満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 「東京大空襲訴訟」夏の陣

<<   作成日時 : 2009/08/01 08:16   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

国に謝罪と補償を求めている「東京大空襲訴訟」の原告団が今日、八月一日ごご一時半から東京・台東区民会館で三百人集会「日本の戦後処理を問う」を開きます。この秋にも判決が出されるであろうというこの時期に開かれるこの集会は学習と決起の場となるにちがいありません。いよいよ局面は「夏の陣」。
▼8.1集会で星野弘団長
画像

 この集会は、日本の空襲、原爆被害者と、中国・重慶の空襲被害支援者が意見を述べ合う企画です。「戦争は害は等しく受忍しなければならない」として国がかたくなに補償を拒む「戦争被害受忍論」の問題を検証します。パネラーとして上原公子、前田哲男氏などその道の論客ぞろい。コーディネーターを務める中山武敏弁護団長は「日本と中国の被害者が連携し、戦後処理の不条理を明らかにしたい」と話しています。

画像
▼320人で満員の当日映像
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「東京大空襲訴訟」夏の陣 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる