満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 満州・公主嶺小学校同窓誌 エピソード ー10−

<<   作成日時 : 2015/09/09 06:24   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ソ連軍の公主嶺占領を機に、暴徒が鉄北地区を襲い、商店街にもわーっと入ってきて、あちこちで略奪が始まった。戸井呉服店は放火され、我が家の二階の窓から公主嶺中の夜空を焦がすような真っ赤な火柱が見えた。

画像
     酒倉の避難民収容所
           浅野兼迪(40回生)


 当時綿布は貴重品だったから、布を引っ張り合って首を締められた者もいたそうだ。暴民に追われた日本人は、公会堂、映画館、つはもの会館などの大きい建物に避難した。
 浅野醸造の酒倉にも、鉄北地区の人たちがどっと入ってきた。倉の中は人手あふれ、大変だったが、子供心に、友だちが沢山来たので嬉しかった。
 酒を醸造する時に使う大きな釜で、にぎり飯を炊き出して配った。お米が底をつくと、高粱飯になったが、慣れるまではよくお腹をこわした。
 庭の防空壕跡を便所にしたが、アンペラで囲い、大きな穴に板を渡しただけなので危なっかしく、二階からはお尻が丸見えだった。
 北満から開拓団のひとたちが沢山逃げてきた。醤油倉(取引所跡)に収容した数人の方とは、日本に引き揚げるまで一緒に暮らすことになった

浅野醸造所】右側一軒おいて煙突の見えるところ。昭和初期
画像

 

 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
満州・公主嶺小学校同窓誌 エピソード ー10− 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる