満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 全傷連 杉山千佐子さん葬儀式

<<   作成日時 : 2016/09/23 11:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 戦時中の空襲被害者の援護を国に求め続け、18日に101歳で亡くなった全国戦災傷害者連絡会会長、杉山千佐子さんの葬儀式が20日、名古屋市中区の教会で営まれた。(東京新聞・9月21日付)
画像
   最後まで平和と正義を追求

 杉山さんは、研究補助員として名古屋大学医学部に勤めていた1945(昭和20)年3がう、米軍の空襲で左目失明などの大けがを負った。72(昭和47)年には同連絡会を設立し、政府や国会に民間人救済の戦時災害援護法の制定を求める運動を続けてきた。
 式には親類や支援者ら100人が参列。献花し祈りをささげた。杉山さんと40年以上活動を続けてきた浜松市戦災傷害者会の元会長、木津正男さん(90)=浜松市中区=は「最後まで平和と正義を追求し続けた、本当にすごい人だった」と別れを惜しんだ。

杉山千佐子さんの言葉
「戦前、戦後と私はだまされてばっかり」「援護法ができるまで、戦没者は浮かばれない」「他人の痛みは、自分が痛みを感じて知るもの」「人と争わない平和な国にしてほしい」

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
全傷連 杉山千佐子さん葬儀式 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる