満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS なしくずしの壊憲は許さない

<<   作成日時 : 2010/10/09 06:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

「江東9条ニュース」20号からの転載、最終回です。区内の9条の会のなかでも継続的に「戦争体験を語り継ぐつどい」を実施している民医連傘下の「江東健康友の会」の模様と、9条を守る運動を進めるための方向性をしめしてます。

画像
  江東健康友の会9条の会

  戦争体験を語り継ぐつどい

 戦争体験を語り継ぐ活動を続けている江東健康友の会9条の会は「映画・第五福竜丸」鑑賞と展示館ガイド・小林龍雄氏の解説を聞くつどいを開催しました。

 米ソ冷戦下の核軍拡競争のなかでの1954年3月1日、ビキニ環祥礁でのアメリカの水爆実験は、マグロ漁船乗組員に死の灰を降り注ぎ、一人の命を奪いました。

 人類絶滅を予兆する核兵器の脅威は、三度国民震撼させ、翌年第一回原水禁世界大会が開催、原水協が結成されました。

 1967年、名を変えて夢の島の船の墓場に捨てられていた「死の灰の証人」第五福竜丸を保存する江東の運動の先頭にいた一人は、友の会9条の会の深井平八郎さんでした。


画像
【今月号・冒頭発言】
  なしくずし壊憲許さず
   平和外交を進めよう

 
 八月三十一日、オバマ大統領はイラク戦争終結を宣言しました。日本では九月十日、民主党政権下で「防衛白書」を刊行。在沖米海兵隊の抑止力を前提に日米同盟深化を唱え、自衛隊の海外派兵恒久法制定をめざしています。

 すでに、海外に展開する軍事力増強が着々とすすみ、今年は旧海軍の戦艦名を継承するヘリ空母「ひゅうが」「いせ」就役、さらに19500トンの大型艦の予算(1139億円)要求が防衛省から出ています。

 白書では、米軍艦船防護や弾道ミサイルの邀撃など、集団的自衛権に関する憲法解釈の再検討が提起されていますが、東南アジア友好協力条約に52カ国が加入し、平和秩序確立が現実的課題となっているのです。

 九条をもつ日本こそがアメリカの軍事力に追従するのではなく、軍縮にむけて平和外交をすすめる時です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
なしくずしの壊憲は許さない 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる