満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 「記憶術」 いろいろと忘れちゃうあなたへ

<<   作成日時 : 2018/05/13 10:09   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 「記憶の限りでは会っていない」と答え、国会を混乱させた元首相秘書官・柳瀬唯夫氏が10日、衆参両院に参考人招致された。学校法人「加計学園」関係者らとの面会を、肝心な部分以外は詳細に説明した。野党側からは「記憶は自在なのか」との声も出た。ともかく、時に忘れ、時に思い出すのが人間。記憶とはどんなものでも忘れないためにどうすればいいのか、各界の人たちに聞いた。(白名正和、片山夏子)
画像
 世界情勢がダイナミックに動いているのに、国会は今も森友学園や加計学園を巡る問題でにぎやかだ。長引いた原因の一つが柳瀬氏。加計学園が愛媛県今治市に新設した獣医学部を巡り、学園関係者や県、市の職員との面会を否定。国会論戦を混乱させたからだ。
 十日に行われた衆参両院予算委員会での参考人招致では一転し、「随行者は十人近く」「学園関係者と3回会った」などと説明した。ただ、県、市の職員がいたかは「いたかもしれない」とあいまい。面会を否定していた理由は「県、市職員との面会について質問された。学園関係者との面会は聞かれなかった」という趣旨の、あぜんとするような説明をした。

画像





   
言い逃れを許す システムに欠陥 

 (中略)大手企業では、決済書類や重要書類はもちろんデータで保管する。そこにとどまらず面談や出張などの記録も同様にしている企業もある。一方、行政はいまだに紙での管理が主流。おかげで、あるはずの文書が出てこなかったり、記録を確認せずにあいまいな記憶で物事を語ったりする。「何がどこにあるのか分かるよう、民間企業のようなデータ管理に変えるべきだ」と提案する。
 「バックアップをとりましょう」。全国66件店舗でパソコンやスマホの修理をする「パソコンドック24」(本社・大阪市)の是枝聖永さんは、ITに頼る人たちに注意を促す。

画像
 便利な一方で、記録機器が壊れればデータは一気に吹っ飛ぶ。同社には、買われたハードディスクのデータを復旧してくれと客が駆け込む。しかし、、三分の一は無理なのが現実。「復旧には時間も金もかかる。だがバックアップなら何分の一かの費用でできる。データを複製し、二重に保存するしかない」と説明する」。
 結局、今回のような混乱を防ぐには、記録を入念に残すしかないようだ。

デスクメモ】昔から忘れ物が多い。忘れ物をしないよう書いたメモまで無くす始末。自分でもあきれている。とおろが、最近はスマホが強い味方になった。スケジュール、資料となんでも保有し、助けになっている。バックアップといっても、毎日は難しい。無くしたら、どうしよう。(東京新聞ー祐) 2018・5・11
 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「記憶術」 いろいろと忘れちゃうあなたへ 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる