満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS この人 心のファイル I

<<   作成日時 : 2009/02/17 08:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

斎藤絹子さんー随筆をよくする。戦後朝鮮から引き揚げた。祖国へ帰着するまでの苦難の道は筆舌に尽くせない。心のアルバムをひもとくとグーンと明治にさかのぼる。祖父は、明治三十八年小学校一年の父を連れて山口県から朝鮮に渡ったのだという。明治四十三年の日韓併合よりも前のことである。以降三十六年間、朝鮮は日本により植民地化されたことは周知の事実。(聞き手ー佐藤睦郎)

  朝鮮で生まれ、戦後辛酸をなめる

 斎藤絹子さんは1931(昭和6)年1月北朝鮮の鎮南浦に生まれた。祖父は、商工会議所会頭まで務めた実業家であった。1945年8月15日女学校三年生で終戦を迎えた。ご本人に言わせると終戦ではなく「敗戦」と言いたいという。引き揚げて祖国の土を踏むまでの苦難を聞けば聞くほど「敗戦国」の人間として扱われたその酷さは想像を超えるものである。

  涙、涙、死産の弟と祖父の死

 「わが家の接収」。運び出すものは点検され、身の回りの物を持ち出すのがやっとだった。ひとまず祖父の家に落ち着いたがひと月後にはまたそこも追い出される。接収、強奪、略奪の数々を思い出すたびに涙が出るという。十一月の寒い日、身重の母が産気づいた。産声はなく、死産であった。小さなお棺に入れられた子は、名前も付けられず山に埋められたという。

 このような悲劇はわが家だけではなく、肺炎、はしか、栄養失調で幼子たちが犠牲になった。山にはたくさんの墓標が立ったと悲しげに語る。三月六日、祖父が肺炎で死亡、七十二歳だった。祖父は家族の誇りだった。明治生まれの気骨の祖父を忘れることができない。

  エッセイ集「生きてこそ」を刊行

 祖国はおとぎの国というイメージがあったという。山口と島根で小学校の教師を三十四年間つとめて1985年退職。1994年、ご主人と死別、その後上京して今日に至っているとのこと。

 途中省略した数十年もまさに「波乱万丈」の人生のわけだがそれだけに書ききれない。斎藤さんのエッセイ集「生きてこそ」によると「文章が下手なのがコンプレックスのひとつ」とある。そこで、近くの文化センターの「文章教室」に通うことになったのだという。この前向きな積極さが斎藤さんの大きな魅力である。

 折にふれさまざまな場面が文章になっていく。実にみごとである。06年9月10日発行の「生きてこそ」とい書名になった章をのぞいてみる。「事実は小説より奇なり」、こんなことってあるのだろうか。「五十年ぶりの一通の葉書を手にした。夢ではないか。夢ならさめないでほしい」という書き出しである。偶然に知った初恋の人の境遇がしるされている。彼との再会のシーン。ぜひ読んで欲しい。

 ピースボートで世界旅行、シャンソン教室、古典舞踊『道成寺』の写真も出ている。おすすめのエッセイ集である。

▼感性豊かで夢多き人
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
この人 心のファイル I 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる