満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画・「望郷の鐘」 江東区で上映

<<   作成日時 : 2015/09/12 13:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

満蒙開拓団の落日を描いた今評判の映画「望郷の鐘」が近じか江東区でも上映の運びとなったようです。現代ぷろだくしょんが主催。来る9月16日と10月2日の両日、いずれも江東区西大島の総合区民センターレクホールで上映されます。

画像
   「望郷の鐘」上映会 江東区

●日 時:・9月16日(水)午前9:45
      ・10月2日(金)午後14:00

●場 所:江東区西大島総合区民センター

 <お問い合わせ>現代ぷろだくしょん
             電話03-5332-3991


解説】映画の冒頭で「国家が総力を挙げて作り上げる大きな嘘は、いつの時代でも見破ることは容易ではない」という字幕が映し出されます。
 映画『山本慈昭「望郷の鐘」満蒙開拓団の落日』は、昭和20年5月に満蒙開拓団の教師として満洲に渡り、8月9日のソ連参戦の中で妻子を失い、自らもシベリア抑留を経て帰国し、中国(旧満州)に残された残留孤児、残留婦人救出に、生涯をかけた故山本慈昭師(長岳寺住職)の真実の物語です。

画像
 国策によって、27万人以上の人々が満洲に開拓移民等として渡り、敗戦によって死の逃避行といわれるような、人間としての極限状況の中で多くの人々が犠牲になりました。
 戦後70年戦争への記憶が薄れてしまっている今こそ、普通の国民が、戦争の被害者であり、加害者になってしまった満蒙開拓の現実をこの映画を通して知っていただきたいと思います。主役(右写真)の内藤剛志さんや子どもたちの熱演で素晴らしい映画(山田火砂子監督)となっています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画・「望郷の鐘」 江東区で上映 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる