襲訴訟原告団長で全国空襲被害者連絡協議会名誉顧問の星野弘(ほしのひろし)さんが17日、誤嚥性肺炎のため死去した。87歳。東京都出身。通夜は21日午後6時から、葬儀は22日午前11時から東京都葛飾区白鳥2−9−1、四つ木斎場で、喪主は妻雅子さん。(東京新聞6月19日付) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/20 05:19
2011年 「音楽と講演の集い」 江東9条の会
2011年 「音楽と講演の集い」 江東9条の会  2011年に開いた「江東9条の会」主催の大イベント。6周年を記念した「音楽と講演のつどい」に伊藤千尋、佐藤真子さんを招いた。その時のお誘いのビラ。「9条の力」を語り、愛と平和」をうたうがキャッチフレーズだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/19 07:44
NHKドラマ「どこにもない国」にまつわる話 D
NHKドラマ「どこにもない国」にまつわる話 D  2014年に公主嶺小学校同窓会事務局長・土屋洸子さんに届いたアメリカ・コロラド州のポール丸山さんからの書簡です。周知のように、今では映画化もされ好評を博している丸山氏著の「満洲 奇跡の脱出」をめぐって交された土屋・丸山両氏の往復書簡の始終を書き記しました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/19 06:43
東京大空襲訴訟2周年 大集会のチラシ
東京大空襲訴訟2周年 大集会のチラシ  2009年3月10日、「私たちの戦後は 終わっていに」とのスローガンで浅草公会堂で開かれた。東京大空襲訴訟2周年の1000人大集会。「歴史に残る公正な判決を!」と求めています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/18 06:18
NHKドラマ「どこにもない国」にまつわる話 C
NHKドラマ「どこにもない国」にまつわる話 C  読売新聞(2013年7月11日、8月28付け)の「ポール丸山氏の記事」(「満洲 奇跡の脱出」)を見た満洲・公主嶺会の土屋洸子さん。感動のあまり、すぐさま同記事の執筆者である文化部・辻本芳孝記者を介して次のような感謝の手紙を丸山氏におくりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/18 05:24
第23回江東区高齢者集会 もう一枚のビラ
第23回江東区高齢者集会 もう一枚のビラ  2011年(第23回)の江東区高齢者集会では2種類のビラを作りました。その一枚がこれ。「若者に未来を 高齢者に生きがいを!」がキャッチフレーズでした。また、「大空襲から平和を考える」が分科会として開かれ多くの人が参加しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/17 06:49
「サカベコ」W杯 難民問題考えて
「サカベコ」W杯 難民問題考えて  福島の郷土玩具「赤べこ」がサッカー代表チームに大変身した。14日にロシアで開幕したサッカー・ワールドカップ(W杯)にあわせ、イラクヤシリアの難民の子どもたちが代表ユニホームを絵付けした。その名も「サカベコ」。東京都渋谷区の聖心女子大で来月4日まで、約五百体が展示され、「平和への願い」とともに選手たちの活躍を見守っている。(東京新聞ー片山夏子) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/17 05:45
2011年 江東区高齢者集会の宣伝チラシ
2011年 江東区高齢者集会の宣伝チラシ  2011年度 第23回江東区高齢者集会のスローガンは「平和で輝く社会をめざして!」。前夜祭は高倉健主演の映画「幸福の黄色いハンカチ」上映。東北大震災が起きた年だけに、分科会の「福島から、ナマの声を聞く」が100人近くの人で満席になりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/16 07:08

続きを見る

トップへ

月別リンク

満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる