満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 新 満州・公主嶺小同窓会誌 エピソード −5−

<<   作成日時 : 2015/11/30 05:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

私の家は満鉄病院の並びの公主嶺駅寄りにあった。満鉄病院の正面は公園で、公主嶺神社の左手にテニスコートがあり、その横の林の中に小さく目立たないが靖国神社分社(?)もあった。

画像
     物悲しい消灯ラッパ
       村上和子(旧姓山田・32回生)


 昭和15、16年、私が5,6年生の頃と思うが、この林の中で、6,7人の兵隊さんがラッパの練習をしていた。武士道の先の兵舎から泰平橋、公園とラッパを吹きながら行進してきて、靖国神社を参拝し、ラッパを数曲、数回練習する。終わるとまた行進して帰って行った。

画像
 起床、食事、消灯などの日常生活や駆け足、休めなどの軍隊生活に必要な合図の約20種類以上を、ラッパのメロディーを聞き分けて行動するそうで、担当する兵隊さんは上手に耽るように練習したのだろう。「ドーソ ソミドミド・・・」と口ずさんでからラッパを唇に当て、音を出していく。ベルトや帯刀をしていない兵隊さんが足を踏んばって、一生懸命くり返し練習していた。私や弟は傍で見ていた。
 消灯ラッパの「新兵さんはかわいそうだね、またねて泣くのかナー」の曲は物悲しかった。弟たちは兵隊さんのあとをずい分遠くまでついて行った。


追記】公主嶺公園の北側には野球場があった。バックネットだけがある簡易球場で、レフト側が非常に狭く、ちょっとしたフライでも即ホームランになった。毎年、春と秋にはリーグ戦があり、よく見に行った。確か農事試験場と興農合作社の名勝負には心を躍らせて観戦したことを思い起こす。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新 満州・公主嶺小同窓会誌 エピソード −5− 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる