アクセスカウンタ

<<  2017年4月のブログ記事 zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
「ふくわらいの会」 会報 4月号
「ふくわらいの会」 会報 4月号  「NPO法人 高齢者が住みよいまちづくりの会」の会報・2017年4月号(NO・98)をいただいた。その一面は、5月27日(土)に開かれる総会の案内がトップに、下欄に恒例のコラム「孫の手」がつづきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/28 05:28
満洲公主嶺 敗戦から引き揚げ迄の記録 小松光治 B
満洲公主嶺 敗戦から引き揚げ迄の記録 小松光治 B 満洲公主嶺日本人会の設立及び日僑善後連絡所の記録(敗戦から引揚迄)−公主嶺日本人会 会長 小松光治(昭和21年8月22日 記) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/27 05:05
施行70年 日本国憲法 5・3憲法集会
施行70年 日本国憲法 5・3憲法集会  今年は憲法施行から70年(1947〜2017)になります。憲法改悪の足音が迫るなか、決意新たに「憲法を守る大集会」を江東区有明の東京臨海防災公園で開かれます。昨年に引き続き平和と命を守る血気あふれる場にしましょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/26 04:55
満洲公主嶺 敗戦から引き揚げ迄の記録 小松光治 A
満洲公主嶺 敗戦から引き揚げ迄の記録 小松光治 A  満洲公主嶺日本人会の設立及び日僑善後連絡所の記録(敗戦から引揚迄)−公主嶺日本人会 会長小松光治(昭和21年8月22日 記) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/25 05:17
沖縄連帯のつどい 4月29日 
沖縄連帯のつどい 4月29日   「辺野古の海を守ることは民主主義を守ること 沖縄のたたかいに連帯することは人間の尊厳をつらぬくこと」と、この4月29日に開かれる「沖縄連帯のつどい」に集う人は皆一斉に訴えます。そして多くの人に思いを広めます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/24 05:53
戦後72年 「平和の俳句」 −16−
戦後72年 「平和の俳句」 −16−  シリーズ「平和の俳句」の4月第4週。6月のゲスト選者に当たる埼玉県出身の俳優。テレビ、映画、舞台に幅広く活躍するミムラさん(32)が、その感想を東京新聞によせています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/23 06:30
今日 あぜ上三和子 事務所開き
今日 あぜ上三和子 事務所開き  「天候不順の日が続きますが、皆さまにはお元気でご活躍のことと存じます。また、日ごろから温かいご支援をいただきありがとうございます」と、あぜ上三和子事務所から「事務所開き」のご案内をいただきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/22 05:43
「平和の俳句」 それは人生の詩
「平和の俳句」 それは人生の詩 「始まって2年余り、一面に載った平和の俳句は八百を超す。個別に記事に出来なかった人にも、それぞれの人生がある」と、東京新聞。同紙が4月15日付コラム「コンパス」に紹介した「ある父子」が一つのドラマ。読むほどに胸に迫る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/21 06:18
満洲公主嶺 敗戦から引き揚げ迄の記録 小松光治 @
満洲公主嶺 敗戦から引き揚げ迄の記録 小松光治 @  手元に「小松メモ」と言っていい小冊子(B5版41ページ)がある。内容はあの時、満洲公主嶺にいた人々の「敗戦から引き揚げまでの苦難の軌跡」を丹念に追った記録集だ。街の重鎮、小松光治氏らがメモったものを集大成した歴史的な資料。今号よりシリーズでお送りする。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/20 06:22
ちひろ美術館で式典 山田洋次監督ら挨拶
ちひろ美術館で式典 山田洋次監督ら挨拶  ちひろ美術館の開館40年(東京)と20年(安曇野)を記念する式典が12日、長野県北安曇郡松川村であり、子どもたちに平和な世界をつなごうと思いを級友しました。いわさきちひろ記念事業団理事長の山田洋次監督や俳優の上条恒彦さんらがあいさつしました。(しんぶん「赤旗」4・13付) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/19 05:34
「本土初空襲75年」 東京新聞 読者部だより
「本土初空襲75年」 東京新聞 読者部だより  11日TOKYO発「本土発空襲75年」の記事を読んだ方々から、「私もこの空襲を経験しました」という反響を数多くいただきました。一つ一つが、貴重な歴史の記録といえる内容でした。(4・13−東京新聞) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/18 05:16
あぜ上三和子都議を囲む 「女性のつどい」
あぜ上三和子都議を囲む 「女性のつどい」  次の日曜日(4月23日)、あぜ上三和子都議を囲む「女性のつどい」が江東区文化センターで開かれます。呼びかけの言葉は「くらし、福祉、平和・・・願いをあぜ上さんとともに」。主催は日本共産党女性後援会。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/17 09:20
「空襲給付金法」制定を 有樂町で訴え
「空襲給付金法」制定を 有樂町で訴え  全国空襲被害者連絡協議会(空襲連)は15日、元軍人のような援護がない空襲被害者への補償を求める活動を、千代田区の有樂町マリオン周辺で初めて実施した。(東京新聞4・15付都心版) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/17 06:40
戦後72年 「平和の俳句」 −15−
戦後72年 「平和の俳句」 −15−  ブログ「満洲っ子 平和をうたう」がお送りしている東京新聞が一面に掲載している「平和の俳句」。今回は4月の第3週になります。同紙4月11日のお知らせによると6月のゲスト選者が決まったようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/16 06:33
「日の丸に敬礼する人」 東京新聞「大波小波」
「日の丸に敬礼する人」 東京新聞「大波小波」  春、入学の季節である。欧米に倣って新学期を9月にとの動きもあるが、桜の開花と落花に彩られながらの儀式は、日本人の心の琴線に触れるものだ。縁あって、東京都内の公立の幼稚園の修了式と小学校の入学式に出席した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/15 05:43
「お遍路に行きなさい」 東京新聞「大波小波」
「お遍路に行きなさい」 東京新聞「大波小波」  わしらが子供のころは、毎朝、運動場の奉安殿前に整列して、教育勅語を唱和したもんだ。でも不思議だよね、国民学校初等科のガキとはいえ、何も疑わないで「朕惟フニ」なんて言ってたんだから。だって、わしらが「朕」って言ったら、自分が神様になっちゃうじゃない。考えてみたら滑稽な話だよ。(東京新聞4・12夕刊) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/14 06:29
あぜ上三和子都議 錦糸町で街頭演説
あぜ上三和子都議 錦糸町で街頭演説   「徹底追及で闇を暴く」 共産党のあぜ上三和子都議が来る4月20日、牛後5時から、小池晃書記局長とともに錦糸町駅南口前で開かれる日本共産党緊急街頭演説会にのぞみます。「森友」・「豊洲」許せない!」と訴えます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/13 05:39
日中友好協会江東支部ニュース4月号  
日中友好協会江東支部ニュース4月号    日中友好協会江東支部のニュース4月号の二面。トップには1月28日に開かれた東京都連の新年会の模様が写真4枚がそえられ特集されています。また江東支部の二つのサークルのお知らせが紙面中央に編集され、入会を呼びかけています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/12 05:15
日中友好協会江東支部ニュース4月号
日中友好協会江東支部ニュース4月号  日中友好協会江東支部事務局ニユースの第121号(2017年4月5日発行)をいただいた。B5版2ページ。その一面のトップは同会都連の理事会に参加したレポートを斎藤支部長が書き、コラムで会員募集など3本のアピールが掲載されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/11 06:59
施行 70年 いいね!日本国憲法
施行 70年 いいね!日本国憲法  今年施行70年になる日本国憲法。5月3日、憲法を守り、生かす大集会が江東区有明の東京臨海防災公園で開かれます。スローガンは、平和といのちと人権を!「5.3憲法集会」です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/10 07:22
戦後72年 「平和の俳句」 −14−
戦後72年 「平和の俳句」 −14−  「平和の俳句」4月の第2週。3月15日に開かれた4月の選考会には、選者の金子兜太さん(97)が体調不良のため欠席。いとうせいこうさん(55)一人で選句したという。後日改めて選考する、としているがその後の沙汰がない。どうしたのだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/09 06:46
志位和夫委員長が縦横に語る 共産党演説会
志位和夫委員長が縦横に語る 共産党演説会  日本共産党は4月17日、東京・国際フォーラムで演説会を開催します。志位委員長が「森智疑惑」「共謀罪」「核兵器禁止条約」問題などについて党の見解を縦横に語ります。今焦点の「豊洲市場移転」については,中央卸売市場労働組合執行委員長の中澤誠さんが来場、挨拶します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/08 08:23
「皆のため立って見せねか!」 大波小波
「皆のため立って見せねか!」 大波小波  新法案は『共謀罪』なのか「テロ等準備罪」なのか新聞ごとにまちまちだが、要するに「治安維持法」まがいの代物なのは紛れもない。まるで平成が昭和に戻っているかのようだ。(東京新聞・4月6日ー夕刊) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/08 05:32
昭和20年4月7日 戦艦「大和の最期」
昭和20年4月7日 戦艦「大和の最期」  1945(昭和20)年4月1日、米軍が沖縄本島に上陸して以来、沖縄・南西諸島では陸・海・空で死闘が繰り広げられていた。そうした中、戦艦「大和」が沖縄戦最期の切り札として、呉軍港を出航したのが4月6日。そしてこの日出撃して帰らなかった特攻機は陸海あわせて420機だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/07 05:22
「あのころ」 伊藤聖さん語る 満洲・公主嶺F
「あのころ」 伊藤聖さん語る 満洲・公主嶺F  「こみーどーりーのー」と歌いだすと、まぶたにあの木々の緑のあふれた公主嶺の街がひろがってくる。農事試験場のポプラ並木、畜産のニレ、北一条通りのアカシア、ロシア人墓地のヤナギ、まこと公主嶺は「濃緑の」街であった。毎朝、新校舎の講堂で、意味もよくわからずに声を張りあげたおかげで、メロディーはいまになお鮮明である。私はその美しい曲の校歌が大好きであった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/06 07:25
「オンブズマンが行く」 2017年4月号 
「オンブズマンが行く」 2017年4月号   「江東区民オンブズマンの会」の会報4月号(NO.154)の2面。トップには区長の交際費問題が載せられ、左の肩には今流行の言葉「忖度」について正木 毅代表が記述しています。また、3日には東陽の西友前で行われる宣伝行動の案内も・・・」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/05 06:21
「オンブズマンが行く」 2017年4月号
「オンブズマンが行く」 2017年4月号  「江東区民オンブズマンの会」の会報の4月号(NO.154)をいただいた。一面トップはこのほど開かれた同会の「17回総会」の詳報が載せられている。また下欄は恒例のコラム・「声」が世相を斬っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/04 06:01
座談会 回想の『満洲公主嶺』3部作 B
座談会 回想の『満洲公主嶺』3部作 B  −『ビデオ』は石倉さんが1993年に訪中したとき、『公主嶺小学校の思い出』としてVHS(1時間2分)にまとめたものが、元になっている。同窓会で希望者に複製して頒布すると発表したところ、22人を超える申込者があった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/03 05:38
戦後72年 「平和の俳句」 −13−
戦後72年 「平和の俳句」 −13−  「平和の俳句」4月の第1週。米軍の爆撃で、一夜にして10万人が亡くなった東京大空襲。3月10日、東京新聞 は、「大空襲を読み継ぐ」と題して、空襲体験者の思いを紹介した。これは東京・中央区の赤羽布美子さんの一句。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/02 06:22
「パン屋」でなくて「和菓子屋」だって
「パン屋」でなくて「和菓子屋」だって  知る人ぞ知る「しんぶん『赤旗』」のコラム「潮流」。愛読者のなかには毎日、書き写す人もいるという。流れるような文章のなかに閉塞感ただよう時節をズバリと斬って、じわと染み込んでくる。(「赤旗」4月1日付) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/01 11:47
歴史にみる4月 人々の生と死
歴史にみる4月 人々の生と死  今年も4分の1が過ぎて早や4月。今月は出会いの月、そしてまた、桜がまさに春を告げる旅立ちの月です。さて、今月も公主嶺小の同期生・田口恵敏君描く「油彩紀行」にリンクしたカレンダーに沿って古今東西の著名人の「生と死」を追ってみましょう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/01 06:59

<<  2017年4月のブログ記事

トップへ

満州っ子 平和をうたう 2017年4月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる