アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
満州っ子 平和をうたう
ブログ紹介
 「本日をもって本校を閉校とする」と校長が宣言した。時は1945年8月10日。満州(現・中国東北部)・新京第一中学校の講堂でのこと。一年生だった。「ウーン、ウーン」と空襲警報が鳴っているさなかである。ソ連参戦で市内は大混乱。百キロ南の生家・公主嶺に向かう列車に友人と飛び乗った。続々と南下する無蓋貨車は関東軍とその家族でいっぱい。完全武装の兵隊が退却しているのだ。
 当時、満鉄・新京駅の助役をしていた長兄(一男)から後で聞いた話だが、関東軍の命令で「軍関係者を最優先させて転進させろ。ほかはどうでもいい」ということだった。その結果、残された一般民間人が惨たんたる状態になったことは周知の事実だ。五兄(利則)は神風特攻でフィリピンで戦死。学徒出陣、海軍中尉、20歳だった。彼が部下に託した遺書にはこうあった。「だれのためでもない。俺は行く、行くしかないんだ。お前は男だからおふくろを頼む。後をついでくれ」と。子どもから大人になって、「戦争はさせない」の思いいっぱいだ。だから戦争体験を、次の世代に語り,つづり、歌で伝えたい。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
旧態依然の強権体質 日大アメフット部問題
旧態依然の強権体質 日大アメフット部問題  日本大のアメフット部反則問題は、辞任した内田正人全監督が大学の(人事担当)であることもあり、同大学の体質を問う問題に発展している。その日大では半世紀前、学生たちが民主化を求め、未曾有の闘いが繰り広げられた。学生と警官各一人が亡くなり、千数百人が逮捕された。「日大闘争」だ。この闘いを担った全共闘OBたちの目には、現在の問題はどう映っているのか。(東京新聞ー片山夏子、中沢佳子) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/27 14:05
忘れない平和への思い −24−
忘れない平和への思い −24−  2001年から翌2002年にかけて作成した私(永井至正)の小冊子。題名は「忘れない 平和への思い」。副題は「MY MEMORANDUM]。全25ページのうち、その24。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/27 06:59
詩集 ロ号33番 永井和子 −12−
詩集 ロ号33番 永井和子 −12−  詩人 永井和子(1934〜2015)年、彼女の処女詩集。身辺に起きた細々とした出来事を詩にうたいあげてつづった。全55編からなる応変だが、順次お手元に届けたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/27 06:09
優しい心遣い 「赤旗」に感心 鈴木康吉
優しい心遣い 「赤旗」に感心 鈴木康吉  日ごろは政治や社会の歪みを「バッサリ」切り捨てる文言で躍如の鈴木康吉さん。今日の投稿は表記のようにソフトタッチ。しんぶん「赤旗」5月26日付けの「読者の広場」で優しさがいっぱい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/26 09:12
忘れない平和への思い  −23−
忘れない平和への思い  −23−  2001年から翌2002年にかけて作成した私(永井至正)の小冊子。題名は「忘れない 平和への思い」。副題は「MY MEMORANDUM」。全25ペーjジのうち、これはその23。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/26 07:23
オスプレイ飛ばすな! 6・5首都圏行動
オスプレイ飛ばすな! 6・5首都圏行動  「危険なオスプレイはいりません。おだやかで自由な空を取り戻そう!」と6月5日、18時30分から日比谷野外音楽堂で大集会が開かれます。抗議集会の後、銀座をデモします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/26 06:14
今日 山の手大空襲 宗左近と「炎える母」
今日 山の手大空襲 宗左近と「炎える母」  1945年5月25日の米軍機による東京大空襲に、四谷左門町で炎の海をにげまどううち、母を焼死させた。宗左近の詩集『炎える母』は、自己を断罪し内省を込めた慟哭の書として知られる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/25 08:21
忘れない平和への思い −22−
忘れない平和への思い −22−  2001年から翌2002年にかけて作成した私(永井至正)の小冊子。題名は「忘れない 平和への思い」。副題は「MY MEMORANDUM]。全25ページのうち、これはその22。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/25 06:28
イニエスタ J入り?の衝撃
イニエスタ J入り?の衝撃  三週間後に開会が迫るサッカー・ワールドカップ(W杯)をよそに、一人の選手の去就に注目が集まっている。その名は、アンドレス・イニエスタ(34)。スペインが産んだスーパースターだ。(東京新聞=大村歩、片山夏子) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/25 05:34
忘れない平和への思い −21−
忘れない平和への思い −21−  2001年から2002年にかけて作成した私(永井至正)の小冊子。題名は「忘れない平和への思い」。副題は「MY MEMORANDUM」。全25ぺーじのうちの、これは21。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/24 07:55
満州・公主嶺小学校 37回生の皆様へ
満州・公主嶺小学校 37回生の皆様へ  「先日5月19日(土)12時〜15時、東京・上野ターミナルホテル地階『水車』で開かれた37回生の39回目の同期会にご参加くださいまして、ありがとうございます」。幹事の栗林重夫、土屋洸子さんからの写真添付のお便りです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/24 07:01
忘れない平和への思い −19・20−
忘れない平和への思い −19・20−  2001年から翌2002年にかけて作成した私(永井至正)の小冊子。題名は「忘れない 平和への思い」。副題は「MY MEMORANDUM]。全25ページのうち、これはその19・20。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/23 08:08
「ふくわらいの会」5月号 
「ふくわらいの会」5月号   「NPO法人 高齢者が住みよいまちづくりの会」の会報5月号。その2面。トップは白内障談義で盛り上がった食事会での話し。「健康一口メモ」(菊地頌子さん)の73回目が続きます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/23 06:02
第23回 江東区 「花咲きデモ」
第23回 江東区 「花咲きデモ」  「福祉の花を咲かせよう!」。毎年6月に江東区で開かれる、通称「花咲デモ」。この6月13日(水)、東陽公園を基点として区役所まで「福祉の旗」を高く掲げ、デモ行進します。今年は23回目といわれています。以下は2003年の写真アルバムです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/22 08:05
忘れない平和への思い −18−
忘れない平和への思い −18−  2001年から翌2002年にかけて作成した私(永井至正)の小冊子。題名は「忘れない平和への思い」。副題は「MY MEMORANDUM」。全25ページのうちの、これはその18。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/22 06:09
「ふくわらいの会」 5月号 
「ふくわらいの会」 5月号   NPO法人 「高齢者が住みよいまちづくりの会」の会報2018年5月号(NO>111)。その一面。3日に江東区の有明で行われた憲法記念日の催しが報告されています。下欄は恒例の「孫の手」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/22 05:11
これはさわやか ドライバーさん
これはさわやか ドライバーさん  今日の東京新聞「あけくれ」。東京・練馬の杵渕智子さんの投稿です。バスの中での席の譲り合いの挿話です。本当にさわやか。こんな場面に遭遇したら、その日一日がきっとルンルンでしょうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/21 09:47
忘れない平和への思い −17−
忘れない平和への思い −17−  2001年から翌2002年にかけて作成した私(永井至正)の小冊子。題名は「忘れない平和への思い」。副題は(MY MEMORANDUM])。全25ページのうちの、これは17。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/21 06:37
「働き方改革」を斬る」 青年学習講座
「働き方改革」を斬る」 青年学習講座  安部自民政権が審議入りを強行した「働き方改革」一括法案はは「長時間労働を増大させて、過労死を促進するなど財界の要求にこたえた”働かせ大改悪”」です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/21 05:51
先駆者ヒデキ ニュースの追跡
先駆者ヒデキ ニュースの追跡  日本人のソロ歌手としては初の球場や武道館での公演、スタンドマイクを振り回すパフオーマンス、客席のペンライト。16日に63歳で亡くなった歌手の西城秀樹さんは「何でも一番先にやらないと意味がない」と話し、日本の音楽界に数々の新しい試みを取り入れた先駆者だった。その一端を紹介すると・・・。(東京新聞ー片山夏子) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/20 14:15

続きを見る

トップへ

月別リンク

満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる