満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 江東9条の会ニュース

<<   作成日時 : 2008/06/19 07:40   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

<第3回> 『江東9条の会』ならびに関連団体の「集い」では多くの著名人が講演、紙面を飾りました。その際の講師の講演要旨を以下紹介します。

森田 稔さん (2005年4月 第4号から)

 憲法が輝く日本を 私たち一人ひとりの手で作ろう
 「戦後60年間、私たちが勝ち取ってきた、作ってきた年金、健保、医療や介護などの仕組みや制度が構造改革の名目で、いまこそ根こそぎ覆されようとしています。その一番の大本が憲法なんです」。

 3月18日、小松橋区民館で開かれた「江東9条の会」主催の第一回「賛同人の集い」で講師の森田 稔さんがこう話し始めました。
 いま憲法を改悪する動きが急ピッチ。この策動は大きな仕掛け、世界中を揺り動かすような話です。つまりアメリカのいいなりで、自衛隊が海外に大手をふって君臨できるようにするというもので、こんなことは絶対に許すことはできません。とキッパリ森田さん。
 国会では改憲派の議員が多数占めていますが、たじろぐことはありません。世論調査では、改憲派は多数だが、いつでもどこで調査しても9条の改悪賛成は少数なんです。

 今日は難しい話はやめて角度をかえて話します。いま日本は女性が一番。女性が元気、世の中女性でもっている。大女優の吉永小百合さんがホーム・ページで「平和」の言葉を静かに発信しているのをご存知ですか。
 あの平塚らいてうさんが「行動しなければ人間ではない。ただ息をしているだけでは人間ではない」と言っていたように、いま私たちに求められているのは、少しでもいいから行動すること。自分の言葉で、それぞれの人の立場で、一人でも多くの人に憲法9条の大事さを語ることではないでしょうか。
 憲法は私たち主権者のものです。思い出すのは中島みゆきさんの歌・「時代」に「まわるまわる時代はまわる」とつらい想いをこめた歌詞があります。たしかに時代は回るのですが、時代というのは私たちが、ちっちゃな力が回しているのです。

 あの池田香代子さんが講演の最後に必ずいうことは「お帰りになったら、五人の人に、自分の知っていること、どこかで読んだこと、聞いたこと、見たことを伝えていただいて、憲法を守るあなたの想いをもっともっと話してください」だそうで、私も同じ思い、と森田さんは結びました。

[写真]縦横に語り会場は笑いに包まれる

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
江東9条の会ニュース 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる