さらに熱く憲法を詩う ⑦

<はこべの花は>かあさん かあさん はこべの花は/どうして萌えるの春の朝に/どうしてゆれるの春の風に/焼かれた土を いちめんの/緑に染める はこべぐさ/つめたい三月 風にゆれて/吐息のような花をひらく/泪のような白い花を

   はこべの花は  永井和子

 とうさん とうさん はこべの花は
 
 どうして咲いたの春の朝に
 
 どうして光るの春の風に
 
 焼かれて炭になった声

 追われて赤く燃えた川

 つたえる三月 風の言葉

 消さずにいてと花をひらく
 
 夜明けのような白い花を


 
 とうさん かあさん はこべの花は

 何をささやく春の朝に

 何をはこぶの春の風に

 すべての いくさ消える日を

 願って茂る はこべぐさ

 明るい三月 風に笑う

 歌うように花をひらく

 いのちのしるしの白い花を


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック