満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 重慶大爆撃の写真展 29日から

<<   作成日時 : 2016/08/27 10:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本が中国重慶を爆撃した重慶大爆撃による国際法違反の無差別爆撃の実態を知ってもらおうという写真展が、29日から9月の2日まで、千代田区の九段学習館2階九段ギャラリーで開かれます。午前10時から午後8時まで。

画像
 重慶大爆撃裁判の控訴審が11月18日に東京高裁で始まるのにあわせたもの。空襲当時や原告団の署名活動の写真のほか、併設してフオトジャーナリストの鈴木賢士氏(写真)の「日本と中国の空襲被害者の訴え」の写真が展示されます。問い合わせー03−3501−5558 一瀬法律事務所。
画像



重慶大爆撃】中国を侵略した旧日本軍は1938年初めから44念末まで、国民党政府が臨時首都を置いた重慶や四川省全域で無差別爆撃を繰り返しました。最新の研究によると、死傷者は10万人に上ります。2000年に被害者や遺族ら188人が日本政府に謝罪と賠償を求めて提訴しましたが東京地裁は15年2月に請求を棄却。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
重慶大爆撃の写真展 29日から 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる