満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 「反戦平和訴え」 むのたけじさん語録

<<   作成日時 : 2016/08/23 10:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

反戦平和を訴え続けた反骨のジャーナリストむのたけじ(本名武野武治)さんが21日老衰のため死去した。東京新聞は翌22日、朝刊トップに特集記事を組み、写真付きで特集記事(下欄)を載せた。以下、佐藤直子編集委員による「評伝」の中から彼の珠玉の言葉を紹介する。

画像
       <むのたけじ語録>

●「戦争の本当の姿を伝えられなかった新聞人としての責任を取る」(1945年の敗戦の日朝日新聞を退社して秋田に引き込みミニ反戦新聞「たいまつ」を発刊)
●「戦争を始めたのは陸軍でも、それを止められなかった、許した国民にも責任はある」「統制より怖いのは自主規制。家族や周りが怖い」(雨宮処凛さんとの対談で)
●「戦争は経験したから分かるというものではない。戦争が重大な問題だと思ったら、若い人は自分で勉強してほしい」(風化していく戦争体験をどうしたら受け継げるのかとの問いに)
●「どんな悪い平和でもいい戦争に勝る、平和は意識的な戦いの中でしかつかめない」(原点は戦争中に3歳のまな娘を病気でなくした経験が)ある。二度と子どもが犠牲になる世の中にしない、一人一人が変われば大きな力になる)

【写真】今年の憲法記念日江東区で開かれた集会で演説する。


画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「反戦平和訴え」 むのたけじさん語録 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる