満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 「オンブズマンが行く」 2017年6月号 

<<   作成日時 : 2017/06/10 06:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「江東区民オンブズマンの会」の会報・6月号。その裏面。トップには豊洲は違法埋め立て?として一般には知られていない事実が載せられ、恒例の左肩のコラムは正木 毅代表幹事が筆をとりました。

画像
        豊洲は違法埋立?
      免許失効後 工事強行

 
 築地市場の移転先として話題の豊洲6丁目、戦後の埋立地のひとつだが、公有水面埋立法が規定した竣工認可の期限を大幅に経過した「違法埋立」の可能性が高いことがわかった。
 「臨海かわら版」(5月15日号掲載)既報の問題だが東京都告示364号によれば、埋立面積約5万坪の内「A区域」3万5830坪9号の竣工期限は着工許可の日(昭和20年8月30日)から昭和21年3月11日であったところ、5ヶ月経過した同年8月ようやく完成したものであった。
 埋立法は厳格で、免許の期限から過ぎた埋立は「無免許埋立」として、その土地は国の所有にー過去に秋田県の八郎潟干拓の辞令がある。
 この調査で、東京都の港湾局を訪ねた際、担当職員が「昔はいい加減だったんだよネ」と言っていたが、そんこと許されるだろうか? 不思議でならない。(鈴木)

画像
    「共謀罪」法の本当のねらい             
            代表幹事 正木 毅
 

 チヨット一杯ー居酒屋で「イヤミな上司をぶん殴ろうか」と計画・相談していても逮捕されるのだそうだ。「共謀罪」法に反対する人たちの仮説は笑い話で済まされない。
 このところ、安倍政権のねらいが益々鮮明になってきた。「お上」に逆らう人間をチエックし逮捕する。「相談しただけで・・・」となると、日常的に監視しないとわからないー。当然警察の仕事になるだろう。市民から情報を集めてチエックする。スパイや盗聴ー、平和的な市民活動を含めて監視することになる。
 そうなると、活動家の行動が鈍り、反政府運動が少なく、政権にとって都合のいい子とになります。「これなんーだ」本当のねらいが見えてきます。
 オリンピック・パラリンピックが開催出来ないなどと国民を騙し、法案の担当大臣すら満足に答弁できない「共謀罪」法案。とんでもない法案です。
 安倍政権は、この法案の強行採決を狙っているようですが、断固反対です。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「オンブズマンが行く」 2017年6月号  満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる