満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 江東オンブズマン3月号

<<   作成日時 : 2010/03/05 07:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

江東区民オンブズマンの会・機関紙3月号が発行されました。一面は「会」発足10年とあって第十回定期総会の模様が報告されており、二面は同会が昨年来進めている「江東区議会政務調査費」の住民監査請求が区職員の監査に及ぶなど一定の成果が得られていることの記事が掲載されています。

画像
  江東区職員の監査が始まる 

   −区議会政務調査費ー

 
 住民監査請求に基づく政調費の監査が始まり、さる2月9日、江東区役所で職員の陳述が行われました。これには正木代表ら請求人四人が傍聴しましたが、杉村議会事務局長が、区議会自民党が飲食費等一部返還したことを明らかにし注目されました。
  
  自民党の返還分は三六〇万円か?

 この日、午後3時から始まった区職員の陳述は、区役所7階の監査室で行われました。

 監査委員は寺山、高橋両委員で陳述人と傍聴人が一人ひとり紹介されました。渡辺総務課長の後、陳述にたった議会事務局の杉村次長は、江東区議会での政務調査費の扱いを述べた後、自民党が「飲食費177万円余、旅費42万円余、事務所費142万円余区に返還した」と陳述しまいた。陳述は早口で聞き取りにくく、総額は360万円余りとなるもようです。

 江東区民オンブズマンの会は、これまで政務調査費の不当な使い方を再三指摘してきましたが、監査請求が後押しして「返還」までたどり着いたことになります。

 監査請求が出るのは請求後60日ですから三月はじめ。


画像
  声 (1面・コラム)

 オンブズマンにもいろいろある。墨田のオンブズマンが日本共産党墨田区議団の政務調査費を追及して裁判に持ち込んだ。08年09年東京地裁・高裁あいついで「棄却」。で「訴訟費用は原告」との判決だった▼なぜ共産党だけなの?と首をひねる。同党の発行するニュースと相談活動にかかった費用に難癖をつけたものだった。区も監査も一部「おかしい」と非難したが裁判所は「問題なし」とした。当局と一緒になって「ためにする」運動は長続きしない▼政務調査費は、議会の議員が「調査研究に必要な費用の一部を税金で負担」するものだが、飲み食いや目的外に使って各地で問題になっている。先頃山梨県議会の二人が監査請求を受けて減額修正したことを新聞で見た。つまり「ヤバイ分は返還した」にだった。江東区議会の自民党も08年度分の政調費300万円超を、わがオンブズマンの監査請求の後、返還したという▼政務調査費は是非いっぱい使って区民のための仕事をしてもらいたい。しかし、ゆめゆめ区民の目・オンブズの目があることをお忘れなく。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
江東オンブズマン3月号 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる