満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 満州・公主嶺小学校同窓誌 エピソード −8−

<<   作成日時 : 2015/09/07 06:01   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

昭和20年8月、私は朝日町五道街に住んでいた。ソ連軍が入公し身近がきびしい状態になったので、浅野醸造に避難した。何日かして兄と二人で自宅に行った。家のなかにいると玄関からマンドリン自動小銃を持ったソ連兵が一人入ってきた。

画像
      ソ連兵に連行される
         井村 好孝(38回生)


 恐怖で棒立ちになった私たちに、大男は「ビール、ダワイ」と飲む仕草をした。兄が酒の入った一升びんをさし出すと、兄に毒見をさせ、満足気に上機嫌で出て行った。家人に内緒で抜け出したことなので、親にもこの話をせず、以来二人の間でも話題にしたことはない。
 また九月の終わりごろ、学校が気になって友だち3,4人と学校に行ってみた。2階の6年生の教室と4年生のそれはまだ全然荒らされていなかった。そのとき廊下で靴音がしたので、あわてて机の間に隠れた。入ってきたのはカーキー色の軍服の兵士で、私たちは簡単に見つかり、農事試験場に連れて行かれた。玄関内で待たせておいて、兵士は上官に報告に行ったらしく、戻ってきて「さ、行け」と銃を肩に私たちの後ろから家までついてきた。
 翌年五月、国府軍の飛行機から機銃掃射を受けたりして、私はすっかりおとなしい子どもになった。

農事試験場
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
満州・公主嶺小学校同窓誌 エピソード −8− 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる