満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 親から子へ平和のバトン

<<   作成日時 : 2009/07/19 11:17   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

1944年8月22日、米潜水艦に撃沈された対馬(つしま)丸は学童疎開船で、八百人近い学童が船と運命を共した。かろうじて生き延びた七人の証言を元に史他『海に沈んだ対馬丸ー子どもたちの沖縄戦』(岩波ジュニア新書)が出た本を手にした方は、とっさに私の本かと錯覚したようだが、娘の著書である。(早乙女勝元ー08年7月24日・しんぶん『赤旗』)

   早乙女 愛著『海に沈んだ対馬丸』によせて

画像
  幼少のころから一家で戦跡巡り

 戦争という自覚もない年齢で大海に投げ出された七人のなかには、イカダで六日間も漂流した子もいる。かれらはどのyぷに生き抜いて、その体験を戦後にどう位置づけてきたのか。娘の視点は私に似て、あくまでも小さい者や弱い者に寄り添っている。といって、親父(おやじ)が協力したわけではない。すべては娘の独力で、「駆けながら書いた一冊」と、あとがきにある。

 わが家には、三人の子どもがいる。輝(てる)、民(たみ)、愛(あい)で、一番下の娘は七三年生まれ。かれらが幼少のころから、一家で戦跡巡りを続けてきた。愛が初めて沖縄に行ったのは三歳。家においていけないのでそうなったが、あまり記憶がないという。次いで東京大空襲の被災地に、広島、長崎へ。ポーランドのアウシュビッツ強制収容所を訪れた時は、小三だった。

一同が小学生になってから、海外の旅に誓約書をとった。一人十枚のリポートの提出である。そうすれば、よく見てよく聞いて、よく考えるだろうし、自主的な思考にも結びつくだろう、と。多くのリポートが残されているが、子どもが体でとらえた感性は豊かだった。娘は高校生になると、もうついてこなくなったが、「幼い時は、親に強制連行されて・・・」などと語っては、聴く人を笑わせているらしい。

 彼女はドイツに留学し、その後中米コスタリカを舞台にドキュメンタリー映画「軍隊をすてた国」を制作。沖縄で結婚し、仕事と子育てに追われている。

  幼いものたちの声なき声の継承

画像
 東京大空襲もそうだが、戦禍の被害者たちは、その辛酸をきわめた体験を、戦後の生き方や生活にどう生かし思想化してきたのかが、今、問われているような気がする。誰からか。平和のバトンを手渡すべき未来世代からだ。「知っているなら伝えよう、知らないなら学ぼう」と、私は訴えてきたが、一般的に親から子へのバトンタッチは、決して容易なことではない。

 戦争体験者は高齢化している。残り時間が少なくなった時を待ち構えていたように、「いつかきた道」への暗雲が、ジワジワと迫ってきた。娘の著書は、海の底に沈んだままの幼い者たちの声なき声の継承であり、追体験の一冊ともいえる。我が家では同時に思いがけなぬ不幸に襲われた。

 うちのカミさんこと早乙女直枝が、六月二十七日、出先で倒れて急逝、六十八歳だった。娘の本を読みかけだったので、お棺に入れてやったが、あの世で読み続けているのでは・・・。心配するな、あなたのひたすらな平和の願いは子らが受け継いでいくから、といってあげたい。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
親から子へ平和のバトン 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる