満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 新 満洲・公主嶺小同窓会誌 エピソード −27−

<<   作成日時 : 2016/01/13 06:30   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

公主嶺在満国民学校は、満洲でも設備の整った学校と聞いていました。6年生になると、男子生徒は自分の教室のほかに工作室の掃除当番もやりました。女子組みは裁縫室だったでしょうか。(同窓誌433頁上段)

画像
     職員室床下に潜る
          阿部卓二(36回生)

 
 工作室を掃除に行くとき、二班に分かれます。一斑は工作室の掃除をし、もう一つは秘密のイタズラに行くのです。
 工作室の角の廊下から床下に入ります。校舎の床下は、スチームの配管などがあって子どもなら身を少し屈めるくらいで歩けました。まっ暗ですから家からロウソクを用意して滑り込み、行く先は職員室とその隣の会議室の真下です。
 
画像
 そのころ職員室に入るときは入り口で「○○何の用があって入ります」と軍隊式に言わされていました。今だれが入ったか先生の答えが聞こえました。また職員会議の様子が会議室の下で手に取るように聞こえてきました。出口は講堂の横の小部屋にあり、床板を持ち上げて出ようとしたら、中国人の用務員に見つかり、口止めに父のタバコを二、三個持ち出し、渡しました。このイタズラはいつからいつまで続いたのでしょう。

】昭和12年11月に完成した公主嶺小学校。2万坪の敷地に赤煉瓦の2階建て14普通教室と特別教室の校舎。満鉄が「新築校舎は公主嶺における施設中最新、最優秀なるもの」と自賛しただけあって、規模、設備は、当時としては群を抜いていた。スチーム暖房、トイレは水洗だった。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新 満洲・公主嶺小同窓会誌 エピソード −27− 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる