満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 新 満洲・公主嶺小同窓誌 エピソード −16−

<<   作成日時 : 2015/12/21 06:13   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

昭和17年5年生の春。担任は日本から来られたばかりの小南三夫先生。猛烈な頑固父ちゃん先生で、よく怒鳴る。「体操するときは裸が一番いいのだ」とパンツ一枚に裸足。あの時ぐらい運動場に出るのが恥ずかしかったことはない。

画像
    よく怒鳴る小南先生
        渡辺澄江(旧姓丹・36回生)
 
 
 肩をすぼめ、前を隠すような気分で行進し、体操した。たしかにこの裸体操は二日くらいでとりやめになり、ほっとしたっけ。
 先生はスケートは初めてで、こればかりは生徒にかなわず、おとなしかったです。そして生徒に負けじと、放課後も休日も練習をして、滑れるようになったかと思うと、転んだ拍子に足の骨を祈ってしまいました。お宅へお見舞いに行くと、さすがの頑固先生も、包帯でぐるぐる巻きにされ、痛ましい姿をして、いつもとは違いやさしい父ちゃんでした。

画像
 本当はやさしいんですよ。皆が分からんちんだからグァーグァー怒鳴るだけ。あんまり分からないと息子のさんの頭をそろばんでなぐったっけ。
 当時、先生が少なくなって、男女一つの教室でギューギューになって勉強していました。その中に先生の長男伸彦君がいました。おまけに最前列に。 伸彦君、とんだ災難でした。

】右写真の後列左より4番目が小南先生。一度、廊下を走ったら怒鳴られたことを記憶している。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新 満洲・公主嶺小同窓誌 エピソード −16− 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる