満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ふくわらい」の会報 5月号 菊池頌子さん

<<   作成日時 : 2016/05/30 06:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「ふくわらいの会」の会報5月号を頂いた。その2面に掲載の「健康一口メモ49」を紹介しよう。元江東区の保健師・菊池頌子さんの執筆によるもので、見出しは「食中毒の季節に高齢者は要注意」。
画像
 ”食中毒”の発生は真夏より梅雨の季節にかけてが一番多く、、高温多湿の日が続いたら要注意です。この季節先ずやることは冷蔵庫の大掃除です。食べ忘れ、使い忘れのものは廃棄し、食品ごとに分けて収納して、使用頻度の多い食品や調味料は前に入れて、冷蔵庫の開閉の回数や時間を少なくしましょう。
 肉や魚は冷蔵庫保存ですが1回使う量に小分けして入れると、解凍も1回分だけで済み雑菌の繁殖を防ぐことができます。冷蔵庫保存でも煮物等は、2〜3日で酸味やカビが出るので過信は禁物です。
画像 
食中毒の予防には、煮たり焼いたりすれば良いと思っている人もいますが、麺類の生麺などは一度菌が繁殖すると煮ても菌は死なず、熱を加えることが必ずしも除菌につながらない場合もあります。この時期は生麺をやめて乾麺の使用がお勧めです。以上の他に、マナ板は野菜用と肉魚用があればよいのですが、マナ板やフキン等も漂白剤につけて除菌を行いましょう。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ふくわらい」の会報 5月号 菊池頌子さん 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる