さらに熱く憲法を詩う ⑤

早すぎると言われたが五月に種を蒔いた/暖かな陽射しにいっせいに芽を出した/双葉が本葉になり細いつるを伸ばした/つかまりどころがなくて風にふらふらしている/白いヒモを結んでやった/翌朝見たらしっかりヒモをつかんでいる/なぜわかるのだろう よりどころが <アサガオのつるは

  毎朝新しい顔が

アサガオにもいろいろな性格があって

日の出が早い夏のカーテンを開くと

さまざまな顔が目にとびこんでくる

紫やピンクや白、ときには赤いのもあって

ひとつひとつにおはようと声をかけるのが愉しい

何度も声かけてもう一度見直すと

きまって、新しく咲いた花がみつかる


画像
 アサガオの蕾は朝のひかりによって開くのではないらしいです。逆に、それに先立つ夜の時間の冷たさと、闇(やみ)の深さが不可欠である。(五木寛之
 「闇があるから光がある。」そして闇からでてきた人こそ、一番本当に光の有難さが分かるんだ。世の中は幸福ばかりで満ちているものではないんだ。不幸というのが片方にあるから、幸福っていうものがある。そこを忘れないでくれ。だから俺たちが本当にいい生活をしようと思うなら、うんと苦しいことを味わってみなければならない。(小林多喜二)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント