アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「日中友好江東」のブログ記事

みんなの「日中友好江東」ブログ

タイトル 日 時
日中友好協会江東支部ニュース4月号  
日中友好協会江東支部ニュース4月号    日中友好協会江東支部のニュース4月号の二面。トップには1月28日に開かれた東京都連の新年会の模様が写真4枚がそえられ特集されています。また江東支部の二つのサークルのお知らせが紙面中央に編集され、入会を呼びかけています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/12 05:15
日中友好協会江東支部ニュース4月号
日中友好協会江東支部ニュース4月号  日中友好協会江東支部事務局ニユースの第121号(2017年4月5日発行)をいただいた。B5版2ページ。その一面のトップは同会都連の理事会に参加したレポートを斎藤支部長が書き、コラムで会員募集など3本のアピールが掲載されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/11 06:59
かいらい「満州国」建国から85年
かいらい「満州国」建国から85年  今年の3月1日は、かいらい「満州国」建国から85年目に当たります。1931年9月18日、関東軍は奉天(現在の瀋陽)郊外で満鉄線路を自ら爆破する謀略事件(柳条湖事件<満州事変>)を引き起こし、それを口実に5カ月で満洲全域を占領、翌32年3月1日、「満州国」樹立、清朝の末弟・溥儀(ふぎ)を厳守として「執政」(2年後に「皇帝」に就任)にすえました。(日中友好新聞3月5日付) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/22 05:56
中国「ソ満国境」・追憶の旅
中国「ソ満国境」・追憶の旅  富士国際旅行社の機関紙・「いい旅 いい仲間」が手元にある。「旅は、平和で、豊かで、文化的な社会を育みます」がモットーの同社が企画した「ソ満国境」への旅が注目。それは,僕の母校・新京一中の2年先輩の苦闘の軌跡を追う話だからだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/19 05:43
あれから80年 盧溝橋事件 南京事件
あれから80年 盧溝橋事件 南京事件  今年は1937年7月7日の盧溝橋事件、12月13日の南京事件など、日中戦争で日本軍が侵略戦争を中国全土の拡大してから80年の節目の年である。その後、対米英戦争にに突入し1945年に原爆投下で敗北する日本の戦局へとつながっている。(日中友好新聞・3・5付ー「南船北馬」) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/14 09:19
映画・「ソ満国境15歳の夏」と新京1中生
映画・「ソ満国境15歳の夏」と新京1中生  あの年の夏、僕も満洲・新京第1中学の1年生(13歳)だった。4月に入学して驚いたのは、広大な敷地に超豪華な佇まいの校舎。それに4・5年生が不在であったこと。ところが5月半ばになると3年生がほとんど見当たらなくなった。噂では、勤労奉仕で北満の東寧というところに行っていると聞かされていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/19 05:53
日中友好協会江東支部が「望年会」
日中友好協会江東支部が「望年会」  日中友好協会江東支部の「望年会」がさる12月3日(土)、南砂の団地集会場で開かれました。来し方(今年)を忘れるのではなく、行く末(来年)を望む会として、毎年行われます。そのときの模様を斎藤信行支部長がフエイスブックに投稿しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/10 12:55
「望年会のお誘い」 日中友好江東支部
「望年会のお誘い」 日中友好江東支部  日中友好協会江東支部が「望年会」を催します。同会は「忘年会」ではなく呼称は「望」を使います。きっと過ごしてきたこの一年の様々な悪かったことなどを忘れるのではなく、それらを踏まえて、むしろ来年を「目指しましょう」ということからでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/23 11:02
きり絵を体験しませんか! 日中友好江東支部
きり絵を体験しませんか! 日中友好江東支部  中国のお正月や結婚式など祝い事にかかせないきり絵です。今回は来年の干支「酉」を作成します。型紙は準備いたします。ご自分で型紙をデザインしてもかまいません。材料、道具などは準備します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/07 10:14
「日本会議と安倍政権」 学習講演会
「日本会議と安倍政権」 学習講演会  第三次安倍内閣の閣僚の内8割が、『日本会議議連』に属しています。街宣車で軍歌を流しながら、大音響で騒ぐ右翼と異なり、地方に支部を持ち、地方議会を動かして、中央政界に影響力を及ぼして来た『草の根右翼・日本会議』とは? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/27 06:20
日中友好協会・江東支部第12回総会
日中友好協会・江東支部第12回総会  今年の夏の猛暑、お元気でお過ごしのことと存じます。日中友好協会・江東支部が結成されて11年が過ぎようとしています。この間、会員の皆さまのご協力で会も順調に運営されてきました。ありがとうございます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/22 05:47
中国残留孤児問題フオーラム
中国残留孤児問題フオーラム  「戦後70年が過ぎ、元孤児たちは中国人養父母への感謝の思いが募るばかり。フオーラムは祖国に見捨てられていた中国残留孤児問題の全容を世に問うフオーラム」、10月2日東京で開かれます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/19 15:41
「日中友好平和の旅」から帰って 斎藤信行 A
「日中友好平和の旅」から帰って 斎藤信行 A  6日、ハルビンの日本軍第731部隊罪証陳列館を訪問。そこは25万平方メートルに及ぶ場所で、細菌兵器を研究し、実験し、製造した世界史上最大規模の軍事基地である。(13日、斎藤信行フエースブックから) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/19 05:59
中国 瀋陽・ハルビンに行って 飯島勝子
中国 瀋陽・ハルビンに行って 飯島勝子 中国(旧満州)の瀋陽・ハルビンに四泊五日(9月3日〜)の日程で行われた「平和友好の旅」。主催は日中友好協会・江東支部で、7日無事帰国。以下は事務局長の飯島勝子さんが、そのレポートを9日付のフエイスブックに投稿した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/12 06:15
「日中友好平和の旅」から帰って 斉藤信行 @ 
「日中友好平和の旅」から帰って 斉藤信行 @   9月3日から7日まで、日中友好協会・江東支部の主催で、13人で中国東北部の瀋陽(旧奉天)とハルビンの「平和と友好」の旅に行ってきました。以下は、8日付け、フエースブックに支部長の斉藤信行さんが投稿されたもの。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/12 06:11
「ハルビンと瀋陽の旅」 日中友好江東支部
「ハルビンと瀋陽の旅」 日中友好江東支部 日中友好協会・江東支部が、かねてから検討していた「中国への旅」がこのほど実現することになりました。この9月に旧満州(現中国東北部)のハルビンと瀋陽に行きます。先の大戦で日本軍があの地に残した暴虐の爪痕を訊ね、学習します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/22 06:29
「もう一つの七夕」 盧溝橋事件79周年
「もう一つの七夕」 盧溝橋事件79周年 7月7日盧溝橋事件に始まる中国への全面侵略、特に南京事件を焦点に日本の戦争は何であったのか、戦争の中で何が起きたのか、また、この事件に対する日本政府の対応、最近の右傾化潮流の動きなどが話されます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/20 11:26
宝田明さんと「日中友好」の絆
宝田明さんと「日中友好」の絆 昨年の本紙新年号1面トップは、俳優の宝田明さんが登場し「日中友好運動は、崇高なアクション」とその気概を評し敬意を述べてくださった。(日中友好新聞・2016年6月5日付ーコラム「南船北馬」から) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/07 09:48
中国の切り絵 体験してみませんか
中国の切り絵 体験してみませんか 中国の伝統的な民間芸術の切り絵細工です。中国各地で作られており、地方により作風や題材、作り方、使われ方が異なりますが、主に動物、花など作成します。中国では祝い事があるとき、家の出入口に貼り、縁起がよいそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/30 06:24
「宝田明物語」 公演のお知らせ
「宝田明物語」 公演のお知らせ 昨年「日中友好新聞」1月15日号1面で壮絶な戦争体験を語った宝田明さんの舞台が5月に東京で開催されます。詳細は以下の通りです。(日中友好新聞・2016年4月25日号7面) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/28 06:06
戦争法廃止めざす 講演会 日中友好協会主催
戦争法廃止めざす 講演会 日中友好協会主催 戦争法(安保法制)の廃止をめざす「学習講演会」が開かれます。講師は東京新聞の論説兼編集委員の半田滋さん。「戦争法」について縦横に語ってもらいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/03 06:29
ぜひ あなたも日中友好協会へ!
ぜひ あなたも日中友好協会へ! 中国は日本の永遠の隣国です。この二つの国が本当に仲良くなればどんんい素晴らしい世界になることでしょう。国民同士の交流がお互いの理解に最も大切です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/01 10:00
中国映画上映 「初恋のきた道」 江東日中協会
中国映画上映 「初恋のきた道」 江東日中協会 日中友好協会江東支部の主催で中国の映画が上映されます。それは「初恋のきた道」。原題が「我的父親母親」。ですから、そのまま訳せば、日本語では「私の父親母親」。何と絶妙でチャーミングなネーミング! さてどんなストーリーでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/18 07:51
書評 「毛沢東 日本軍と共謀した男」
書評 「毛沢東 日本軍と共謀した男」 「テレ朝」の昼の番組に「スクランブル」というのがある。橋本大二郎氏がキャスターのワイドショーだ。中国問題になると決まって遠藤誉という女性が画面に顔をだす。近頃の中国の言動に必ず「四の五の」とクレームをつける。「そもそも現中国政権には、日本にモノ申す資格はないんですよ!」が持論だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/24 05:19
講演会のお知らせ 日中友好協会江東支部
講演会のお知らせ 日中友好協会江東支部 日中友好協会江東支部では来る2月20日(土)、「中国の今を考える」と題して、講演会を開きます。講師は協会本部理事の佐久間 徹さん。場所は江東区産業会館です。多くの人のご参加を呼びかけています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/08 12:12
中国で仰ぎ見た憲法第九条 日中友好新聞
中国で仰ぎ見た憲法第九条 日中友好新聞 16年前、中国に留学していた私は、日中戦争勃発地のそばにある中国人民抗日戦争記念館を訪れました。そこには日中戦争の資料が多数展示されています。(日中友好新聞・11月5日付ー1面コラム「随想」)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/11 06:21
「日中友好協会江東支部」 ニュース105号
「日中友好協会江東支部」 ニュース105号 「日中友好協会江東支部」のニュース105号を頂きました。本号はさる9月26日の行われた第11回総会の模様を中心に組まれ、その他「今年度の主な取り組み」、「中国語教室からのお願い」などが載せられています。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/30 06:49
ひようたん笛と私 平沢千恵子
ひようたん笛と私 平沢千恵子 水餃子のおいしいお店があるというので行ってみたら、NPO法人「中国帰国者・日中友好の会」のお店だった。楽器教室もあるというので、ひょうたん笛の仲間と見学に行った。(日中友好新聞・8月5日付ー「随想」) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/20 07:11
中国帰国者 戦後70周年記念公演会
中国帰国者 戦後70周年記念公演会 中国「残留孤児」や中国「残留婦人」と言われる人たちのことをご存知ですか。1945年8月、主に旧満州地域で肉親とわかれ、”孤児”となった子どもたちや、生きるすべを求めて中国人の家庭に入った女性たちのことですがその後も長年にわたり日本への帰国ができず、中国に、”残留”せざるをえませんでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/18 05:44
映画 「ソ満国境 15歳の夏」と僕
映画 「ソ満国境 15歳の夏」と僕 終戦の年、昭和20年4月、僕が入学した旧制中学が新京第一中学校(現・中国東北部の長春)。初めて登校して驚いたのは上級生は一級上の2年生だけ。聞けば3年生以上の殆どはソ満国境などに勤労動員で駆り出されていた。ここに紹介する映画はその先輩たちが辿った敗戦時の過酷な物語である。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/01 05:40
「もうひとつの七夕」 蘆溝橋事件78周年
「もうひとつの七夕」 蘆溝橋事件78周年 7月7日は七夕祭り。世間一般は各地で年に一回の「逢瀬の日」として華やかに「祭り」が催される。だが、忘れてならないのは、日中戦争が本格化、太平洋戦争につきすすむ序曲となった日だ。この日を記念して毎年、日中友好協会が「講演と合唱のつどい」を開く。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/03 04:50
「中国漢方講座」 日中友好協会江東支部
「中国漢方講座」 日中友好協会江東支部 第3回漢方養成講座・「物忘れと漢方」。中国漢方講座開催のお知らせです。中国漢方は3000年の伝統を持つ奥深く日本でも関心が高まっています。今回のお話は、皆さんも思うところがあるとおもいます。どうぞお越しください。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/30 05:46
『ソ満国境・15歳の夏』 田原和夫さん
『ソ満国境・15歳の夏』 田原和夫さん 今年は戦後70年。田原和夫さん(84歳、横浜市在住)は、新京(現在の長春=新京一中)で中学3年生(15歳)だった。70年前(1945・昭和20年)の5月、130人の同級生とともに東満の東寧(とうねい)報告農場に学徒動員されました。(日中友好新聞2月5日付ー「私と中国) ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/16 07:13
映画「望郷の鐘」試写会で 山田火砂子監督
映画「望郷の鐘」試写会で 山田火砂子監督 映画「望郷の鐘ー満蒙開拓団の落日」が完成。いよいよ全国で上映が開始されているが、その試写会で同映画の山田火砂子監督の挨拶が迫力を持って会場を揺るがした。その模様を「日中友好新聞」(12月15日付)が報じている。全文は下欄の通りだが、その要旨を紹介する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/26 06:37
『「戦争体験」を受け継ぐということ』 遠藤美幸著
『「戦争体験」を受け継ぐということ』 遠藤美幸著 この本は、日中戦争末期の1944年、雲南省の拉孟を占領していた日本軍部隊1300人が中国軍の包囲攻撃を受け全滅した戦争記録を、当時の日本軍生存者20人余りからの聞き取りと連合国側資料を基礎にまとめた研究書です。(日中友好新聞12月15日付「本の紹介」) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/25 07:26
戦後の日中友好関係 葫蘆島が原点
戦後の日中友好関係 葫蘆島が原点 東京都連・中野支部恒例の「平和・友好の旅」は11月7日から4泊での企画となった。表敬訪問する北京市西城区と中野区の自治体間交流は28年にもなる。(日中友好新聞・12月15日付「コラム」随想から) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/24 06:33
親子で見てほしい 「望郷の鐘」
親子で見てほしい 「望郷の鐘」 11月14日、中野区内で映画「望郷の鐘」完成試写会が開かれ、立ち見がでるほど会場いっぱいに多くの人が来場しました。(日中友好新聞ー都連版・12月15日付) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/23 06:04
ぜひ あなたも日中友好協会へ!
ぜひ あなたも日中友好協会へ! 「中国は日本の永遠の隣国です。この二つの国が本当に仲良くなればどんなに素晴らしい世界になることでしょう。国民同士の交流がお互いの理解に最も大切です。」「日中友好協会東京都連合会」がこのほど出した入会訴えのチラシです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/13 06:59
コラム「雲流れる」永井至正E
コラム「雲流れる」永井至正E 今年は東海道新幹線が開業して50年。日本中の誰しもが「のぞみ」と「ひかり」の名は知っているでしょう。だが、「戦争中に僕は、『のぞみ』と『ひかり』という急行列車に何度も乗ったことがありますよ」というとみんな驚きます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/18 06:25
日中友好協会江東支部 第10回総会
日中友好協会江東支部 第10回総会 10月13日に開かれた日中友好協会江東支部・第10回総会の模様と写真がツイッターで投稿されていました。投稿者は同会・副会長の斉藤信行さん。転載します。なお、以前東京新聞の「発言欄」に掲載された若者の意見を聞いてみましょう ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/16 06:20
歴史の逆戻り許すな! 仙台
歴史の逆戻り許すな! 仙台 日中友好新聞にある読者投稿欄の「東西南北」。10月5日付けの「歴史の逆戻り許すな!」に目を通して、感じ入った。戦争体験者が間もなく消えてしまう時代になって、立場を超えてただ戦争体験を語り継ぐ一点だけで手をつなぎ、歴史を正確に遺していく重要性がひしひしと読み取れます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/14 06:51
追悼 山口淑子さん 日中友好新聞
追悼 山口淑子さん 日中友好新聞 日本の中国侵略戦争のなかで、日本を「祖国」中国を「母国」と呼び両国のはざまで激動の人生、数奇な運命をたどった女優山口淑子(中国名・李香蘭)さん(94)が9月7日逝去された。(日中友好新聞・10月5日付) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/11 12:26
日中友好江東支部 第10回総会案内
日中友好江東支部 第10回総会案内 日中友好協会・江東支部の第10回支部総会のご案内をいただきました。10月の13日です。早いもので江東区で協会が再出発したのが、つい先だってのことと思われましたが、もう10年ですか! このところ日中の関係がギクシャクしている中でも活発に活動を続けています。草の根からのたゆまない努力の賜物でしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/23 07:00
中国からの引き揚げ漫画 絵本となって復刻
中国からの引き揚げ漫画 絵本となって復刻 1945(昭和20)年に、中国”満洲”から日本に引き上げてきた子どもたちも、いまは70歳前後となり老境にさしかかっている。亡くなった人も多い。目をつぶると瞼に浮かんでくるのは引き揚げ列車を導くような赤い太陽。初めて見た海の青さ。たどり着いた日本の緑色の美しさ。心に染み込んだ情景を描いたのは中国引き揚げ漫画家の会の会員たちで漫画展を開いた。(日中友好新聞・9月5日付) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/11 07:00
「望郷の鐘」 有料試写会のお知らせ
「望郷の鐘」 有料試写会のお知らせ 映画・「望郷の鐘〜満蒙開拓団の落日」は目下長野県阿智村などで撮影中ですが、このほどその完成披露有料試写会が来る11月半ばに、なかのZEROホールで開催されることになりました。以下お知らせです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/22 06:35
映画『望郷の鐘』監督と出演者に聞く
映画『望郷の鐘』監督と出演者に聞く 東京・新宿に富士国際旅行社というユニークな旅行社がある。平和や文化などを中心にすえ、国内はもとより海外を案内するツアー会社。そこが発行している「いい旅  いい仲間」というガイド新聞・9月1日号をいただいた。今月のトップがいい。表題にあるように「望郷の鐘」の関係者にインタビューしている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/20 10:43
「望郷の鐘」 山田火砂子監督語る
「望郷の鐘」 山田火砂子監督語る 話題の映画「望郷の鐘」の撮影が7月24日に始まったようです。「『望郷の鐘』山本慈昭さんの物語 反戦の思い込めて」と題して、同映画の監督・山田火砂子さんが熱く語っています。(日中友好新聞ー8月15日付) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/17 09:35
映画・「望郷の鐘」の普及運動に 私も
映画・「望郷の鐘」の普及運動に 私も 『望郷の鐘中国残留孤児の父・山本慈昭』(和田登著、2013年)を一気に読んだ。つい先日、長野県下伊那郡阿智村の「満蒙開拓平和記念館」を訪れ、「満蒙開拓団」の歴史と実態について認識を新たにしたばかりで、本書の内容は心に響くものがあった。(「日中友好新聞7月15日付ー「南船北馬」) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/21 05:26
関東大震災 中国人犠牲者追悼を
関東大震災 中国人犠牲者追悼を 日中友好新聞の6月15日付の一面に、同会の東京都連・江東支部長の東巨剛(ひがし・ひろたか)さんが随想を寄せています。題して「関東大震災 中国人犠牲者追悼を」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/07 05:00
日中友好 「合唱と講演のつどい」
日中友好 「合唱と講演のつどい」 日中友好新聞に折り込まれたチラシがこれ。来る7月7日に「『もうひとつの七夕』・盧溝橋事件77年」と題して、開催される「合唱と講演のつどい」の案内です。合唱につづき弁護士の大江京子さんがお話しします。大江さんは地元墨田区にある、法律事務所の敏腕弁護士。満州の撫順には幾度となく視察に行かれたと聞きます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/13 06:45
「中国漢方講座」 開催のお知らせ
第9回漢方養生講座のお知らせです。今回はしびれと痛み対策と養生法について陶 恵寧先生が解説します。とりわけ、筋肉痛、腰痛、関節痛、リウマチ、神経痛などを中心に話します。(写真は私が常用している漢方薬=体内の余分な水分を取り除く効果がある) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/25 05:36
日中友好のきずな しなやかに9年
さまざまな事情で断絶していた日本と中国の友好関係。それが修復なってすぐ、2005年7月16日に江東区でも再開されることになった。そのときのメモと写真が手元にあったので、再現してみた。来年は日中友好協会江東支部再結成からちょうど10年の記念の年になるので・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/15 06:36
”長春を歩く” 勝谷寛子 写真展
写真家の勝谷寛子さんから写真展を開くからどうぞ!、という案内を頂きました。「長春を歩くー幼い頃暮らした街を訪ねて」と銘打った「写真展」です。昨年の春彼女の写真集をみて、旧満州の新京(現長春)中学に在学していた僕もあの時代が呼び戻され、いつかお会いし、又現物の写真を目にしたいと思っていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/13 08:15
映画「望郷の鐘」製作へ 記者会見
先に私のブログでも紹介した満蒙開拓団の悲劇を描いた映画「望郷の鐘」。日中友好新聞(4月25日付)は一面を大きく割いて製作発表の記者会見(4月4日)の模様を報道しています。その中で原作者の和田登さんは「この映画をみて『歴史の真実』を次世代に正確に伝えてほしい」と話しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/12 06:41
日中友好江東支部ニュース 100号
日中友好協会江東支部の事務局ニュースが100号になりました。この号のトップは「中国の現状と問題点」と題した講演会の記事です。講師は都連本部理事で江東区在住の佐久間徹さんでした。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/08 05:33
中国の現状と問題点 講演会
日中夕好協会江東支部は4月5日、佐久間徹氏(協会本部理事)を招いて表記の題名で講演会を開くことのなりました。内容は多岐にわたっていますが、「中国の現状はどうなっているか」についての認識の一助になれば幸いです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/21 10:31
日中友好都連 新春のつどい
1月21日(火)夜、日中友好協会東京都連の「新春のつどい」が江東区の綜合区民館で開かれ、120名が参加しました。(日中友好協会江東支部事務局だより・2月号ー第98号) 。  江東支部からは12人が参加、畔上三和子都議も参加されお祝いの挨拶、東巨剛支部長が歓迎の挨拶、そして、中国大使館の方も挨拶され、来賓のも大勢見えていました。  第2部では、江東支部の「ひょうたん笛」が披露され、とてもいい音色でした。「変面」の演技は見ごたえがあり、何度も顔を変え、素顔になったかと思ったその瞬間仮面がかけら... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/04 06:30
日中友好協会 江東支部だより
「日中友好協会江東支部事務局だより」を頂きました。新年号(NO.97)です。本ブログでは今年から発行ごとに毎回紙面をスキャンしてお送りすることにします。どうぞお読みになってください。感想、ご意見などありましたら事務局まで。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/21 06:15
映画「望郷の鐘」製作に協力を
「昭和20年5月1日に満洲に向かう信州の開拓団。何故、敗戦まじかに行ったのか・・・」。映画「望郷の鐘」−満蒙開拓団の歴史ーが製作されていますが、この映画(山田火砂子監督)の製作にチケットを購入することによってご協力を願いますとのチラシをいただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/07 05:54
江東高齢者集会 回顧C
あらためて戦争のむごさを身にしみて知らされました。中国人のだんなさん、優しかったですね。どんな時代にも人情というもの、世界中の人に感じました。戦争は絶対にやってはいけない。九条こそ守りぬかなければ。(80・女) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/08 07:06

トップへ | みんなの「日中友好江東」ブログ

満州っ子 平和をうたう 日中友好江東のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる